手作り「うまみ塩」

【調味料】「市販の”アジシオ”が化学調味料無添加であったらいいのに...」実はこんな方法で「アジシオ」が手作りできます!天然「旨味塩」。

”アジシオ”に勝る「手作りうまみ塩」とは?

佐藤です。

今回は、市販の化学調味料が混ざった
「アジシオ」に負けない旨味のある塩の
作り方を伝授します。

正直、化学調味料が混ざった調味料類は
旨いと感じてしまいます。

だしの素、そうめんつゆ、濃縮だしなど
様々な種類があります…

私自身も居酒屋で働いている時は、そう
いった類の調味料を多々使っていました。

仕込みが減って、料理を作るのが楽に
なることもありますが、やっぱり化学
調味料の旨味が強いのでどの料理も美味
しくなるわけです。

でも、 できれば避けて頂きたいという
のが本音…

いろんな理由がありますが、ザックリ
話すと、舌が麻痺してしまうことが
一番の問題。

化学調味料の旨味が強すぎて自然の食材
で作った料理が物足りなく感じてしまう…

反対に自然料理がおいしいと感じる方は
化学調味料の強い旨味を苦みに感じる
こともあるのですね。

実際、読者さんの中にそういった方が
いらっしゃいました。

海外で数年間、自然食材の料理を食べ
続けて、帰国後カップのコーンスープを
久しぶりに食べたら異常な苦みを感じた
そうです。

おそらく、舌が正常に戻っていたから
ではないかと思います。

全ての人に当てまるわけではないかも
しれません。

ですが、多くの方が化学調味料の多い
加工品に頼っていますから、
”舌の麻痺”が起こってもおかしくない
と思います。

なので、自然の美味しさを自然に感じ
れる人間らしさ、感性を大事にして頂き
たいです。

ですが、そういった旨味の強い味に慣れ
てしまってる方が多いからこそ、自然の
食材を使ってそれができないかと…

例えば、味の素さんの「アジシオ」。

あれなんか天ぷらなどにかけて食べる
とかなり美味しいです。

野菜炒めの味付けなど使えば簡単に
美味しくできます。

そこで私、考えました。

「アジシオ」に匹敵する、いやそれ以上
に旨味の強い塩ができないかと…

で、ある時ふと、思いついたのが
「だし昆布」の粉を塩に混ぜるという方法。

だし昆布には「グルタミン酸」という
旨味成分が含まれています。

そう、別に化学調味料を入れなくても
昆布を使って同じような「アジシオ」
ができるわけです。

で、実際に作ってみるとやっぱり
美味しい塩ができました。

だし昆布をミルサーで、粉末にして、
それをミネラル分の多い天然塩と混ぜるだけ。
(ミルサーが無い場合は、粉末の昆布が
ネット通販で手に入ります)

昆布の旨味は、そのまま使うより水分に
煮出した方が旨味が強く出るのですが、
それでも 「グルタミン酸」 の 旨味を
十分に感じられました。

これは、いろいろ使えます!

天ぷら、揚げ物の塩はもちろん、
チャーハンを作る時の塩や…

汁物やお漬物、魚を塩焼にするときの
ふり塩などなど、

塩を使う料理ならほぼどんな形でも
使えますね。

旨味が強い塩なので、勝手に美味しくなる。

化学調味料を避けたい方にはほんとに
おススメできる天然手作りの「うまみ塩」
です。

作り方を見て、多めに作り置きして
おいて下さい。(1ヶ月以上日持ちします)
↓↓

【材料】
天然塩…小さじ3杯
粉末昆布…小さじ1杯
★割合としては「塩3:昆布1」です。

※粉末昆布は、⇒⇒コチラがおすすめ!

1、だし昆布をミルサーで粉末にします。
(ミルサーが無い場合やめんどくさい場合は、⇒こちらをご利用下さい)

2、塩(ヒマラヤ岩塩を使いました)と粉末昆布を合わせます。
割合は「塩3:昆布1」。写真は”小さじ”で計ってます。

いろいろ使えるので、多めに作っておくことをおすすめします。

3、よく混ぜます。

4、混ざったら、瓶など容器に入れます。

フタをして冷暗所など湿気の少ない常温で保存して下さい。

おにぎり、胡瓜の塩もみ、お茶漬けなど使える用途広いです。
是非作ってみて下さい。

10+

香ばしい!豚バラ肉とキャベツの餡かけ焼そば

小エビの唐揚げ うま塩仕立て

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP