春菊の簡単サラダ 胡麻ドレッシング

【サラダ】鍋野菜の春菊をザクザクッと切って、簡単手作り胡麻ドレッシングをかけるだけのシンプルサラダ!リラックス効果のある春菊独特の香りで味と共に心も楽しませることができるサラダです!

【鍋野菜も生で食べられる!?】

健幸料理家 健幸アドバイザー佐藤周生です。

今回は、「鍋で使う野菜で作る簡単サラダ」を伝授します。

冬と言えば鍋料理ですが、その鍋に入れる野菜というのは、通常加熱して食べることが常識ですよね。

ですが、実はそんな鍋野菜の中には生で食べられる野菜もあるのです。

その1つが「春菊」。

生で食べることができるなら、時には生で食べて頂きたい。

なぜなら、健康なカラダをつくるために大事なことの1つは、「消化負担を抑える事」だからです。

これ、詳しく話すとめちゃくちゃ長くなるので、今回は、すごくザックリとお伝えするのですが、

まず、生の食物には「消化酵素」というものを含みます。

消化酵素とは食べ物を消化するために欠かせないもので、体内でも生成されていて、基本的には体内の消化酵素で食べ物を分解しています。

ですが、酵素は1日に生成される量が決まっているため、「加熱したものを多く食べている」と体内の消化酵素は大量に消費され、足りなくなってしまいます。

消化酵素が足りなくなると「代謝酵素」という体の回復など代謝活動に欠かせない酵素が消化に代用されてしまい、消化は正常に行われるものの、代謝酵素が減っているため体の回復がおろそかになるのですね。

この状態が長く続くと体調不良をおこしたり、最悪は病気になったりします。

しかし、消化酵素を含む「生の食物」を食べていれば、その中に含む消化酵素が消化の補助となってくれるため、体内の消化酵素の消費量を減らすことができます。

ですから、「生の食物」を多く食べることで、消化酵素が摂れて、代謝酵素が消化で代用されなくなり、体の回復も正常に行われる…

「消化負担を抑える事」ができるということです。

なので、加熱した料理を減らして、消化酵素が摂れる「生の食物」をたくさん食べて頂きたい。

したがって、春菊も実は生で食べられるので、鍋に入れて食べても美味しいのですが、たまには生のままで食べる料理にするのも、いいのではないでしょうか…

ということですね。

そんな「春菊」というのは、独特のいい香りがします。

私はこの香りがすごく好きで、何となく落ち着く感じがします。

この香りの元となるのが、2つの成分「ペリルアルデヒド」と「アルファピネン」です。

ペリルアルデヒドは、大葉と同じ香りの成分で、殺菌・防腐効果もあります。

そして、アルファピネンは、ヒノキにも含まれる成分で、リラックス効果があるのですね。

だから、春菊の香りは何となく落ち着くような感じがするのだと思います。

この様な心理的効果もあり、生で食べれば消化酵素も摂ることができる「春菊」は、何となくエグミ強そうで食べにくいイメージがあるかもしれません。

ですが、全然そんなことはなく、生で食べても強いエグミは感じませんので、レタスなどと同じように美味しく食べることができます。

ということで、今回のおすすめは、その春菊で作るシンプルなサラダ、

『春菊の簡単サラダ 胡麻ドレッシング』です。

春菊をザクザクッと切って、薄切りにした玉ねぎと混ぜ、「手作り胡麻ドレッシング」をかけるだけ!

「手作り胡麻ドレッシング」は、マヨネーズとすり胡麻、濃口しょう油、みりん、お酢があれば簡単に作れます。

これ、食べて頂ければ分かるのですが、春菊には意外と甘味があることにも気付くのです。

シャキッとしか食感を感じた後、噛むほど、口の中にその甘味と爽やかな香りが広がります。

そして、春菊は青菜ですから、若干の青臭さがありますが、それは胡麻ドレッシングで和らぐので、食べやすく、

「春菊の生ってこんな感じなんだ」

と斬新なサラダの味に目覚めて頂けると思います。

私、毎年この『春菊の簡単サラダ 胡麻ドレッシング』を食べるのが楽しみなのですが、今年はなかなか綺麗な「春菊」が出てこないので、まだ食べてないです(笑)。

昨年食べた、シャキッとして鮮度抜群の春菊は、最高に美味しかったです。

では、簡単レシピを公開します!
↓↓

【材料】(1人前)
春菊…1束(70g)
玉ねぎ…1/4コ(50g)
刻み海苔…少量

【胡麻ドレッシング】
すり胡麻…大さじ3杯
マヨネーズ…大さじ3杯
みりん…大さじ2杯
酢…小さじ2杯
濃口醤油…小さじ1杯と1/2杯

1、胡麻ドレッシングを作ります。

ボウルにすり胡麻・マヨネーズ(各大3杯)、みりん(大2杯)、酢(小2杯)、濃口醤油(小1半)を入れ
ます。
2、よく混ぜたら、出来上がり。冷蔵庫で冷やしておきます。
3、玉ねぎ(1/4)は、繊維に逆らうように薄切りにします。
4、軽くすすぎ洗いします。

(2回ほどすすぐだけでOK)

水気をきります。
5、春菊(1束)は、よく洗って水気をきり、葉をちぎり取ります。
6、葉を重ねて3cm幅に切ります。

葉の部分が大きい場合は、向きを変えて半分に切って下さい。
7、玉ねぎと菊菜をボウルに入れて、混ぜます。
8、器にこんもりと小高く盛って、胡麻ドレッシング(大さじ2杯ほど)をかけます。
9、刻み海苔をのせて完成です!

ちょっと変わったサラダとして、是非、作ってみて下さい。

【簡単煮物】豚バラ大根の旨煮

鮭の切り身で赤の他人丼

関連記事

  1. 「レパートリーを増やす簡単!「ニラ肉味噌」

    【熱ッ!?冷た!?ニラ肉みそ冷やっこ】佐藤 周生です。今回は、「レパートリ…

  2. ランチめし献立5「鶏むね肉と新レンコンの柔らかステーキ南蛮酢ぶっ…

    ランチめし献立5「鶏むね肉と新レンコンの柔らかステーキ南蛮酢ぶっかけ」「ベビーリーフと彩りパプ…

  3. ランチめし献立3「チャンポンにゅうめん」と「水菜といり玉子のサラ…

    「そうめん使い切れ!」佐藤です。「野菜まみれのそうめん献立」を伝授します。…

  4. ランチめし献立6:「タラと春雨の三ッ葉香る旨だし一人鍋」「セロリ…

    ランチめし献立6 セロリの皮を剥かない?佐藤です。ランチめしの献立、しつこく6つ目…

  5. 炙りサーモンとブロッコリーのシーザーサラダ

    健康的に食べてると感じる手作りドレッシング!佐藤です。今回は、「手作りシーザードレッ…

  6. トマトと玉ねぎスライスのアボカドソース

    【消化負担を舐めてませんか?】今回は「夏らしい野菜で作る濃厚ソースの簡単サラダ」を伝授しま…

  7. さばと玉ねぎのみそダレ丼

    旬の鯖を丼で食す!佐藤です。 やっぱり、ササっと食べられて、腹も 膨れるどんぶりも…

  8. タラとしめじの蓮根かぶせ蒸し! 春菊餡かけ

    心で食する・・・餡かけ蒸し物料理佐藤です。今回の料理は、「心が”ホッ”と休まる、蒸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP