さっぱりで肉を食べる!!ガッツリ!牛肉のタタキ

秘伝のタレで激旨の肉料理

佐藤です。

今回は、
「夏におすすめのビールといっしょに食べて頂きたいおススメの料理」を伝授します。

夏は、なんとなく肉が食べたくなりませんか?

私の家の近所には焼き肉屋さんが3件もあり、前を通ったときに、店の中をのぞくといつもお客さんがいっぱいです。

それを見ると
「やっぱりみんな肉が食べたいんだなぁ」と思ってしまいます。

クーラーの利いた中で熱い焼肉を食べるのも美味しいですが暑い時は、肉もさっぱりで食べたいですよね?

「そんなのあるんですか?」
といわれそうですが、めちゃ、おススメするさっぱりで食べられる”肉”料理があります!

私が修行時代に働いていたお店で大人気だった、企業秘密の「牛肉タタキ」です。

この「牛肉のたたき」、ただ表面を炙って、ポン酢にベタベタつけて食べる「肉のたたき」ではありません。

牛肉というのは独特の”臭み”があり、生で食べるとこの臭みを強く感じます。

スーパーの肉コーナーで売っている「牛肉ののタタキ」を一度食べてみて頂ければ分かりますが、すごく臭い。

ですが、私がおススメする「牛肉のたたき」は、炙った後に”秘伝のタレ”に漬け込みます。

その店でしかマスターすることのできない”秘伝のタレ”。

それは、酒、濃い口醤油、みりん、しょうが、にんにくを合わせたもの。

このタレに漬け込むことで牛肉特有の臭みが抑えられます。

この秘伝のタレがあれば、臭みの気にならない肉の旨味、美味しさだけを味わえる「牛肉のたたき」を食べることができます。

そして、スライスした玉ねぎや大葉、刻みネギやピリッと辛いもみじおろしの薬味も絡めて食べれば、臭みがさらに抑えられて超あっさりで食べられます!

さらにさらにポン酢につけて食べるので最高のさっぱり「牛肉たたき」になります。

この「牛肉たたき」は、当時のお店でよく売れてました。

1組に1つは必ず注文があるくらいです。

1日に20人前を仕込むのですが、売れ残ったことはほとんどありませんでしたね。

季節メニューで期間限定、数量限定。

毎日それだけを目当てに食べに来るお客さんもいました。

で、牛肉を漬け込む”秘伝のタレ”はそのお店で職人さんたちが代々受け継いできたもの。

無茶苦茶、旨い!

私は、この”タレ”の香りが好きです。
(にんにくの臭いしかしませんが…)

なので、当時は、仕込みのたびに舐めてました。

舐めたついでに、先輩にばれないよう毎回、肉もちょっと切ってちょうだいしてました…

それほどおいしいので、本当は教えたくなかったのですが、

あなたには、美味しい「牛肉のたたき」を食べてもらいたいので特別に伝授します!

それでは作り方です!
↓↓↓

【材料】
牛もも肉…300g
(できれば国産。豪州産なら少し臭みが少ないと思います。鮮度の良い肉を使って下さい!)
玉ねぎ…1/4個
大葉……1枚
刻みネギ…適量
もみじおろし…適量
(大根おろしと一味唐辛子を混ぜたもの)
ポン酢…適量
白胡麻…少量
塩、コショウ…適量

★”秘伝のタレ”
清酒…160cc
みりん…120cc
濃口醤油…80cc
おろしにんにく…5g
おろし生姜…5g

1、玉ねぎは繊維に沿って薄くスライスします。
2、ザル&ボウルに入れ、水に10分さらします

(新玉ねぎなら、ササっとすすぐだけでOK)

その後、水気を切って冷蔵庫で冷やし、シャキッとさせます。
3、ふた付きのタッパに”秘伝のタレ”の調味料、にんにく、しょうがを合わせておきます。
4、牛もも肉は、目立つ筋がついていれば切り取っておきます。

焼く直前に塩とコショウを軽くふります。
5、コンロに網を置き、強火で網をよく焼きます。

(網がない場合は箸で挟んだまま、炙って下さい)

網が真っ赤になったら牛もも肉をおきます。

ときどき箸で浮かせて網に引っ付かないようにします。

1分くらい炙ります。

(使い捨て箸を使って下さい)
 
6、反対側も同じように焼きます。

すべての面を炙ってくだい。

(生肉に抵抗がある場合は、長め(2分づつ)炙って下さい)
7、焼けたら素早く”秘伝のタレ”に漬け込みます。

ある程度冷めたらふたをして、冷蔵庫で1~2時間寝かします。

(長く漬け込むほど美味しくなります)

これで「牛肉のタタキ」の出来上がりです!
8、食べる時に取り出して、3mmくらいの厚みに切ります。

(分厚く切るとと食べにくいです)
9、お皿の奥側にスライスした玉ねぎを置き、大葉を立てかけます。

切った牛肉のたたきをきれいに広げて盛り付けます。

(同じ間隔で広げるときれいに見えます)

刻みネギ、もみじおろしを添えて最後にタタキの上に白胡麻をふったら完成です!

薬味とポン酢につけながら食べてください!

焼肉もいいですが、「牛肉のタタキ」を作ってください!

タレに漬けたまましておけば3日は日持ちします。

ゴーヤーとちりめんジャコのシンプルお浸し

新食感!冷え熱ッやっこ 重ね豆腐

関連記事

  1. 濃厚昆布のかぼちゃと厚揚げの旨煮

    定番煮物の美味しさレベルアップ法佐藤です。今回は、「定番煮物をちょっとの工夫で美味…

  2. 和えるだけ!マグロの胡麻わさび醤油和え

    「忘れられない最高のマグロ丼」佐藤です。今回は、刺身に使える簡単「和え衣」を伝授します。私…

  3. 彩り綺麗な柿なます

    献立に加えたい健康酢の物佐藤です。今回は、「献立に一品加えたい健康酢の物」を伝授し…

  4. さらし鯨と蛇腹きゅうりの京風酢みそかけ

    「万能玉みそ」=「酢みそ」!?佐藤です。今回は、「万能”玉みそ”で作れる、…

  5. 豪快!海鮮キムチ納豆丼

    「納豆」苦手なあなたへ佐藤です。今回は、「頬張って食べたくなる刺身とキムチと納豆の…

  6. 安心!美味しい!手作りマヨネーズ

    安心できる「マヨネーズ」佐藤です。今回は、「簡単!手作りマヨネーズの作り方」を伝授…

  7. 板前直伝!「魚漬け焼きのタレ」

    レパートリーが増大!”魚漬け焼き”佐藤です。今回は、どんな魚も美味しくなる、…

  8. 【サバ缶で簡単】さばとニラの胡麻醤油和え

    麺類のトッピングにもなるサバ缶の簡単一品佐藤です。この時期、ビールに欠かせない「ア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP