”割合”でお手軽煮物、柔らかかぼちゃの旨煮

煮物が十八番料理になる方法

佐藤です。

今回は、煮物。

”これ”さえ、覚えておけば煮物は、あなたの十八番料理になります…

今回は、煮物料理の幅が広がる『割合』で作る煮物の作り方を暴露します。

さっそくですが、その割合とは、

「14:1:1」

だしが14、
特に1種類の野菜を焚くときに有効な「割合」です。

大根だけとか、ゴボウだけ、にんじん、れんこん、里芋、さつま芋、じゃが芋、かぼちゃ、とうもろこし、山芋、ブロッコリートマトなどなど…

これらの全ての野菜を焚くときに使えて、あなたが、「野菜焚いたのが食べたい!」と、思った時にすぐに使える『割合』です。

「出し汁14:酒1:みりん1:淡口しょう油1」+砂糖

お酒を加えることで、食材の独特の臭みなどを抑えたり、軟らかくしたり、旨味が加わり、風味もよくなり、仕上がり全体をよくします。

腐敗を抑える効果も…

で、この割合で、煮汁をあわせるだけ。

塩辛かったり、しょう油辛かったり、甘すぎたり、全部が薄味すぎたり、そんなシッパイはありません。

常においしい、安定した”味”で作って食べられます。

いずれは、煮物があなたの十八番料理になります。

今回は、この割合で”かぼちゃ”を焚きます。

「柔らかかぼちゃの旨煮」をお伝えします。

これ、下茹でから、説明した基本のレシピです。

「基本?うわっ!めんどくさ!」

と思いましたね…

ですが、全て忠実に行なう必要はないです。

時に?いつも?ズボラな私のように”下茹で”をはぶいて生から焚いてもいいですし、スーパーで販売してる「茹で済み野菜」を使用してもいいです。
(里芋、れんこんなど)

ですが、「14:1:1:1」のルールだけは忠実に守ってください。

これが唯一、安定した”味”を維持できる簡単な煮物調理法だからです。

必ずおいしくできます。

では、レシピ公開します。
↓↓

【材料】(作り置2~3日分)
かぼちゃ(中)…半分400g(大なら1/4個)

【煮汁】
『出し汁14:酒1:みりん1:淡口しょう油1』の割合
水…490cc
清酒…35cc
(”安い”料理酒は絶対駄目!塩分が多く味が狂う)
(おすすめは1カップ(100円~150円)の清酒。早く使いきれます。または残ったら飲む)
みりん…35cc
淡口しょう油…35cc
粉カツオ節…2~3g
砂糖…20g
(砂糖を使いたくない場合は、みりんの割合を「2」か「2.5」にしてください)

1、かぼちゃは、大き目のスプーンで中の種を取り除きます。

硬い皮を削り落とします。

左手でかぼちゃをしっかりに押さえ、包丁の真ん中より下の刃で、できるだけ薄く削りおとします。

(写真のように必ず刃を外側に向けて切って下さい、

手を切る恐れがなくなります、

刃があるほうに手を置かないと言うことです)
2、皮が削れたら、約3cm角の大きさに切り分けます。

1コずつ種が付いていた内側の柔らかい部分を切り取ります。

(煮るとこの部分から荷崩れを起こすので切っておけば、防止できます)
3、かぼちゃを流水で2~3回洗います。

(水の”にごり”が無くなればOK)

鍋に入れ、かぼちゃが完全にかぶるくらいの「水」を入れます。

強火にかけ、沸騰したらすぐ火を止めそのままおいて、余熱で火を通します

湯がぬるくなったら(約5分待つ)、かぼちゃが崩れないように勢いを抑えた流水にさらして完全に冷まします。

(できれば、爪楊枝を刺して軟らかさを確認、

硬いようなら(少し硬めでOK)、後さらに5分待つ)

その後、ザルなどに丁寧に入れ、水気を切っておきます。

(この方法なら茹で過ぎの失敗がなく上手くできます)
4、【煮汁】を作ります。

鍋に【煮汁】の調味料を合わせます。

水、酒、みりん、淡口しょう油、砂糖、粉カツオ節の順に入れ、火にかけます。

(35cc~40cc入るお玉があれば、1杯、2杯、3杯…と数えるだけでいいので簡単です、

砂糖はグラム計って下さい)

お玉で砂糖を溶かすようにゆっくり混ぜ、煮汁が沸騰したところで下茹でしたかぼちゃを入れます。
5、再度沸騰してきたらすぐに弱火にします。

(かぼちゃが沸騰の泡でユラユラ揺れる程度の弱火)

”アク”をすくい取り、20分焚きます。

つまようじを南瓜の中心にそろ~っと刺して”スッと”入る柔らかさになれば出来上がりです!

まだ、「硬いかな?」と思うときは、さらに10分焚いて下さい。
6、焚けたら、器にかぼちゃを重ねて小高く盛り、煮汁をかけて完成です!

時間をおけばおくほど、煮汁の味が滲みておいしくなります。

丸1日寝かせれば、完全に中まで味が滲み込み、最高においしい状態で食べられます。

『出し汁14:酒1:みりん1:淡口しょう油1』を丸暗記して下さい。

出し汁「14」を、「16」にすれば薄味に
「12」にすれば濃い味に変化できます。

甘みは、砂糖の量を加減するだけであなたの好みの味に作れます。

これ、周りの人に伝えると早く記憶できます。

アウトプットです。

「割合」さえ熟知してしまえば野菜の煮物がちょちょいのちょいと簡単に作れます。

あなたの好きな野菜を使ってあなたの好みの味で、いつでも食べたいときに旨い煮物が食べられます。

『出し汁14:酒1:みりん1:淡口しょう油1』+砂糖

是非!覚えてください。

南瓜を「下ゆで無し」で焚く場合は、調味料を合わせたら火をつける前にに南瓜を入れて焚き始めてください。

(生の状態で沸騰したところに入れると”煮崩れ”しやすくなります。最悪は全部溶けてしまう…)

ここだけ注意して焚いて下さい。

【追伸】

「毎日の料理、ワンパターンになっていませんか?」

いつもの料理の味付けを簡単にアレンジでき、マンネリ化した食生活を改善できる、

『万能!たれ餡ソースの味付け便利帖』

これは、たれやソース、ドレッシングやあんかけの餡など70種類以上のレシピを網羅した調味レシピ集です。

これを活用して頂ければ、食べ飽きた料理でも今日から”いつもと違う味”で楽しめます!

今、この調味レシピ集を無料でプレゼントしています。

「同じ料理の繰り返しで、飽きた…」
という場合は、こちら↓から詳細を見て下さい。

不老不死を手に入れる方法!?

超ズボラ!ブリの照り焼き

関連記事

  1. イカとチンゲン菜のあっさり煮

    「煮込まない煮物!?」佐藤 周生です。今回は、「イカとチンゲン菜を生姜を効…

  2. 南瓜と大根の豆乳煮

    冷たいよりも”あったかい”佐藤です。今回は、「温かいお惣菜」を伝授します。…

  3. 牛すじ肉の煮込み②(2日目-煮込む)

    ”甘み”と”塩気”、おいしい味のバランスは...佐藤です。「3日に分けて気軽に作れる!牛す…

  4. 【簡単煮物】豚バラ大根の旨煮

    栄養と美味しさを両立させる煮物法!佐藤です。やっぱり冬は「大根の煮物」がかかせませ…

  5. 単品食材のお手軽料理 簡単!里芋の旨煮

    「失敗しない煮物とは?・・・」佐藤 周生です。今回は「蒸した食材の残りを煮物して日…

  6. 残り物野菜の具だくさん汁

    使いさし野菜を汁物にする簡単な味付け法佐藤です。今回は、「冷蔵庫に少しづつ…

  7. 小松菜とちりめんジャコの和え物

    茹でない”超簡単!和え物”佐藤です。春は、あお~い野菜『菜っ葉類』が旬です。…

  8. 究極の「金平(きんぴら)」

    究極の”キンピラ”!!胡麻まみれの牛肉とレンコンごぼう金平佐藤です。今回は、あなた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP