簡単で上品な煮物!サワラと茄子の胡麻煮

【酒の肴】濃厚な胡麻煮汁で茄子を煮て、グリルで焼いたサワラを添え、胡麻煮汁をかけるだけ!シンプルな調理なのに上品な煮物一品が作れます!

「作り方を変えるだけでおもてなし一品!」

佐藤 周生です。

今回は、9月の最後にお伝えした「茄子と鯛の焼き胡麻浸し」の応用法を伝授します!

「茄子と鯛の焼き胡麻浸し」 は、名前の通りで『焼き浸し』という調理法で作る料理…

茄子と鯛の切り身を焼いて、温めた「胡麻だし」をかけるという作り方です。

で、今回お伝えするのは、この料理を【煮物】に仕上げる方法。

今回はタイの切り身でなく、サワラの切り身を使ってますが、「魚の切り身」「茄子」「胡麻のだし」という所は、全く同じ。

で、魚の切り身を焼くところも同じで、変えるのは茄子の皮を剥いて、胡麻だしで煮る…

そこだけ。

茄子は焼かずに焚くわけです。

で、器に焚いた茄子と焼いたサワラを盛っての胡麻だしをかけて出来上がり。

茄子は皮を剥くと半透明の緑色…「翡翠色」になるので、非常に見た目が上品に仕上がります。

皮を剥くだけでおもてなし料理になるわけです。

また、茄子と胡麻は相性がいいので煮物にしても美味しくなります。

こういったちょっとした工夫を知っているだけで、上品な仕上がりにできるだけでなく「1つの調理法」となるので、

魚を代えたり、野菜を代えるだけで新たな一品になりレパートリー増加に繋がるということです。

魚はタラやブリ、シャケでもOK。

野菜は、下茹での必要ない青菜や白菜やきのこ類が早く煮上がるのでおすすめ。

今回の茄子は10分くらい煮るのですが、同じくらいの時間で仕上がる蓮根、南瓜、長芋もおすすめです。

それと「胡麻の煮汁」は、胡麻を大根おろしや生姜おろしに代えたり、海苔やわかめに代えたりすれば磯の香りがしてこれまた美味しいです。

冬場は柚子の皮もいいですね…

『野菜は煮る、魚は焼く』。

この調理法、「焼き浸し」と合わせて、マスターしてみて下さい。

ちなみに魚は焼くと香ばしくなって美味しいので焼くのがおすすめですが、「魚も煮る」方法でもOKです。

短時間で煮上がるで、しっとりした食感で楽しめます。

まずは、「サワラと茄子の胡麻煮」を試してみて下さい。
↓↓

【材料】(1~2人前)
サワラ…1切れ(80g)
茄子(中)…1本(150g)
青ねぎ…1本(3g)(飾り用)無しでもOK

【胡麻煮汁】
割合『出汁14:みりん1:淡口しょう油1』
※↑焼き浸しのだしより薄味の割合になっています。「煮る」と煮詰まるので。
水…210cc
粉カツオ節…小さじ2杯
みりん…大さじ1杯
淡口しょう油… 大さじ1杯
酒…小さじ1杯

練り胡麻(すり胡麻)…大さじ1杯強

1,サワラ(1切れ)は、中骨が付いていれば、切り取っておくほうが食べやすいです。
2,薄く塩(小さじ1/3杯)をふり、15分おきます。
3,「長刻みネギ」を仕込みます。

青葱(1本)を、3.5cmくらいの長さになるように斜めに細く(薄く)刻みます。
4,水に浸けてササっとすすぎ洗いし、すぐに水気をきって冷蔵庫で冷やしておきます。(シャキッとなる)
5,茄子は上部(ヘタ)を切り落とし、皮を剥きます。

※皮が残らないよう、綺麗に剥ききって下さい。(残っていると仕上がりが悪くなる)
6,縦横4等分に切ります。
7,【胡麻煮汁】を合わせます。

鍋に水(210cc)、粉カツオ節(小2)、みりん・淡口しょう油(各大1)、酒(小1)を

合わせ、混ぜて強火にかけます。
8,沸騰してきたら茄子を入れ、中火にして10分焚きます。
9,5分焚いたら茄子を裏返して5分焚く。

串(爪楊枝)を刺して、やわらかくなっていれば(力を入れずにスッと貫通するやわらかさ)、出来上がり!
10,茄子を焚き始めたと同時くらいにサワラをグリルで焼きます。

両面焼きグリル:7~8分。片面焼きグリル:裏6分・表3分
(※火を付けてすぐの状態から…)
11,皮に少し焼き色付くくらいに焼けていればOK。
12,深鉢の器に盛ります。

茄子胡麻煮を再度温め、茄子2カンを重ねて奥側に盛ります。
13,手前に焼いたサワラを盛る。
14,胡麻煮汁をかけます。
15,長刻みネギをふんわりと飾って完成です!

具材に煮汁をしっかり絡ませながら食べて下さい。

胡麻風味が一段と強く感じて美味しく食べて頂けます。

茄子を焚いて、サワラは焼いて、煮汁をかけるだけ…

簡単にできますので、是非作ってみて下さい。

ちなみに盛る前にサワラは少し焚いても(温める程度)OK。

焚くとやわらかくなって食べやすいです。

炙り長ネギとさつま揚げの田舎煮

かきこみ喰い!甘辛だれの鶏めし(丼)

関連記事

  1. 創作蒸し物!サワラのわかめ蒸し

    「アレンジ法を知れば魚料理のレパートリー拡大!」これも1つの調理法として知っておくとレパー…

  2. 鶏もも肉のとろ~り治部煮

    たった6分の辛抱で美味しい!鶏肉の煮物佐藤です。「調理時間たった6分、辛抱できれば…

  3. 単品食材のお手軽料!長茄子の焼浸し

    『茄子の下側から...』佐藤 周生です。今回は、「焼茄子の茄子を焼くときに早く熱を…

  4. 「サワラとニラの濃厚みそ一人鍋」

    ニラで栄養パワー「鍋」佐藤です。今回は、「ニラと魚介のコラボ味噌鍋」を伝授します。…

  5. たけのこの土佐煮

    水煮のたけのこを激旨!にする”コツ”佐藤です。今回は、「味気のない水煮の”たけのこ…

  6. 海老のだしが効いた茄子の焼き浸し

    「”あれ”を加えるだけでおいしい茄子のお惣菜」作り置きにおすすめしたいお惣菜があります。…

  7. 至高の煮物!高野豆腐と鶏せせり肉の旨煮

    ニワトリにつつかれる男佐藤です。”高野豆腐の煮物”ってどんな味付けの煮汁で焚けばい…

  8. 【煮物の基本】里芋の旨煮

    佐藤です。今回は、「里芋の煮物」を伝授します。野菜の煮物を作る時、それぞれ下準備…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP