酢の応用!黒酢のもずく酢

酸っぱすぎない食べやすい「もずく酢」!黒酢で仕上がるので健康にも効果的です!

「他のもので代用できないか?」

佐藤です。

今回は、「黒酢で作る酸味の弱いもずく酢」を伝授します。

「黒酢なんか無いからできない!」

と思ってしまわれる方がいらっしゃるのですが、そんなふうに思わないで欲しいのですね。

他の料理でも同じですが、料理名や材料に普段使ってない調味料・食材が入っていたとしても「代用」できる場合がほとんど。

今回の「もずく酢」でも黒酢で作ると健康的…

なので、健康志向の方には「ビクッ!」と反応して貰えるので黒酢にしてあるのですが、

別に黒酢でなくても、「穀物酢」でも「米酢」でも「ワインビネガー」でも作れる…

「酢」なら何でもいいのです。

「酢」がない場合は、レモンとか柑橘類の搾り汁でもOK。

おすすめはしませんが、「ポッカレモン」でもいいのです…

それもないなら、酢を買って頂くしかないのですが…

とにかく、はじめから「できない…」と終わらせてしまうのではなく、

「他のもので代用できないか?」という考えを常に持って頂きたい。

家にない調味料や食材がレシピにのっていた場合でも、その考え方を持っていれば、「できない」ということはほとんどなくなります。

もし、代用のものが分からない時は、調べたり、私に質問して下さってもOKです。

「無いからできない!」とあきらめてしまうのは、デメリットしかないです。

できる料理の幅が狭まる、要はレパートリーが増えない…

また、もし好みの料理だったら食べるチャンスを逃す…

反対に「他のもので代用できないか?」 という考えを持つと応用力が身に付く。

「この料理の時にこの食材が代用できるということは、あの料理も使えるな」

というのが、分かってくるようになるのですね。

だから、是非「他のもので代用できないか?」という考え方は常に持っておいて欲しいです。

そういった意味では、今回の「黒酢のもずく酢」は調味料の応用の基礎を学べるのではないかと思います。

例えば、黒酢の代わりに「バルサミコ酢」なんか使えば、『洋風もずく酢』になりますし、白ワインビネガーならちょっと「上品なもずく酢」ができる。

グレープフルーツの果汁なんか使えば、「フルーツもずく酢」なんて面白いもずく酢もできますね。

今回の「黒酢のもずく酢」に使っている「合わせ酢」は、酸味を弱くしてあるので食べやすく、酸っぱいものが苦手な方にも食べて頂けると思います。

この合わせ酢、日本料理店(会席料理)で、見た目がヤクザのおやっさん(料理のお師匠さん)から教わったもずく酢専用の「合わせ酢」なので、

味は保証します。

レシピみて下さい!

※おやっさんをちょっとフォローしておきますが、普段は常に「ガハハハッ!」と大笑いしている、おおらかで元気な方です。(当時60代後半だったと思いますが、多分150歳くらいまで生きると思います)
無表情の時と怒らせた時だけヤクザに変貌します…
フォローになってないかも(笑)…

【材料】(4~5人前)
もずく(ゆで)…300g
生姜…薄輪切り5枚(5g)

大根おろし(飾り用)…少量

【もずく用合わせ酢】
昆布だし(または「水」)…250cc
黒酢…大さじ1杯と1/2杯(約23cc)※「黒酢」以外の酢でもOK!
淡口醤油…大さじ1杯と1/2杯(約23cc)
みりん…大さじ2杯と小さじ1杯(35cc)

レモン汁…小さじ1杯分(あれば)

1,昆布だしを作っておきます。

前日、容器に水と昆布を入れて冷蔵庫へ入れておくだけ。
あくる日使えます。

(目安の量は、昆布5gに対し水500cc)
2,もずくは流水で洗って、水気をしっかり切っておきます。
3,みじん切り生姜を準備します。

薄い輪切り5~6枚切ります。
4,細く千切りにしたのち、横向きにして細かく刻んでおきます。
(小皿などにいれておく)
5,【合わせ酢】を作ります。

ボウルに昆布だし(水)(250cc)、黒酢・淡口醤油(各大1と1/2)
みりん(大2と小1)
を合わせます。

※余った昆布だしは汁物や煮物などに使って下さい。
6,レモン汁(小さじ1杯分)を搾って入れ、よく混ぜます。
※レモン汁は無くてもOK
7,タッパなどにもずくを入れ、合わせ酢を加えます。
8,みじん切り生姜も加えてよく混ぜたら出来上がり!

できれば一晩寝かせて下さい。しっかり味が滲み込みます。
9,小鉢に盛ります。(合わせ酢も少し入れる)
10,少量の大根おろしを添えて完成です。

飾りは、胡瓜の半月切り、山芋のとろろ、 玉ねぎおろし 、千切りミョウガ、千切り生姜、などで代用できます。

枝豆や一寸豆など季節の食材を添えると綺麗に仕上がります。

是非、作ってみて下さい。

フライパンで簡単!手羽先の香草焼き

しっとり食感!サワラと彩り野菜の焼き浸し

関連記事

  1. 冬瓜と鶏肉だんごの合わせ味噌汁

    佐藤です。今回は、 『手軽にできる”冬瓜料理”』 を伝授します。冬瓜の旬は7~10…

  2. 国産野菜は安全?

    佐藤です。今回は、レシピの紹介ではないのですが料理に大きく関わっている、「野菜」の話をします。スー…

  3. スパイス香る!焼き夏野菜の和風挽肉カレー

    佐藤 周生です。今回の料理は、これ!「挽肉で作る和風手作りカレー」です。…

  4. 添加物は体に悪い影響がある!?

    『全身にかゆみが出ました...』佐藤 周生です。今回は、「添加物なんて心配する必要ないだろ…

  5. オクラとろろの旨だし冷奴

    ”見栄え”は、味付けと同じ!?佐藤です。今回は、「美味しいオクラとろろの作り方」を…

  6. マセドアンサラダって何?

    「食材、腐る前に無駄なく使い切る! 佐藤の思いつき料理”4日目”」「海老と豆腐とゴボウの食…

  7. 簡単!えのきポン酢

    『必殺!えのきが食べやすくなる”技”』佐藤 周生です。今回は、「えのきで作る簡単な…

  8. ゴーヤーとちりめんジャコのシンプルお浸し

    ゴーヤーのすごい健康効果!佐藤です。今回もゴーヤー料理を伝授します。ゴーヤ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP