やわらか食感!ふぐの唐揚げ

【酒の肴】スーパーで手に入るパック詰めの「白サバふぐ」をタレに漬け込み唐揚げに!やわらか食感にしょう油の香ばしさ!鶏の唐揚げより旨い!

「家でも出来る!ふぐの唐揚げがこれです!」

佐藤 周生です。

今回は、「簡単!ふぐの唐揚げ」を伝授します!

冬の魚といえば『ふぐ』もその1つ。

どんな料理にしても旨いです。

でもこれ、高級魚ですよね。

例えば、ふぐ専門店で「ふぐの唐揚げ」を食べれば、1人前1500円以上ぼったくられます。

家庭で食べられる料理ではありません。

が、最近では(前からあったかも?)安い『ふぐ』があります。

特に冬場になるとスーパーの鮮魚コーナーに並ぶ。

1パック、300円くらいです。

これは『サバふぐ』という種類で、皮を剥いてある『剥き身のふぐ』。

手の平サイズくらいで小さく、1Pに大体3~4匹入ってます。

そこそこ大きねスーパーなら売っていると思います。

通常、「ふぐ」と言うと猛毒で有名ですが、このスーパーに並ぶサバふぐは無毒の「白サバふぐ」。

なので、安全です。

しかも、皮をはいである剥き身ですし、小さいのでザクザクっとぶつ切りにするだけですぐに料理できます。

下処置不要…

そして、加熱しても身がパサパサせず、ふわっとやわらかいので天ぷら、唐揚げ、焼物など加熱調理に向いてますね。

そんな使いやすい加熱料理に向いた「白サバふぐ」ですが、デメリットも…

鮮魚コーナーにある「白サバふぐ」は、ほとんどの場合、鮮度を保つために塩水に漬け込んであるのですね。

けっこう塩辛い。

なので、料理する時は味付けに注意が必要です。

で、この「白サバふぐ」を使ったおすすめの料理が、

「ふぐの唐揚げ」

秘伝のしょう油ダレに漬け込んだ後、片栗粉をまぶして170℃の油で揚げるだけ。

「ふぐ唐」はどこの高級ふぐ専門店でも基本的にはこの作り方です。

で、塩分を多く含んでいることを考え、漬け込み時間はたったの『5分』。

これ以上漬け込むと辛くて食べられません。

できれば、薄い塩水を作って2~5時間浸けて(真水に浸けるより早く塩分が抜ける)塩抜きしてから、

タレに漬けたほうがいいです。(この場合のタレ漬けは10分)

先日、わたしが買ってきたサバフグでも、身の一部を切り落として焼いて食べてみるとかなり塩辛かったので、

思っている以上に塩分が高いと思われます。

できれば、塩抜きして下さい。

このように塩抜きの手間はありますが、『ふぐの唐揚げ』は家庭でも簡単に作れるのですね。

フグは「お店で食べる物」「難しい料理」というイメージを持っていませんでしたか?

全くそんなことはなく簡単なので、是非今回挑戦して頂きたい。

鶏の唐揚げを作る感覚で手軽に作れます。

作り方、説明します!
↓↓

【材料】 (1人前)
サバふぐ(むき身)…4~5本(200g)
レモン…適量

サラダ油…約300cc(鍋の大きさで増減)
片栗粉…敵量

【漬けダレ】
酒…大さじ1杯(15cc)
濃口しょうゆ… 大さじ1杯(15cc)
おろしにんにく、おろし生姜…各小さじ1/2杯

1、ふぐは、流水で綺麗に洗い、水気を切ります。

ヒレの部分を切り取ります。

ヒレを指で挟んで持ち上げ、付け根の部分を包丁で切ります。

反対側のヒレも同じように切り取ります。

尾のヒレは、真っ直ぐ切り取って下さい。
2、ふぐの真横を上に向けます。

その部分に、切込みを入れます。

包丁が骨に当たるまで深く切り込みます。

反対側も切り込んで下さい。(熱を早く通すためです)
3、半分~3等分に切ります。(骨ごとぶつ切り)

尾が付いていた方を少し大きくなるように切ると均等になります。

※※切ったあとにできれば塩抜きして下さい(切ってある方が早く抜ける)。ちょっと塩味がする程度の薄い塩水を作り、その中にフグを浸ける。(2~5時間)とりあえず2時間くらいを目安に。

4、キッチンペーパーで、しっかり水気を取ります。
5、【漬けダレ】を合わせます。

ボウルに、酒・濃口しょう油(各大1)、おろしにんにく・おろし生姜(各小1/2)を入れ、よく混ぜます。
6、ふぐを漬け込みます。(5分、塩抜きした場合は10分)

2分半経ったら、裏返してさらに2分半漬けます。

(塩抜きしない場合は、絶対に5分以上漬けないで下さい。辛くなります。)

ここで、揚げ油(油:約300cc)を準備して、弱火をつけておきます。

(すぐに揚げられる状態にします)
7、ザルに空け、水分をきります。
8、さらにキッチンペーパーで水分を拭き取ります。
9、片栗粉をまぶします。

ボウルにふぐを入れ、片栗粉をまぶします。

片栗粉は少量づつ入れます。

ふぐ全体にしっかり付いて、ボウルの底に残らない程度の片栗粉の量を入れて下さい。
10、木の箸を油の底に突っ込んで、細かい泡がすぐに出たら適温です。(170度)

(9、)のふぐを揚げていきます。

中火にします。

2分揚げて下さい。

揚げすぎると真っ黒になります。
11、キッチンペーパーに取り出して油分を取ります。
12、お皿にキッチンペーパーを折って敷き、ふぐ唐を重ねて高く盛ります。

櫛形に切ったレモンを添えて完成です!

スーパーで”サバふぐ”見つけたら絶対作ってください!

最高に旨いです。

シャケの柚香味噌焼き

あさりと長芋とほうれん草のバター蒸し

関連記事

  1. ▲せんべい衣のジューシー和風豚カツ

    「せんべい衣のジューシー和風豚カツ」佐藤です。今回は、「ごはんと好相性の”豚カツ”」を伝授し…

  2. 【簡単蒸し物】さわらと椎茸のちり蒸し

    絶対!覚えて欲しい調理法これ覚えておけば、魚の蒸し物なんて簡単です…佐藤です。…

  3. 豚バラ肉とこんにゃくの蒸し鍋

    「低温蒸し煮で旨い鍋」佐藤 周生です。「顔をテカテカにするとお金が入ってくる!」…

  4. ちくわの磯辺揚げ

    意地で使い切る天ぷら”衣”佐藤です。「天ぷらを作った!」でも、衣が残ってし…

  5. 鯛かぶら煮

    ブリ大根より旨い!?「魚と根菜の煮物」佐藤です。あなたも冬の煮物定番「ブリ大根」を…

  6. 牡蠣とキノコまみれのトマト鍋

    香り楽しむ、牡蠣とトマトの一人鍋佐藤です。鍋を作る時の「鍋だし」はやっぱり簡単な方…

  7. パリパリ! レンコンチップス

    簡単!レンコンで作るパリパリチップス佐藤です。今回、「ポテトチップスをレン…

  8. やわふわっ!鶏のつくね鍋

    肉からだしに旨味が!佐藤です。今回は、「肉だんごの鍋、鶏のつくね鍋」を伝授します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP