かつお旨だし!ねばねばモロヘイヤの健康冷やっこ

「一丁700円の豆腐にこだわると…」

佐藤 周生です。

冷たい豆腐…

”冷奴”の美味しい季節になりました。

そこで、今回は

「高栄養価のネバネバ葉っぱを加えて作る、旨い!冷やっこ」

を伝授します。

「冷やっこ」私は大好きなのですが、一時、こだわり過ぎてお小遣いを全部”豆腐代”に費やしたことがあります。

まだ大阪で働いていた30代の頃でした…

一度こだわると飽きるまで、ひつこい私は、

「もっと豆の味が濃厚な豆腐が食べたい!」

と、スーパーで豆腐を買うたびに値段の高い豆腐に手を出していきました。

それでも物足りなくなり、休みの日には梅田の阪神百貨店や阪急百貨店までに行き、「旨い豆腐探し」をするようになりました。

1丁200円でも高いのに300円、400円、500円になり最後は、一丁、700円もする300gの絹ごし豆腐にまで手を出しました。

基本的には木綿豆腐を食べれば大豆の濃厚さを味わえるのですが、700円という値段にもなると、水分の多い”絹ごし豆腐”でも物凄く”大豆”の濃い味がします。

これが最高に旨い!
(何もかけずに食べられます)

これを買うために、毎週わざわざ電車にのって阪神百貨店まで往復40分かけ、買いに行ってました。

当時結婚していた私。

元奥さんは初め、「美味しいやん」と喜んで食べてましたが、毎回一丁700円もの豆腐を買って帰ると、

「何考えてんの!」

と言われるようになりました…

それでも、私は「700円があるなら1000円もあるんちゃうか?」と高額豆腐を探し続けましたが、府内ではすぐに見つからず、

だんだん冷静に考えているうちに、府外まで出て、毎週電車にのって「豆腐一丁」買いに行くのは、「馬鹿だな」と思うようになり、ここで豆腐のこだわりは消えました。

ま、でも、それなりに楽しく、印象深い思い出になったので、「和食の玉手箱」でもっと儲けて、全国を旅して高額の美味しい豆腐を探したいと思ってます。

その時は、あなたにその”こだわり豆腐”をプレゼントします。
(いつになるのか分からないので期待しないで下さい…)

で、

「高い豆腐=旨い!」というのは当たり前なのですが、スーパーの安い豆腐でもちょっと手を加えるだけで美味しい豆腐料理にできます。

「かつお旨だし!ねばねばモロヘイヤの健康冷やっこ」

これ、モロヘイヤを湯がいてぶっ叩き細かくしたら「万能旨出し汁」と混ぜる。

これを豆腐にのせて食べる料理です。

で、モロヘイヤは熱を通すとネバネバしますが、この成分が「ムチレージ」と「マンナン」という水溶性食物繊維。

これは血糖値を抑え、さらに腸内環境を整えるすばらしい効果があります。

モロヘイヤは、野菜の中でもβカロテンの含有量がベスト3に入るほど。

人参のβカロテンも多いのですがその約1.2倍も含んでいます。

βカロテンには、抗酸化作用があり、ガンを予防してくれます。

また、モロヘイヤは、ミネラルやビタミン郡も豊富に含み、細胞の老化を防いだり、免疫力を向上させ、骨、歯を形成する効果や皮膚や神経を正常に保つ効果もあります。

古代エジプトでは、モロヘイヤを王族だけがスープなどにして食べていたそうなので、栄養価の高い”葉っぱ”であることは分かって頂けると思います。

このモロヘイヤを安い豆腐にのせることで「健康冷やっこ」に変貌。

作り方も簡単なので手軽にできると思います。

以前公開したレシピですが、”夏”向けレシピなので再度公開します!
↓↓

【材料】
モロヘイヤ…1/2束(50g)
絹ごし豆腐…1/2丁(150g)
白ネギ…30g(1/4本)
削りかつお…少々

【万能旨出し汁】
(出汁5:みりん1:濃口しょう油1)
水…大さじ5(75cc)
みりん…大さじ1(15cc)
濃口しょう油…大さじ1(15cc)
粉カツオ節…2つまみ

(カツオ節と昆布の出汁を使う場合は水を出汁に代えて、粉カツオ節は無しにして下さい)

1、「万能旨出し汁」を作っておきます。

鍋に、【万能旨出し汁】の調味料を合わせて、火にかけます。

沸騰したら、火を止め涼しいところで冷まします。

(鍋ごと氷水で急冷してもいいです、早く冷くなります)

それと、「絹ごし豆腐」を半分切って、深さのある器に盛って器ごと冷蔵庫で冷しておきます。
2、「白髪ネギもどき」を作ります。

白ネギを洗って、根元から包丁を45度斜めにして、出きるだけ細く刻みます。

(無駄無し簡単!白髪ネギもどき)
3、刻んだ白ネギをザルボウルに入れ、2~3回すすいだ後、流水に5分さらします。

その後、水気をよくきっておきます。

(即席白髪ネギができます。)
4、鍋に500cc強の水(湯沸かし器の湯でもOK)を入れ、強火で沸かします。
5、モロヘイヤは、水で綺麗に洗います。

水気をきり、茎から”葉”だけをちぎり取ります。
 
別のボウルに氷水を準備しておきます。
6、湯が沸騰したら、モロヘイヤを入れ、湯がきます。

菜箸で湯の中に押し込み、青色に変色してから15秒ほどさらに湯がきます。

(モロヘイヤは少し葉が硬いので少しだけ長めに湯がきます)
7、ザルにあけ、素早く氷水に浸け、急冷します。
8、モロヘイヤを手でかたく搾り、水気を抜きます。

まな板で荒く叩き切ります。
9、切ったモロヘイヤをボウルに入れ、「万能旨出し汁」を大さじ2杯(30cc)入れます。

削りかつおも加えて、スプーンでよく混ぜます。
10、冷蔵庫で冷しておいた「絹ごし豆腐」を取り出し、豆腐から出ている水分を捨てます。

(9、)のモロヘイヤを豆腐の上にかけます。

手前に流れるようにかけ、その上に白髪ネギをのせます。

器の横から残りの「万能旨出し汁」を大さじ3杯ほど注ぎ入れて完成です!

(「万能旨出し汁」はお好みの量を入れて下さい、

残ったら、容器に入れ冷蔵保存で3~4日持ちます)

モロヘイヤを加えるとヘルシーな冷やっこ、「健康栄養とうふ」に変身します。

「万能旨出し汁」作るのが面倒な場合は”そうめんつゆ(2倍濃縮)”を代用して下さい。

それと…

”湯がいた葉っぱ類を細かく叩いて、出汁と混ぜる”という調理法は肉、魚にかけたりもできます。

応用の幅は広いので覚えておくと役立ちます。

是非!作ってみて下さい!

鶏肉がスパッ!と切れる”コツ”

健康的に大根を食べる方法

関連記事

  1. 食感楽しむ!叩き胡瓜の胡麻みそマヨ

    『胡瓜で痩せる!?』健康料理家 佐藤周生です。今回は「生野菜で消化負担を軽減する健…

  2. 柚子胡椒香る!山芋とろろの豆腐鍋

    ひとり鍋で変わり湯豆腐!佐藤です。今回は、山芋とろろの入った斬新な「ひとり鍋」を紹…

  3. 日持ち料理!鮭の南蛮漬け

    「やっぱり南蛮酢は、この比率が1番です!」佐藤です。今回は、「2週間日持ちする定番…

  4. 茄子と豚バラ肉の塩麹煮

    「塩麹煮物の食材組み合わせのコツ」佐藤 周生です。今回は、「茄子と豚バラ肉で超簡単…

  5. たらと春菊のだし湯豆腐

    癒しの湯豆腐...佐藤です。今回は、冬の定番魚「たら」を使った鍋仕立ての『湯豆腐』を…

  6. トマトと玉ねぎスライスのアボカドソース

    【消化負担を舐めてませんか?】今回は「夏らしい野菜で作る濃厚ソースの簡単サラダ」を伝授しま…

  7. 手羽元の和風トマト煮込み

    美味しい!煮込み料理はトマトとかつお節だけでいいのです...佐藤です。今回は、ト…

  8. 元気出る!マグロのガーリックたたき

    【アドレナリン噴出する!創作刺身】健幸料理家・健幸アドバイザー 佐藤周生です。たび…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP