さば竜田揚げのネギおかずサラダ

【おかず】香ばしいさばの竜田揚げ+サラダで野菜が食べやすい!ふんだんのネギを使った創作おかずサラダです

青臭い野菜を食べやすくする方法

佐藤です。今回は、

「おかずになる”サラダ”」

を伝授します。

サラダで食べる生野菜の種類に
よっては、
青臭くてちょっと食べにくい野菜の
サラダもありますよね。

ドレッシングを多くかける、
種類を変えてみるなどの方法も
ありますが、

このサラダなら、ドレッシングに関係
なく生の野菜を美味しく食べられます。

それがこれ、
『さば竜田揚げのネギおかずサラダ』

醤油たれに漬け込み、味付けした
鯖を揚げた「鯖の竜田揚げ」。

これをサラダにのせてまう…

鯖の竜田揚げにはしっかり味が付いて
いるので、サラダと共に口に含むと
野菜の青臭さが半減して美味しさだけ
が残る。

要は、サラダが食べやすくなる。

「野菜不足だなぁ」感じたときに
もってこいのサラダです。

で、

ドレッシングはかけてもいいですが、
かけなくてOK!鯖の竜田揚げの味で
十分食べられます。

そして、揚げ物ですから、おかずと
しても楽しめる。

サラダとおかずが合わさった、
「おかずサラダ」

レタス、パプリカ、玉ねぎな混ぜて
サラダを作り、揚げた手のさば竜田揚げ
をのせ、さらに刻んだネギをタップリ
添える。

ネギの効果で鯖の臭みも抑えられます。

鯖の竜田揚げは、少量の油でOK。
フライパンで作ることができます。

揚げ物用に大量の油とそれ用の鍋も
必要なし。
「揚げ焼き」という調理法で手軽に
作れます。

で、今回の竜田揚げの衣は、
「片栗粉ではなく「米粉」を使います。

米粉は様々な種類がありますが、
”上新粉”でいいです。

以前にもお伝えしましたが、米粉は、
揚げ物の粉として使うとかなりカラッ
と揚がります。

それだけでなく、油の吸収率が
少ないので余分な脂肪を摂取せず
健康的。

私、最近野菜を食べてなかったので、
「食べやすいサラダはないか?」と
立ち読みしたレシピ本のアイディアを
パクッて、この料理を考えました。

晩めしで作りましたがしっかり食べ
やすい「サラダ」になってましたね。

では、詳しいレシピを公開します!
↓↓↓

【材料】
生さば・・・片身(1/2匹分)
(3枚おろしの”さば”)
青ネギ(太)・・・1本
サラダ・・・適量
(レタスやベビーリーフ、パプリカなど
を刻んで混ぜたサラダ。何でもOK)
揚げ油用の
オリーブオイル・・・適量(50~100cc)
(小さいフライパンで5mmの深さになる量)
米粉(上新粉)・・・10g

【さばの漬けだれ】
酒(清酒)・・・30cc(大さじ2杯)
濃口醤油・・・15cc(大さじ1杯)
薄口醤油・・・15cc(大さじ1杯)
おろししょうが・・・5g


1、さば片身は、6~7等分の斜め切りにします。
(小骨が気になる場合は骨抜きで抜きます。
骨抜きは100円ショップで売ってます)

 


2、ボウルに【さばの漬けだれ】を合わせ、
さばを漬け込みます。
”たれ”がさば全体にからむように漬けます。
しっかり味をつけたい場合は10分間、
薄味で食いたい場合は5分間漬け込んで
下さい。

 


3、さばを漬け込けている間に
青ネギを刻んで「長刻み葱」にします。
根元を切り落とし、根元の方から4cm幅の
斜めにできるだけ細く(薄く)刻みます。

 


4、1本分全部刻めたら、ザルに入れ2~3回
すすぎ洗いします。(すすいだ水の濁り(緑色)が
なくなればOK)

水気をきります。
ここで、「サラダ」も作っておきます。
(面倒なら、市販のサラダでOK!)
※盛り付け後、長刻みネギが残った場合は、
味噌汁などにぶち込んで4日以内に使い切って
ください。

 


5、タレに漬け込んださばをザルにあけ、汁気を取ります。
米粉をさば一つ一つにタップリまんべんなく付けます。

 


6、さばを「揚げ焼き」します。

フライパンにオリーブ油を入れ、熱くなったら、さばを一つづつ入れます。
(オリーブ油のドロ~ッと感がなくなり、サラッとした状態になったら熱く
なっているので”さば”を揚げ始めるタイミングです)

油が少量なので半分揚げたら裏返し、反対面も揚げます。
両面、弱火で各1分半。

カラッとなったらキッチンペーパーを敷いたバットなどに取り出します。
(※さばに粉を付ける前に揚げ油を準備しておくと、粉をつけたらすぐに
揚げれるので料理がスムーズ、時短になります)

 


7、平らな皿にサラダを敷き、中央を少しあけさばの竜田揚げを円形に盛ります。
中央にガサッと長刻み葱をタップリ盛ったら完成です!

さばと葱とサラダを同時に食べると
さっぱりで旨いです。

 

「さばの竜田揚げ、ガッツリ!ねぎ
サラダ」は、

さばにしっかり味が付いてるので、
ドレッシング無しでも十分食べられます。

お好みで、マヨネーズをかけたり、
ドレッシングをかけてもOKです。

私は、
オリーブ油の手づくりドレッシングを
かけて食べました。
これ、旨かったです。

鮮度のいい鯖を見つけたら、是非!
作ってみて下さい!

あじ、さんま、いわし、豚肉、鶏肉
でも応用できます。

 

2+

時短技で作る!手羽元の鶏肉じゃが

ホタテと彩り野菜のバター焼

関連記事

  1. 胡麻マヨネーズの彩色スティックサラダ

    練り胡麻を使う時に最も大事なこと をお伝えします。佐藤です。練り胡麻を料理に使う…

  2. さわらと若布のあっさり煮付け

    本来の魚の煮付けとは?佐藤です。”魚の煮付け”を、「味をしみ込ませて食べる料理」…

  3. カラッと揚がる!揚げ物のコツ

    やっぱりこれが一番大事かと...佐藤です。今回もたくさん頂いた質問の中から1つお答え…

  4. ネギ味噌

    塗ったり、かけたりするだけ...佐藤です。今回は、”ネギ味噌焼”などに使える「ネギ…

  5. びんちょうマグロのネギ味噌焼

    パサパサ食感防止のための食材選びとは?佐藤です。今回は、魚のネギ味噌焼で「びんちょ…

  6. 熱々!とうふの焼ネギ生姜だれ

    佐藤です。今回は、家庭でも手軽に作れる「居酒屋」一品料理を伝授します。酒好きには…

  7. ブリ切身と長ねぎの照焼き丼

    DHAは、ブリで摂りましょう!なぜなら...佐藤です。今回は、「簡単!魚の丼めし」を…

  8. 焦げない!みりん干しの焼き方

    必殺!『余熱焼き』魚のみりん干し、真っ黒に焦がしたことがありませんか?佐藤です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

★季節のおすすめレシピ

写真

夏レシピ一覧⇒

ひんやり冷たい料理、さっぱりする酢っぱい系料理、ピリッ!と辛い料理など、暑さをしのぐ夏のレシピをまとめました!

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2020年10月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP