新じゃが芋とヤングコーンと 若布のシャケ入り”春”満載鍋

gatugatu佐藤です。

先日は更新できず失礼しました。

今回も「春野菜の簡単鍋」を

伝授します。

長くこのブログをご覧になっている方
は、すでに熟知され日ごろから活用
してくれている思います。

【鍋出しの割合】
が、
最近、ブログを見てくれるように
なった方もいらっしゃるので、
その方のために再度、

【鍋出しの割合】について
お話したいと思います。

すでに活用されている方は、復習と
して読んで頂けるとありがたいです。

で、
「【鍋出しの割合】ってなんですか?」

というと・・・

市販の鍋出しの素など使わずとも
美味しい鍋の出汁が安定した「味」
で、自分で作れる方法。

鍋専用のだし汁を作る時の
『型』のことです。

”安定した「味」”。

ようするに毎回同じ「味」、美味しい
「味」が自分で再現できるわけです。

【鍋出しの割合】を知っておけば、
調味料の微調整が必要ありません。

「もうちょっと、しょう油入れたほうが

いいのかな?」

「甘味が足りない?」

「あれ?辛いな・・・」

などと迷ったり、失敗することが
なくなります。

その【鍋出しの割合】は『12:1:1』

「出汁12:みりん1:淡口しょう油1」

出汁と調味料をこの割合で合わせる
だけ。

出汁は、昆布とカツオ節でとったもの
がベストですが、水とカツオ出汁の素
でもOKです。

例えば、30ccくらい液体が入る
玉じゃくしがあるとします。

この玉じゃくしを使い、

鍋に出汁を12杯、みりんを1杯、
淡口しょう油を1杯というふうに
入れて合わせるのですね。

例えば、4人前、5人前ともっと
たくさんの鍋出汁が必要な場合は
70cc80cc液体が入る大きな、
玉じゃくしを使えばいいだけです。

玉じゃくしの大きさが変わっても、

「出汁12:みりん1:淡口しょう油1」

という割合は同じなので「味」も同じ

になります。

全体の量が変わるだけ。

応用としては・・・

ちょっとだけ鍋出汁の量を増やしたい
場合は「1.5倍」で考える。

「出汁12:みりん1:淡口しょう油1」

を1.5倍すれば、

「出汁18:みりん1.5:淡口しょう油1.5」

となります。

この割合で玉じゃくしで量って入れれば
いいだけです。

出汁は18杯、みりんは一杯と半分、

淡口しょう油も一杯と半分

という具合ですね。

例えば、全体の量が300ccなら
「1.5倍」で450ccと増やせる。

逆の応用としては、「0.5倍」にする。

少ない量にしたい場合は、
「出汁6:みりん0.5(1/2):淡口しょう油0.5(1/2)」

の割合にすれば言いわけですね。

もちろん、増やしたり、減らしたり
したい場合に、玉じゃくしを大きく
したり、小さくしたりする方法でもOK!

「出汁12:みりん1:淡口しょう油1」
の割合さえ間違っていなければ

「味」は同じになりますから。

何だか、料理でなく算数の授業のように
なりましたが、

「割合」さえ知っておけば、調味料を
ちょびちょび、ちょびちょび入れて、
「あ~じゃない、こ~じゃい」と時間
をかけなくて済むのですね。

楽に美味しい「鍋」が食べられる
ようになる。

しかも、自分で作れるから、
スーパーで「”鍋出し”の素」を
買わなくて済むのです。

「出汁12:みりん1:淡口しょう油1」

の割合を使っておすすめの
”春”野菜鍋。

今回は、

「新じゃが芋とヤングコーンと若布の

シャケ入り”春”満載鍋」

です。

新じゃが芋、ヤングコーン、若布を
たっぷり使い三種の春野菜が満載。

野菜だけだとちょっと寂しいので
これに魚介か肉を加えたいと思い、
”シャケ”を加えました。

ボリューム満点。

定番の「鍋」では使わないような
野菜が入るので新鮮さを感じれます。

あっさりの「鍋」。

この料理を試作していると
母親が「何それ?、何それ?」

と言うので、試食してもらいました。

「うん!美味しい、あっさりで
食べやすいね」

と絶賛してもらった鍋レシピは、

この先です。

↓↓↓

【材料】
シャケの切り身・・・一枚(120g)
新じゃが芋(小)・・・3個(120g)
ヤングコーン・・・3本(25g)
ほうれん草・・・1かぶ(40g)
茹で生わかめ・・・20g
豆腐・・・1/3丁(100g)
(300gの豆腐)

《鍋出汁》
(出汁12:みりん1:淡口しょう油1の割合)
水・・・420cc
みりん・・・35cc(大さじ2杯+小さじ1杯)
淡口しょう油・・・35cc(大さじ2杯+小さじ1杯)
カツオ出しの素・・・2g(3本指で1つまみ)

※30~35cc入る玉じゃくし(レードル)が
あれば、その玉じゃくしを使って水12杯、
みりん1杯、淡口しょう油1杯と数えて鍋に
入れるだけなので楽に出汁が合わせられます。
30~35ccと誤差がでて全体量が
420~490ccと変わってきますが、
70cc程度の誤差なら問題なく作れます。
全体量が変わっても、”割合”が同じ
なので「味」は変わりません。

1、新じゃが芋は、皮をよく洗い、芽をくり抜きます。

5mm厚の輪切りにします。
(農薬が気になる場合は、皮を綺麗に剥いて下さい。

”芽”はピーラー(皮剥き)の角に付いているくり貫き部分を使えば

簡単にくり抜けます)

 

2、 一人鍋に《鍋出汁》の調味料、水を合わせ強火にかけます。

切ったじゃが芋を軽くすすぎ洗いして、鍋にぶち込みます。

 

3、沸騰してきたら、弱火に。コトコト沸騰の泡が出る状態の
火加減に調節し、新じゃが芋が柔なるまで焚きます。

 

4、ヤングコーンはヒゲが付いていればを綺麗に取り除き、
縦二等分に切ります。

 

5、切ったヤングコーンも鍋に入れます。

6、ほうれん草は根元を切り落とし、綺麗に洗います。

束ねて4cm幅に切ります。

7、豆腐は、3~4等分に切ります。


8、わかめは、束ねて4cm幅に切ります。


9、シャケの切り身は、大きな骨が付いていれば削ぎ取り、
4等分に切ります。

10、新じゃが芋の軟らかさを爪楊枝を刺して確認します。

スッと刺さればOK、硬いようならもう少し焚きます。

(よくわからない場合は、食ってみて下さい、
これが一番の判断方法です)

11、新じゃが芋が軟らかくなっていれば、豆腐、シャケをさらに
焚きます。

12、豆腐、シャケを入れ1分ほど焚いたら、ほうれん草わかめも
加えます。

 

13、ほうれん草が軟らかくなれば出来上がり!火を止め完成です。

熱々のうちに食って下さい。

新じゃが芋をスーパーで見つけたら
作ってみて下さい。

 

冷蔵庫のはんぱ野菜で! ガッツリ具だくさん野菜チャーハン

すぐできる酒の肴! 甘長とうがらしの甘辛焼

関連記事

  1. 鶏ぶつ切り肉の旨塩だし鍋

    梅雨が終わったら”夏”。暑くなる前、上半期最後の 一人鍋料理を伝授します。佐藤で…

  2. こんがり!じゃが芋とウインナーのチーズ焼バジルの香り&セロリとブ…

    gatugatu佐藤です。「冷蔵庫の残り物で作る!ガッツリ”2品献立…

  3. 豚肉とニラのコンソメスープ鍋

    勿体無い...それは作ってない証拠です。先日、お伝えした「鶏のスープ」は、作って頂けたでしょ…

  4. 刻み白菜と豆苗のサーモンシーザーサラダ

    佐藤です。おすすめ!「超低カロリー野菜のダイエット サラダ!」を伝授しま…

  5. シャリシャリ食感!じゃが芋と牛肉の炒め煮

    相性の「良い人」「悪い人」いると思います。佐藤です。今回は、相性の良いラブラ…

  6. ネバネバとろ~ん!タラとなめ茸とチンゲン菜の蓮根おろし鍋

    gatugatu佐藤です。今回も、「みぞれ鍋」。もう一つ、簡単で…

  7. 簡単なのに高級な味! 鯛のかぶらおろし鍋

    家庭でも簡単に作れる上品な味!鯛とかぶらの純和風鍋「基本の鍋出汁」を、ちょっと応用するだ…

  8. ふわふわ軟らか! 豆腐肉だんごのトマト鍋

    gatugatu佐藤です。昨日は、睡眠不足で起きれず更新 できません…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP