食材、腐る前に無駄なく使い切る! 佐藤の思いつき料理”3日目”

「食材1つで2品作る考え方!」

「ガーリック香る! 豚ロース肉と芽にんにくの
ジンジャー醤油炒め」
「手作り人参ドレッシングの簡単わかめサラダ」
「斬新!トマトとちぎり豆腐のネギ豚汁」

佐藤です。

食材、腐る前に無駄なく使い切る!佐藤の思いつき料理」

3日目、伝授します。

前回は、とうもろこし、茄子を使い切りました。
今回は、サラダベースと芽にんにく、トマトを使い切る料理です。

で、

初日から言い忘れていたのですが、豆腐は、”もめん豆腐”を使ってます。

冷やっこなら、”絹ごし”がいいですが、豆の味が濃厚で崩れにくく
熱を通す料理に使いやすいので今回は、もめん豆腐を買いました。

そして、追加の食材は「豚ロース肉」。と「生姜」。

 「豚ロース肉」 をメイン料理(主菜)と汁物にします。
同じ食材を使って「2品」作る献立です。

「ガーリック香る! 豚ロース肉と芽にんにくのジンジャー醤油炒め」

と、

「斬新!トマトとちぎり豆腐のネギ豚汁」

芽にんにくが香る、豚肉生姜焼のような炒め物と、トマトをガッツリ入れた創作豚汁です。

味噌汁とトマトは、意外に合います。

「トマトは、汁物にも使える」
というのも憶えておくと残った時にすぐに使い切ることができます。

また、

こういった同じ食材で「2品」作る使い方をマスターしておけば、一品で済ますところを

「これで、もう一品何か簡単な料理できないか?」

と考えられるようになり、献立が豪華になります。

もう1つ、”ポン酢”を追加しました。

これも、他の調味料と同様2~3日で腐るようなものでなく、
かなり長期保存ができますし、

使える用途が多いので「1本」冷蔵庫においておくといいと思います。

今回は、このポン酢とオリーブ油で簡単で美味しいドレッシングを伝授します。

冷しゃぶや冷奴などにかけても旨いので、
さっそくレシピをみておいてください!
↓↓

【材料】(1人前強)
豚ロース肉・・・100g
芽にんにく・・・2/3P
玉ねぎ・・・1/4個
人参・・・(小)1/3本(30g)

《ジンジャー醤油だれ》
おろし生姜・・・5g
酒(清酒)・・・15cc(大さじ1杯)
みりん・・・10cc(小さじ2杯)
濃口しょう油15cc(小さじ1杯)

わかめ・・・1つかみ
サラダベース・・・1/3(残り全部)

《手作り人参ドレッシング》
人参・・・30g
みりん・・・5cc(小さじ1杯)
ポン酢・・・30cc(大さじ2杯)
オリーブ油・・・15cc(大さじ1杯)

豚ロース肉(脂身)・・・50g
トマト(大)・・・1/2個
もめん豆腐・・・1/3丁
青ネギ・・・1本

合わせ味噌・・・35g~40g
(豚肉の脂身を入れるので少し濃い味の
量に設定してあります)
カツオ出汁の素・・・2g
水・・・500cc

1、 「手作り人参ドレッシングのわかめサラダ」 のサラダベースと
わかめを盛り付けて、冷蔵庫で冷やしておきます。(ラップは無用)
(中央に穴を空けておくとドレッシングが中の方までかかります)
2、豆腐1/3丁だけ使います。
(1/3丁は1日目に使っているので残り1/3丁です)
3、トマトは”一口大”の乱切りに。
(ひし形をイメージしながら切るとだいたい乱切りになります)
4、 「豚ロース肉と芽にんにくのジンジャー醤油炒め」 の人参を切ります。
2/3本分(細い方2/3)切り落とし、3mm厚で
斜めの輪切りにします。(4~5枚、残りはすりおろします)
5、ずらして重ね、同じ厚み(3mm)で刻みます。
6、玉ねぎは5mm厚にスライスします。
(熱を通す料理の場合は、少し厚めの方が歯応えが残っていいです)
7、芽にんにくは、刻んだ人参とだいたい同じ長さに切ります。
(約4cm)
8、次、生姜は、皮の汚れた(腐敗)部分を削り落とし、
2mm厚で輪切りにします。(5~6枚、残りはすりおろします)

(この輪切り生姜を、ジンジャー炒めに加えます、
生姜はそのまま食べる方が栄養分がよく摂れます)
9、青ネギは斜めに極細で刻んでおきます。
(1束分全部刻んでおいてもOK、次回が楽です)
10、豚ロース肉は、広げて重ね、脂身の多い部分を1/3切ります。
この脂身部分を 「豚汁」に 使い、脂身の少ない部分を「ジンジャー炒め」に使います。
11、残りの人参をすりおろします。
(下にボウルをおいてます)
12、生姜の残りも皮ごとすりおろします。
(回しながら、すりおろすと細かいおろし生姜になります)
13、次に、 ボウルに《ジンジャー醤油だれ》 の調味料を合わせ、
おろし生姜も入れて混ぜます。
14、 「手作り人参ドレッシング」を作ります。

その前に、「豚汁」用の湯を沸かしておきます。
鍋に500cc水を入れ弱火にかけておきます

おろし人参の入ったボウルにポン酢、オリーブ油、みりんを
加えよく混ぜ、冷蔵庫で冷やします。(ラップ無用)
15、「豚汁」作ります。

弱火のまま、味噌を溶いて、カツオ出汁の素を加えます。
乱切りトマトを入れ、豆腐も一口大にちぎりながら、入れます。
16、続いて脂身豚肉も加え、強火にします。

沸騰直前で火を止めます。出来上がり!
(味見して下さい。脂身が入るので、
少し濃い味(味噌35~40g)にしてあります)
17、次、「ジンジャー炒め」作ります。

フライパンを強火で熱し、豚ロース肉の脂身を少し、
ちぎりとってフライパンになすり付けます。
(油は使わず、豚肉の脂身を油として代用します。
余分な脂肪分を摂らなくて済みます)
18、中火にして、人参を炒めます。
19、人参が少し軟らかくなったら、玉ねぎ、芽にんにく、生姜も加えます。
1分ほど炒めたら、器などに取り出します。
20、強いにして続けて豚肉を焼き、焼けてない部分が
若干残って入るところで(19、)を加えてさらに炒めます。
(焼きすぎると豚肉が硬くなるので)

《ジンジャー醤油だれ》 をかけて絡めたら出来上がり!
器に盛ります。
21、「豚汁」に刻みネギを加えて再度温めます。
お椀に盛ります。
22、「豚ロース肉と芽にんにくのジンジャー醤油炒め」に
刻みネギをのせ、わかめサラダに「手作り人参ドレッシング」かけて完成です!

「ジンジャー醤油炒め」の豚肉ですが、

もし、片栗粉がある場合、まぶしてから焼けば
豚肉が軟らかく仕上がり、”たれ”もよく絡んで美味しくなります。

是非!作ってください!

食材、腐る前に無駄なく使い切る! 佐藤の思いつき料理”2日目”

マセドアンサラダって何?

関連記事

  1. みそ汁を目分量の味噌で美味しく作る方法

    目で覚える!?佐藤です。今回は、「みそ汁を作る時、目分量で味噌を入れても丁度いい…

  2. 鶏もも肉のガーリック醤油焼き

    演出で美味しさが倍増する”お皿”佐藤です。今回は、私が居酒屋に勤めていた時に、大人…

  3. 海老とほうれん草のトマトチリソース煮

    トマト缶で作るちょい辛海老料理佐藤です。「トマトのホール缶を使った海老料理」を伝授します…

  4. 酒の肴!温か豆腐の胡麻みそ田楽

    超!簡単な”味噌”を塗るだけの豆腐料理...佐藤です。今回は、「味噌と豆腐の簡単な…

  5. 12品目の昆布だし野菜たっぷり汁!

    「調味料に手を出すな」野菜の”味だけ”で食べる斬新な野菜汁!佐藤 周生です。「最近…

  6. 熱々!生揚げ

    「生揚げ」で思い出すあの”事故”佐藤です。今回の料理は「揚げたての厚揚げ、…

  7. 彩り野菜と豚ロース肉のせいろ蒸し

    「熱々で食べられる!酒の肴」佐藤です。今回は、「蒸すだけで出来る、熱々!酒の肴」を…

  8. おろしダレの豚丼

    口いっぱいに頬ばりたくなる豚肉の丼佐藤です。私、健康のため(ある理由で)に肉を食べ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP