さばのウコン揚げおかずサラダ

【おかず・酒のアテ】さばにウコンをまぶして揚げ、たっぷりのサラダにのせる!さっぱりで食べられる揚げ物であり、おかずになるサラダです!

肝臓を助ける簡単レシピ

佐藤です。

今回は、「さばを使った健康サラダ」
を伝授します。

今までの私のレシピを一通り作って
くれた方は、分かると思いますが
揚げ物のレシピが少ないのですね。

これは「揚げ物を作ると片付けが
大変!」とおっしゃる読者さんが
多いから(笑)。

確かに油が飛び散ってコンロが油まみれ
になって掃除が大変ですもんね。

またそのうち、揚げ物の後の
「簡単そうじ術」をお伝えしたいと
思います。

ということで私のレシピは煮物や
フライパンで作れる料理が多くなっています。

私自身は、46歳になった今でも揚げ物は
大好きなんですが…

とは言っても、あまりにコテコテの油物
は胸焼けして食べにくい。

でも夏は、揚げ物がなぜか食べたくなり
ませんか?

そこで、今回は久しぶりに揚げ物レシピ。

胸焼けしにくいさっぱり食べられる料理
をご紹介。

しかも、この料理、肝機能の改善も期待
できます。

夏は冷たいお酒類がすすみますから、
肝臓への負担も大きいと思います。

で、その料理は、

「さばのウコン揚げおかずサラダ」

ウコンを混ぜた粉をさばにまぶしカラッ
と揚げる。

これをマヨネーズでササっと和えて
タップリのサラダにのせてサラダと
同時に食べる”おかずサラダ”です。

揚げ物でも生野菜と同時に口に含めば
さっぱりして食べやすい。

揚げ物が苦手な方にもお勧めできます。

ごはんが進むおかずになり、酒の肴にも
なりますよ。

で、肝臓に良い成分がさばの衣に使う
「ウコン」。

特に秋ウコンには 肝機能改善、
胃の健康促進、胆汁の分泌を増進
してくれる「クルクミン」が豊富です。

ポリフェノールの一種。

カレーにも入ってますから、ご存知の
方も多いと思います。

ちなみに春ウコンの方は、ミネラルが
多く、精油成分がかなり多いので、
動脈硬化の予防になったり、ガンの
抑制にもなるといわれています。

春ウコンは、苦みが強いので
料理に使うよりは何かと混ぜて飲む
など、

健康のために特別に摂る食材と考えた
ほうがいいかもしれません。

私も1㎏入りの春ウコンを買って
豆乳に混ぜて飲んだりしてます。

入れすぎるとかなり苦いです…

で、秋ウコンなら苦みも辛みもなく、
いろんな料理に使いやすい香辛料に
なってくれます。

なので、揚げ物の衣としても使えます。
粉に混ぜたり、天ぷら衣に混ぜたり…

こういった使い方をアイディアとして
頭においておけば、ハーブなど他の健康
的な香辛料も使えますよね。

ちょっとでもこういった食材を料理に
混ぜるだけで、質の上がった健康的な
食事になると思います。

「さばのウコン揚げおかずサラダ」

私、朝飯で 作って食べましたが、
さっぱりで食べることができました。
胸焼けなど全くないです。

今回のレシピをきっかけに健康食材を
ちょっとでも料理に加えてみて下さい。
↓↓

【材料】(1人前)
生のさば…片身

(塩サバでもOK)
サラダ…フリルレタス、ベビーリーフ、
スプラウト、玉ねぎ、赤パプリカなど…
(お好みのサラダを作って下さい)
ウコン(粉末)…大さじ1/3杯

(コショウなど香辛料の売り場にあります)
片栗粉…大さじ1杯
(小麦粉、上新粉でもOK)
マヨネーズ…大さじ2杯
粗びき黒コショウ…少々

1、さば(片身)は、少し斜めで6等分に切ります。
両面に塩(分量外)小さじ1/2をふ15~20分おきます。その後キッチンペーパー
で水分を拭き取ります。

2、お好みのサラダを作っておきます。(ササっと水洗い後、しっかり水気をきる)
※簡単なサラダなら、ベビーリーフとスプラウトをちぎって混ぜる。
これなら切る作業がないです。

3、少し大きめのボウルで片栗粉(大さじ1)とウコン(大さじ1/3)を
混ぜます。

4、さばに粉をタップリまぶします。

5、500ccくらいの油を準備、強火で加熱します。170℃になったら、
(4、)を入れます。

6、 165℃~170℃をキープして(中火の弱)、時々裏返しながら3分揚げます。

7、カリッとなったら引き上げ、油分をきります。(バットにキッチンペーパー
を敷く)

8、ボウルに揚げたさばを入れ、マヨネーズ(大さじ2)と和えます。
(サバが崩れないように丁寧に混ぜて下さい)マヨネーズがさば全体に絡めば
OK。

9.平皿にサラダを平らに敷き、中央に(8、)を重ねて盛ります。

10、さばに黒コショウをふって完成です!

ドレッシングは、お好きなものをかけて下さい。
さばにマヨネーズの味が付いていますので、このまま食べても十分おいしいです。

それと「ウコン」は、1~2年長期保存できますので、今回の料理を食材を代えて作ったり、カレーを作る時に風味と栄養強化のために加えたり、単純に簡単なサラダにふりかけたりなどして時々使っていけば、

1年以内に使い切れると思います。

今回の料理の代用食材としては、アジ、イワシ、サンマ。クセのある青魚などが合います(魚全般OK)。

あと肉類なら豚肉、鶏肉でも美味しくできますので、おすすめです。

是非作ってみて下さい。

こちら↓の”さばのおかずサラダ”もおすすです!

ひき肉だしのつけ和そば

ゆで豚バラ肉のピリ辛甘だれ

関連記事

  1. さばの水煮缶で簡単!さばのオイルチーズ焼

    冷蔵庫で眠らせていては可愛そうです...佐藤です。今回は、「さば缶を使ったちょっとこ…

  2. 大海老のマヨチリソース!旬トマトがっつり! おかずサラダ

    「企業秘密の「マヨチリソース」」佐藤です。今回は、「あっさり食える!海老マ…

  3. 健康的に大根を食べる方法

    「健康効果絶大!大根おろし」佐藤です。今回は、「生の大根の優れた栄養効果」…

  4. 栄養キープ!ツナぽてとサラダ

    「栄養摂りたいなら茹でるな!?」佐藤 周生です。今回は、「栄養を逃がさない…

  5. 鯖そぼろと炒り玉子の二色丼

    パクリ寿司の具材でした...佐藤です。今回は、「鯖缶の”味付き”を使ってできる簡単どんぶり…

  6. ▲牛ステーキガーリックバターの豆苗サラダ

    「脂肪を溜め込まない肉の食べ方」佐藤です。牛肉は、好きですか?「ステーキ」、「焼肉」、「す…

  7. 焦げない!みりん干しの焼き方

    必殺!『余熱焼き』魚のみりん干し、真っ黒に焦がしたことがありませんか?佐藤です。…

  8. アマ二油ドレッシングで、 まぐろとひじきのカルパッチョ風サラダ…

    佐藤です。今回は、「手軽にできる、健康油のドレッシングで作る…

コメント

    • KYLIE
    • 2021年 6月 02日

    ウコンって、カレー粉に入ってる「ターメリック」ですよね?
    最近カレーのルーを買わなくなったので、その分スパイスは充実してます。私は殆ど酒は呑みませんが、肝臓はどんな人でも労った方が良いですよね。オイルは以前はオリーブオイル中心でした。最近「こめ油」にはまってます。酸化しづらいそうです。高いのが難点です‥

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP