お惣菜、冷凍保存の方法

ベストな冷凍保存方法

佐藤です。

今回は、

「栄養がキープできる!お惣菜、冷凍保存のベストな方法」

を伝授します。

【動画レシピ】(中央の再生ボタンをクリックしてご覧下さい)

「食品を冷凍すると栄養は落ちるんかな?」

と考えると思いますが、これ大丈夫です。

食品の種類によって、落ちるものもありますが、栄養価は冷凍する前とほぼ変化しません。

なぜか?

家庭の冷凍庫の温度は、ほとんどが-18℃以下です。

この温度だと栄養価を落とす、酵素の分解作用が活動しないからです。

なので、栄養はキープできます。

お惣菜のように味をつけ、加熱された食品は、すでに組織が壊れているので冷凍しても品質の低下が少ないです。

では、家庭でお惣菜を冷凍保存する時のベストの方法を公開していきます。
↓↓

【用意する物】

・ステンレスかアルミの”バット”
・ラップ
・濡らしたダスター

1、作業する場所を広くとります。

濡れたダスターでその場所全体を拭きます。

少し湿らすことで、ラップがくっ付いて動かず、作業しやすくなります。
2、25cm角の大きさにラップを切って広げます。

お惣菜1人前or2人前をド真ん中にのせます。

(量が多すぎると包めないので、2人前までにします)
3、手前側のラップを惣菜にかぶすように奥にたたみます。

できるだけコンパクトで平らに広げます。

隙間、空気が入らないようにピチッと閉じてください。

(平らにすることで早く固まり冷凍できます)
4、左右を内側に折り曲げ、たたみます。

(ぴったりラップ同士をくっつけます)
5、惣菜が入っている部分を持ち上げて奥側にたたみます。

ピタッと引っ付けます。

(最後の部分(空け口になる部分)は、あまりピタっとつけない方がいいです。
レンジで温めると、くっ付いて開けにくくなります)
6、お惣菜全部を小分け、ラップできたらバットにのせます。

この状態のまま冷凍庫に入れます。

(バットが早く冷えるので、冷気が惣菜に伝わり、急冷できます)

食品全般に言えますが、できるだけ早くカチコチに固めて冷凍状態にすることが、品質を落とさないための”コツ”です。

これさえ守れば、栄養価を落とさず美味しいお惣菜のままで食べられます。

是非!覚えてやってみてください。

料理後の掃除が気楽になる超時短技!

ひじきとちりめんジャコのハーフ&ハーフ玄米ごはん

関連記事

  1. 肉ひじきの五目煮

    休みの日に作る栄養煮物大量に作り、三日かけて食べるおかずになる「ひじきの煮物」を伝授します…

  2. お手軽!塩だれ

    「料理が手軽になる!「手作り塩だれ」」佐藤です。今回は、「少ない調味料で簡単にでき…

  3. 簡単副菜!もやしの胡麻酢和え

    「もやしでさっぱり味のお手軽副菜」佐藤 周生です。今回は、「簡単に応用ができる胡麻…

  4. 砂糖なし!みりんで作る体に易しい高野豆腐の柚子煮

    砂糖なしの体に易しい煮物佐藤です。今回は、「砂糖なしで美味しくできる、高野豆腐の煮…

  5. 炙り厚揚げのちょい辛!肉そぼろ味噌

    作り置きできる美味しい”味噌”!?佐藤です。今回は、「野菜、豆腐などを美味…

  6. たけのこの土佐煮

    水煮のたけのこを激旨!にする”コツ”佐藤 周生です。今回は、「味気のない水…

  7. 単品食材のお手軽料理!カボチャの焼き浸し

    焼いて浸けるだけの極旨!一品佐藤 周生です。今回の単品食材のお手軽料理(5)は、…

  8. サラダ

    佐藤です。今回は、「ひと手間で3日間分のサラダが食べられる方法」を伝授しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP