濃厚ゴマの香り!玉ねぎ入り、 健康キムチ納豆

「健康=1gで8億個!」

納豆が嫌いな方、ごめんなさい先に謝っておきます。

でも…

佐藤です。

今回は、「腸を超健康にする!強靭”乳酸菌”大増殖料理」を伝授します。

健康志向の方なら納豆は頻繁に食べると思います。

「臭い!」「無理!」という方もいるとは思いますが、私のオススメは毎日1P。

女性は、それ以上食べてもOKですが、男性は「ホルモン」の関係で食べ過ぎるとマイナス効果になることも…

なので、男性は”1日1P”がベスト。

で、「納豆」プラス、さらにあなたに健康になって頂きたく、オススメしたいのが、『キムチ』

これも「臭い!」「辛い!」「無理!」という方もいるとは思いますが、これは無理してでも食べてほしいです。

なぜなら”乳酸菌”を有効に摂取できるから…

近年、「腸の健康が大事」という話はあなたもよく聞くと思います。

腸の健康には「善玉の腸内細菌」を増やすことが必須。

これもご存知のことでしょう。

善玉菌のビフィズス菌や乳酸菌を摂って腸に届くことで腸が良くなっていくのですね。

その「乳酸菌」ヨーグルトで摂れる「動物性乳酸菌」より、『キムチ』などから摂れる「植物乳酸菌」の方が腸までちゃんと到達する可能性が高いのです。

「動物性乳酸菌」は胃酸で死滅しますが、『キムチ』の「植物乳酸菌」は胃酸にも負けない強靭な「菌」を含んでいて腸までしっかりと。

その強靭な「植物乳酸菌」は何種類かあるのですが、代表的なのが、
「ペデイオコツカス・ペントサセウス」

「なんと読みにくい名前だ!」と思われるかもしれませんが、この菌がたくあん、しば漬け、『キムチ』など漬物に含まれています。

あとは、「テトラジェノコツカス・ハロフイルス」

これは、「味噌」に含まれる強い菌。

他にもあるのですが、この2つが有名。

漬物類は塩分を多く含み「菌」の発酵の際には不適当な環境です。

上記の乳酸菌はその過酷な中で育つので強く、活発なのですね。

で、漬物は腐敗を抑えるため、塩分を多く使いますが『キムチ』は唐辛子が腐敗菌の繁殖を抑えるため他の漬物より塩分量が少なくて済みます。

また、その唐辛子の殺菌効果よって雑菌は増えず、乳酸菌のほうが発酵して増えていきます。

熟成期間にもよりますがキムチの乳酸菌の数は、【1gで8億個】他の漬物の数十倍から数百倍も多く含まれています。

3口くらいの50g食べれば、50倍の”40億個の乳酸菌”が摂れる…

尚且つ、胃酸に強くあなたの腸まで届く可能性が大!

そして、健康な腸へ。

これ、食べないわけにはいかないでしょう。

こういったことで他の乳酸菌が摂れる食品を外して『キムチ』を無理してでも食べて頂きたいのですね。

で、さらにこの『キムチ』の乳酸菌を有効に摂れる”料理”があります。

それは、「納豆」と「キムチ」を混ぜた料理。

乳酸菌は、納豆の納豆菌を食べて増えることが最近の研究でわかってきました。

納豆と混ぜると1時間後には数倍になるほど…

これに、生の玉ねぎを混ぜれば玉ねぎに含むオリゴ糖が乳酸菌の”まかない”になっていっそう増殖。

「納豆」、「キムチ」、「玉ねぎ」を混ぜることで有効的に「乳酸菌」が摂取できるわけです。

で、栄養面でだけでなく料理としての”おいしさ”も考え、私が付け加えたのが、”胡麻油、ゴマ、大根おろし、ネギ”これらが加わると納豆とキムチの臭みが抑えられ食べやすくなります。

味は、キムチに付いている”味”のみ。

余分な味付けは施しません。

ついでに、大根の酵素が消化を助ける役目もしてくれ、ゴマで「カルシウム」、胡麻油からは「オレイン酸」も摂れます。

これ私、ほぼ毎日食べていますが美味しくて飽きないのです…

ごはんに最も合いますが、そのまま”酒のアテ”として食べてもOKです。

レシピというほどでもないですが、是非食べてほしいので、簡単レシピを見ておいて下さい!
↓↓

【材料】
(きっちり同じ分量にしなくてもいいです,おおよその分量でOKです…)
納豆…1P
キムチ…50g
玉ねぎ…15g
大根おろし…少々
刻みネギ…少々
胡麻油…5cc
白胡麻…1つまみ(3本指)

1、ボウルに納豆とキムチを入れ混ぜ、できれば1時間くらいおきます。

(ラップして温度の低い場所におく。もしくは冷蔵庫へ)
2、玉ねぎをみじん切りにします。

薄くスライスするのですが、玉ねぎの奥側は切らずにつながったままにします。
3、向きを変え(繋がった部分を左に)、右横から繋がっている部分まで切りこみを入れます。

(1~2箇所)
4、(3、)の向きのまま、右から細かく刻みます。

(自然に「みじん切り」になります。

この刻む作業の際に一部分が繋がっていると、玉ねぎがバラバラにならず刻みやすいです)
5、みじん切り玉ねぎを(1、)に入れよく混ぜます。

(玉ねぎは洗う必要はありません、みじん切りにしたらそのまま入れます)
6、小鉢に小高く盛り付け、胡麻油を少しかけ、大根おろし、刻みネギをのせて白胡麻を散らしたら完成です。

混ぜながら、食べてください!

「もう少し濃い味がいい!」という場合のみ濃口しょう油をちょっとだけ(小さじ1/2杯)入れて混ぜてください。

是非、ためしてください!

いや!、毎日作って食べて下さい!

「鶏ささ身肉のしそ挟み焼き」&「シャキシャかぶらキサラダ&豚スペアリブとコッテリ煮玉子」

ほかほか暖まる!あなごと焼豆腐の旨だし鍋

関連記事

  1. 鰆と長芋のグリル焼き 玉ねぎおろし餡かけ

    グリルで焼いて、餡かけるだけのビールのアテ佐藤です。「焼魚」、みんな好きですよね。…

  2. 料理を美味しくするための「適切な玉ねぎの切り方」その1

    「あなたは、知っていますか?」佐藤です。今回は、「汁物や煮込み料理が劇的に美味しく…

  3. たっぷり野菜あんのとろとろオムレツ

    創作料理店で好評だった「餡かけオムレツ」とは?佐藤です。今回は、「野菜たっぷりの餡…

  4. やわらか鶏もも肉のしょうが焼

    この秘伝のタレで最高の生姜焼きができる 佐藤です。豚肉のしょうが焼きは、和食の中で…

  5. 牛肉と玉ねぎのしぐれ煮丼

    吉野家の牛丼とは、ここが違います...佐藤です。今回は、「肉の簡単どんぶり」を伝授…

  6. 熱々!牛肉すき焼きうどん温玉のせ一人鍋

    調理時間”10分”必ず短縮できます!佐藤です。「煮物料理を高速で作る方法」を伝授し…

  7. キムチでギョ-ザ鍋!

    「残ったギョーザの皮で・・・ 柚子こしょう出し汁のキムチギョーザ鍋」佐藤です。前回…

  8. 春キャベツとホタテ貝の玉子スープ

    「春づくしの簡単とろ~りスープ」佐藤 周生です。春の食材づくしで「スープ」を伝授し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP