胡麻香る!秋茄子の肉みそ田楽

【酒の肴・便利調味料】鶏肉のコクと旨味を入魂した極旨『肉みそ』!これを茄子に塗って「茄子田楽」に。通常の田楽味噌とは違う美味しさを味わえます!

『長期保存ができる「万能!肉みそ」』

佐藤 周生です。

「作り置きで様々な料理に使える”肉みそ”」を伝授します。

長期保存できて腐敗しにくい調味料は、ほんと助かります。

ウスターソース、マヨネーズ、ドレッシング…

これらは、かけるだけ!付けるだけ!冷蔵庫から出してすぐに使える!

しかも、使える用途が広くて、それなりに旨い…

こういう便利で、ストレスフリーの「調味料」は現代人に欠かせません。

そんな調味料が自分で…「手作り」で作れたらいいと思いませんか?

これ、あなたにもできます。

それは、『肉みそ』

ウスターソース、マヨネーズなどとは種類が異なりますが、それらに引け劣らぬ便利な「調味みそ」。

スーパーで手に入る「合わせ味噌」にちょいと手を加えるだけです。

鶏ももの挽き肉を酒で煮てほぐし、「合わせ味噌」を加え、みりんなどの調味料入れ、煮詰めるだけ。

これだけで鶏もも肉の”旨み”と”コク”が入魂された極旨の『肉みそ』になります。

さらに隠し味として「胡麻油」を微量加える…

この胡麻油の風味で肉みそが一段と美味しくなります。

で、使い方のおすすめとしては…

・簡単な酒の肴なら、きゅうりを大きめに切って 『肉みそ』 を付けながら食べる。
・かぼちゃの煮物にかけて「かぼちゃの味噌そぼろ」。
・鍋だし汁の隠し味になる。
・野菜炒めの味付け「タレ」として。
・ごはんの”お供”に。

などなど、様々な使い方ができます。

保存期間は、ウスターソース、マヨネーズほど長期ではないですが、ふた付きタッパに入れ、きっちり冷蔵庫で保存すれば3週間以上日持ちします。

いつでも使える「調味みそ」として利用可能。

極旨『肉みそ』は基本的に、食材を焼くなどして塗りつける料理の「田楽味噌」として使うので、

今回はその基本に沿って「秋茄子の肉みそ田楽」を伝授!

茄子を切って、油を塗ってグリル焼き。

あとは肉みそを塗って完成!

『肉みそ』の作り方は、そのレシピの中でマスターできます。

あなたの「マル秘レシピ帳」を準備して、すぐにご覧下さい!
↓↓

【材料】 (1人前)
茄子(できれば細い茄子)・・・1本(200g)
白ねぎ・・・15g
サラダ油・・・適量
白胡麻・・・少量

【肉みそ】
鶏ももひき肉・・・80g
合わせ味噌・・・100g
(信州味噌などできるだけ色の薄い味噌(塩分が弱い味噌))
清酒・・・30cc(大さじ2杯)
みりん・・・100cc
濃口しょう油・・・5cc(小さじ1杯)
胡麻油・・・小さじ1杯
おろししょうが・・・小さじ1杯分

1、まず「肉みそ」を作ります。

鍋に鶏ひき肉(80g)と酒(大さじ2)を入れ、火にかけ中火に。

菜箸でひき肉をほぐしながら(固まりを無くす)加熱します。
(少量の酒で炒るイメージ)
2、ひき肉に熱が通ったら弱火にし、味噌(100g)を加えて混ぜます。

続けて、みりん(100cc)、濃口醤油(小さじ1)、おろし生姜(小さじ1)、胡麻油(小さじ1)を加えて混ぜます。

混ざったら再度中火にして、3分煮詰めたら出来上がり。(ドロッとした状態になるまで煮詰める)

すぐにタッパなど容器に移し変えて自然に冷まします。

※鍋に入れたままですと味噌が鍋にくっ付いて取れにくくなる。熱いうちなら綺麗に取れます。
3、白ねぎを「白髪ねぎもどき」にします。

斜めの輪切で細く刻んで下さい。

ざるボウルに入れ、流水にササっとさらし、水気を切って冷蔵庫で冷やしシャキッとさせ
ます。
4、なすは、ヘタの部分を包丁をくるっと回して切り取ります。

皮の汚れている部分や傷んでいるところは、切り取ります。
5、縦二等分に切り、切った部分を下にしておきます。

皮の上の部分をそぎ落とします。
(盛り付けた時に安定します。「座りが良くなる」といったりします)
6、茄子をグリルで焼きます。

キッチンペーパーにサラダ油をタップリ吸わせ、なす全体にたっぷりに塗ります。

茄子の”内側が表”となり肉みそを塗るので「片面焼きグリル」の場合は、裏から5分、表4分を目安に 一番弱い 弱火で焼きます。

「両面焼きグリル」の場合は、 表を上にして8~9分、一番弱い弱火で焼きます。
7,串(または爪楊枝)を刺して、やわらかくなっていれば(抵抗なく刺されば)OK。

もし硬い場合は、さらに1~2分焼いて下さい。
7、「肉みそ」を茄子の断面全体に平らに塗り付け(のせる)ます。

再度、焼きます。

肉みそに少~し焦げ目が付けば出来上がり!火を止めます。
8、フライ返しなど使って、平皿に盛ります。

十分水分をきった白髪ねぎを中央にふわっとのせ、白胡麻をふって完成です!

まずは、極旨『肉みそ』を作ってみて下さい。

今回の「秋茄子の肉みそ田楽」のような秋らしい一品が手軽に作れます。

是非、やってみて下さい。

オリーブ焼き茄子と豚ロース肉のとまとマリネ

刻んだ野菜が下に落ちない?

関連記事

  1. 単品食材のお手軽料!長茄子の焼浸し

    『茄子の下側から...』佐藤 周生です。今回は、「焼茄子の茄子を焼くときに早く熱を…

  2. 【サバ缶で簡単】さばとニラの胡麻醤油和え

    麺類のトッピングにもなるサバ缶の簡単一品佐藤です。この時期、ビールに欠かせない「ア…

  3. 作り置きできる!簡単!コク旨!やわらかブリ大根

    作り置きできる!「煮物の王様」佐藤 周生です。「3日間、日持ちして作り置きができる…

  4. 里芋と手羽元のやわらか田舎煮

    もっちり食感!1000回以上繰り返した煮物佐藤です。じゃが芋料理の定番「肉じゃが」…

  5. 茄子と豚バラ肉の油焼き べっ甲あん

    「楽チンなのに重宝できる調理法」佐藤 周生です。今回は、「茄子と豚バラと餡の組み合…

  6. 職人のみが知る秘密の「田楽みそ」

    「風味が豊かな!”田楽みそ”」 佐藤です。今回は、「田楽料理に欠かせない!白みそで作る、万…

  7. さらし鯨と蛇腹きゅうりの京風酢みそかけ

    「万能玉みそ」=「酢みそ」!?佐藤です。今回は、「万能”玉みそ”で作れる、…

  8. 塩さばの南蛮漬け

    応用利きまくり”南蛮酢”簡単で応用の利く!『南蛮酢』の割合を伝授します。先日(2週…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP