酒のアテ!簡単!えのきポン酢

『必殺!えのきが食べやすくなる”技”』

佐藤です。

今回は、「えのきで作る酒のアテ」ですが、全力で伝授したいのはこっち・・・

「えのきのくっ付いている部分を簡単にバラバラにする方法」です!

「えのき」。根元近くの部分は束になってくっ付いてます。

もともと嚙み応えがあるのに束になったままだと余計に噛みにくい食べにくい。

特に冬場の「鍋」に入っている”えのき”は束のままが多く、噛みにくい、いつまでも口の中にある。

これ、何とかしたい・・・

そこで、私が「えのき」を扱うときに必ず使う”必殺技”を伝授します。

10年以上使っている簡単な「技」。

これ覚えておけば、噛みやすいえのきに出来ます。

さっそく説明していきます!

1、料理するとき切るわけですが・・・
 
写真の包丁を当てているところ。
 
この↓位置。
 
真ん中で切ってしまう人がいますが、包丁の右側部分も十分食べられるので切り捨てるのはもったいないです。
 
以前コンビ二で立ち読みしてると、「ここで切れ!」と真ん中辺りで切れと指示のあるレシピ本を見たことがあります。
 
「なんでやねん!もったいないやろ!」
 
心の中でその本に、大阪で身に付けた”つっ込み”を入れてやりました。
2、本来は、ここ↑。根元部分の色が変わっている位置。
 
ここを境目に切り落とします。
 
(まな板が汚れないようにズボラして、袋の中で切ってます・・・)
3、で、えのきの中央から”観音開き”で広げます。
 
(開くと小さいクズのような”えのきの固まり”が入っているので取り除きます)
4、先が細くとがった「箸」を用意します。(無い時は、串や爪楊枝でもOK)
5、ここが必殺技!
 
束になってえのき同士がくっ付いている根元近くの部分を箸先で裂くように左から右へしごきます。
 
バラバラになるまで何度もしごく!
6、このように根元に近い部分がバラバラになります。
7、で、炒め物などする時は2~3等分に切ります。
 
(右端にあるのは、しごく作業の時に出るえのきのクズ。これも切って使います)
8、『えのきポぽん酢』を作ります。
 
「作る」といって油でササっと炒めるだけ・・・
 
中火で軟らかくなるまで、炒める。
9、器に盛ってポン酢をかけて刻み海苔をのせて完成です!

 
えのきは、もともと噛み応えのある食材ですが、「しごく」とバラバラになり、噛みやすくなります。
 
是非やってみてください!

洗剤の詰め替え中、”あッ!” こぼれた時の瞬間対応法

まな板が99%汚れないズボラな切り方

関連記事

  1. 茄子とちぎりゴボウ天の 合わせ味噌汁

    美味い味噌汁の”秘密”「”コク”が際立つ美味い味噌汁の作り方」を伝授します。佐藤です。あな…

  2. 卵は1日6個食べてもOK!?

    「どんな油がおすすめですか?」佐藤です。今回は、レシピの紹介ではありませんが、あ…

  3. 野菜たっぷり豚平焼き丼

    炒め野菜で早く熱を通すには「○○」を加える...佐藤です。今回は、「野菜が…

  4. いりこ(煮干し)とレンコンの磯揚げ

    天つゆとは違う「旨だし」とは?佐藤です。今回は、「だしを取った後のいりこを使った”…

  5. 自慢させて下さい・・・

    これは、1つの『”続ける”ための方法』です。佐藤です。今回は、レシピの伝授…

  6. 酒のアテ!簡単えのきポン酢

    えのきを食べやすくする斬新な切り方とは?佐藤です。今回は、「えのきで作る簡単酒のアテ…

  7. 肉や魚の塩加減を分かりやすくする方法

    「少々?適量?適宜?それが分からない...」佐藤です。世の中のほとんどのレシピに書かれてい…

  8. 何でもありの炊き込みご飯!

    「食材、腐る前に無駄なく使い切る!佐藤の思いつき料理”5日目”」「牛蒡とアスパラの牛肉炊き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP