【重要】レシピで扱う「だし」について…

【だし】カツオ節&昆布で取った「出汁」、使いません...「カツオだしの素」も使いません...こんな簡単な方法で美味しい出汁が作れます。

この記事では、私のレシピで扱う「出汁(だし)」について解説しています…

まず、通常「出汁」とは、かつお節や昆布、または両方で取った「出汁」のことを指します。

私のレシピでも「出汁」の定義は、基本的のその出汁のことを言っています。

「だし12:みりん1:醤油1」など煮汁の割合に出てくる「だし」もその出汁を指します。

で、レシピでは基本的に「出汁」「だし」と記載があっても、カツオ節・昆布で取った「出汁」は使いません、「カツオだしの素」も使いません。

代わりに「水」と「粉カツオ節」を使います。

「水」に「粉カツオ節」を加えるだけで、旨味がちゃんと出て美味しくなるので、カツオ節・昆布の「出汁」と同じようになります。

で、その「粉カツオ節」とは、お好み焼きなどにかける粉状のカツオ節のことです。
(粉というほど細かくないタイプもあります)

そこそこ大きなスーパーならどこでも手に入ると思います。

また、ネット販売ならいくらでも見つかります。

要するに水と粉カツオ節を合わせることで「出汁」にしています。

では、なぜ、通常の「出汁」や「カツオだしの素」を使わず、「粉カツオ節」を使っているのか?…

このブログを始めた当初は、レシピを見て作ってくれる方が少しでも楽にできるように「カツオだしの素」を使っていました。(カツオ昆布だしを取るのは基本的には大変なので)

ですが、読者さんとのメールのやり取りやアンケートの回答などで、

「食品添加物が気になる」、
「カツオだしの素は使いたくない…」

といったご意見がたくさんあったのです。

ご存知の通り「カツオだしの素」は、塩と化学調味料、カツオの”風味”を添加した加工食品です。
(本物のカツオ節が含まれている場合もありますが…)

これ結構「塩分」が多く、毎日使えば塩分過多の心配もありますし、化学調味料は、依存症や舌の麻痺と言った懸念もあります。

(賛否両論ありますが、私は間違いなくあると思っています。証拠となるような話を直接聞いています)

このような懸念を持たれている方が多いことが分かったので、「カツオだしの素」の使用は止めたわけです。
(全レシピの改善途中なので、一部「カツオだしの素」のままになっているかもしれません)

かといって、出汁が効いてない煮物や汁物などの料理は美味しくない…

それなら「カツオ節と昆布で出汁を取って下さい」と言えばいいのかもしれませんが、多くの方は日々の生活で忙しく、料理に多くの時間をかけられません。

ですので、とても毎回出汁を取るのは大変過ぎます。

1週間分まとめて取るとか、冷凍するとか、かつお節を水に浸けて冷蔵庫で保存して出汁にする、などいろいろ工夫もできますが、でも、やっぱりめんどうですよね。

そこで、いろいろ考えて、思い付いたのが「粉カツオ節」…

先ほども言いましたが、「粉カツオ節」を「水」に入れて煮込むとカツオ節で取った「出汁」と同じようになります。

基本通りに取った「カツオ昆布出汁」に比べたら、若干旨味は落ちますが、しっかり旨味も風味も出て料理が美味しくなります。

水にパラパラっとカツオ節を加えるだけで、「出汁」になるので楽チンです。

「粉カツオ節」を使うメリットを箇条書きすると….


・カツオ節や昆布で出汁を取る必要が無くなる。面倒な作業が減る。


・「カツオだしの素」を使わずに済む。添加物などの心配がなくなる。


・「カツオだしの素」は体に必須のミネラル分が抜けているが、「粉カツオ節」ならカツオ節そのままなので、ミネラルがしっかり摂れる。


・「粉カツオ節」なら「カツオだしの素」のようにスプーンなどですくってパラパラっと入れるだけで済む。楽チン。


・「粉カツオ節」は、本ガツオ節、混合節、イワシ節などいくつか種類があるので、出汁を変えていろんな「旨味」を楽しむことも簡単にできる。


このような感じで、ちゃんと旨味のある料理が作れて、「出汁を取る」というめんどうな作業が減るだけでなく、添加物の不安も避けられて、体に重要な成分であるミネラルという栄養がしっかり摂れ、「健康」にも良い料理が作れるようになります。

こういった理由で、出汁を使うレシピには「粉カツオ節」を使っています。

ただ、何でもメリットがあればデメリットもある…

「粉カツオ節」のデメリットとしては、少し料理の仕上がりが悪くなること。

粉状なので煮汁が濁りやすく、全体的な色合いが悪くなるわけです。

楽チン、栄養が摂れる、といったことより「料理の仕上がり」を優先される方には、粉カツオ節を使う方法はおすすめしないです…

基本通り、カツオ節、昆布で丁寧に出汁を取って下さい。

ちゃんとだしを取って作れば、仕上がりの綺麗な料理ができます…

★粉カツオ節の種類とそれぞれの粉カツオ節に合う料理について

以下の動画では、粉カツオ節の種類と、どの料理にどの粉カツオ節が合うか?、といったことを解説しています。

◆この健康的メリットは大きい!

「粉カツオ節」を使えば楽チンで旨味のある料理が作れることが最大のメリットなのですが、箇条書きのメリットのところでも少しお伝えしましたが、やはり「ミネラル不足」の解消が期待できる点は、大きいと思います。

(Tパックのカツオ出汁やカツオ節、昆布でとった出汁も同じ効果あります)

現代人は、かなり「ミネラル不足」

これによって、なかなか治らないような体調不良が起こるのですね。

特に小さな子供さん、お孫さんがおられる方は、発達障害、アレルギーや癇癪を起すといった精神疾患などを発症している場合、「ミネラル不足」が原因の可能性がすごく高いです。

現代人はミネラルの抜けた加工食品を多く摂るので、「ミネラル不足」になりがち…

意識してしっかり「ミネラル」を摂ることで、子供さんのあらゆる症状が治った事例がたくさんあります。

子供さんは親が作るものを食べるしかありませんからね。

責任重大です。

そういった食生活改善の1つになるのが「粉カツオ節を使う出汁」是非、取り入れて頂きたいと思います。

で、先ほども言いましたが、「粉カツオ節」は、中規模、大規模のスーパーであれば、大体100~150円くらいで売ってますので、手軽に手に入ります。

カツオ節のコーナーにあると思います。
(無かったら店員さんに聞いて下さい)

ただ、お店によっては売ってない場合もありますし、味噌汁など出汁を使う料理を毎日作るなら、買い忘れてもいいようにストックも買っておくほうがいいと思います。

(花カツオを買ってきて、ミルサーで粉砕する方法もありますが、めんどくさいでしょ?)

以下のネット販売もおすすめです。

ちょっといいカツオ節なので、香りもよく美味しい料理ができますし、4種類あるのでいろいろな風味と旨味を楽しめます。

⇒4種の美味しい魚紛セット

最高に旨い!鶏肉の肉じゃが

じゃが芋の明太子マヨチーズ焼

関連記事

  1. 簡単で美味しい!「出汁の取り方」

    出汁を難しく考えてはいけません!佐藤 周生です。ここで紹介する「出汁の取り方」は、…

  2. ▲味レベルの拡大!濃厚出汁の取り方

    この”カツオ節”だから、濃厚になるのです!佐藤です。今回は、「混合かつお節を使い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP