鯛のかぶらおろし鍋

簡単なのに高級な味の一人鍋!

佐藤です。

「基本の鍋出汁」を、ちょっと応用するだけで、簡単に高級な”鍋だし”に変貌させる方法を暴露します。

「基本の鍋出汁」とは、出し汁(水と粉かつお節)とみりん、淡口醤油を、『12:1:1』の”割合”で合わせた出し汁です。

この「割合」で合わせるとどんな鍋でも美味しく作れる魔法の『出し汁』です。

寄せ鍋、うどんすき鍋、カニすき鍋、もつ鍋、つみれ鍋、出し湯豆腐etc….

これらの「鍋」全部に適用できます。

何度かお伝えしていますが、あなたは習得できましたか?

”出し汁12:みりん1:淡口醤油1”です。

で、今回は、この鍋出汁を応用して”高級な味の鍋出し汁”にする方法です。

応用と言っても簡単です。

淡口醤油を減らして、『塩』を加えます。

淡口醤油”1”を淡口醤油(0.3)+塩(0.7)にします。

これだけで高級感が出ます。

淡口醤油で減らした分の塩気を塩を加えて塩気を補うイメージです。

塩が入ると上品な味になります。

例えば、お吸い物、ほぼ塩味ですが上品です。

あなたも1度は飲んだことがあるはずです。

お下品な味ではなかったと思います。

ただ塩を加えるだけでお吸い物のような上品な味の「鍋」が食えるのです。

あなたは、家にいながら”料亭”の味が楽しめます。

この、『塩』が入った”基本の鍋出し汁”を最も活かせる、
「鯛のかぶらおろし鍋」で作り方を伝授します。

鯛とかぶらは相性抜群です。

関西では、基本の煮物に「鯛かぶら」っていう料理があるくらいです。

私が、20代の頃、業者に10万円で買わされた「日本料理新技術全書」にも載ってます。

日本料理の専門書は、高額な本ばかりです。

勉強にはなりますけど…

久しぶりに親父と食事をする時間があったので、この鍋を食わせたら、無言で黙々と食べてました。

私は、先に食事を済ませあくる日、冷蔵庫を見たら、いつもなら捨ててしまう出し汁を鍋ごと残してありました。

親父は、出し汁で雑炊を作るつもりだったのでしょう。

多分、雑炊を食べる前に腹が一杯になったんだと思います。

そりゃまぁ、「これでもか!」ってほど野菜を入れてましたからね…

美味しすぎて無言で食べてしまう、
「鯛のかぶらおろし鍋」の作り方です!
↓↓

【材料】 (1人前)
鯛の切り身…100g(6~7切れ)


切り身になっている鯛を買って来て下さい。
骨付きでもOKですが、うろこは取ってある鯛切り身がいいです。
ちなみに私は、298円の安い鯛の切り身を買いました。
7切れで骨なし、うろこ無しでした。


白菜…100g(中2枚)
しめじ…30g
白ネギ…20g(2切れ)
春菊…15g
もめん豆腐…100g(約1/3丁)
かぶら…100g
(小さいものなら1個、大きいかぶらなら1/4個)

【鍋出し汁】
水…420cc
みりん…35cc
淡口醤油…10cc
塩…2g
粉かつお節…小さじ1

1、白菜は、流水で洗って4cm角くらいに切ります。

茎は小さく、葉は大きく切ります。

(熱の通りを均等にするためです)

・しめじは、根元を切り落とします。

・白ネギは、6cmの長さで斜め切り、2切れ。

・豆腐1/3は、3~4等分に切ります。

・春菊は根元を切り落とし、流水で綺麗に洗って土を落します。
2、かぶらは、皮剥きで皮を剥きます。

おろし器でかぶらを回しながらすりおろします。

(回しながらおろすと繊維が残らず細かくなります)
3、ザルに入れ、水分を切ります。

軽く手で押さえて水分をしぼって下さい。
4、「基本の鍋出し」の水、調味料を一人鍋に合わせます。

強火で加熱します。
5、沸騰したら、白菜、しめじ、白ネギ、豆腐を入れます。

白菜は、茎の部分を底の方に、葉の部分はその上に入れて下さい。

再度沸騰したら中火にします。
6、野菜類が煮えてきたら、「鯛の切り身」を入れさらに焚きます。

1分くらい焚けばOKです。

(焚きすぎるとパサパサになり、食感が悪くなります)
7、最後にかぶらおろしをドバッ!と加えて、春菊を入れ1分焚いたらできあがりです!
8、冷めないうちに食べて下さい。

今年は、「みぞれ鍋」が流行だそうです。

明日、作って食べてください!

あなたが”塩分”を気になさる場合は塩の量を減らしてください。

里芋衣かつぎ

18になって初めて食べた心に滲みる「味噌汁」…

関連記事

  1. 京風湯豆腐

    家で味わえる!本場!京都の湯豆腐今回は、『京風湯豆腐』の作り方を伝授します。佐藤 …

  2. しっとり食感!茄子と鯛の焼き浸し

    焼き魚、失敗したら”この調理法”...佐藤 周生です。今回は、「茄子と鯛の焼き浸し…

  3. 牡蠣ときのこの生姜だし鍋

    牡蠣をあっさり味にするとなぜ美味しくなるのか?佐藤です。冬と言えば、これ!…

  4. かぶと豚バラ肉のトースター焼き

    「ほったらかし調理で自然な美味しさ」佐藤 周生です。今回は、「カブと豚肉で簡単一品…

  5. さば缶の和風スンドゥブチゲ

    サバ缶で斬新な!?韓国鍋佐藤です。 辛い鍋、好きですか?... 辛い鍋が好…

  6. たっぷり水菜と豚バラ肉のハリハリ鍋

    「塩」VS「脂」脂ッ気の多い鍋に合う「鍋出し汁」の作り方を暴露します。佐藤 周生で…

  7. 豚バラ肉とこんにゃくの蒸し鍋

    「低温蒸し煮で旨い鍋」佐藤 周生です。「顔をテカテカにするとお金が入ってくる!」…

  8. 関西風透き通る!おでん”出し汁”の作り方

    「透き通る!?簡単おでんの出汁」佐藤です。読者さんにご質問頂いたので、更新しました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP