桃色タルタルソースの白身魚フライ

ピンク色のタルタルソース!?

佐藤です。

見出しを見て、

「ピンク色のタルタルソース?」
「何、それ?」

と思いませんでしたか?

本来、白い「タルタルソース」がなぜ桃色なのか?

それは「レシピ」を見てのお楽しみ。

使う食材に秘密があります…

この「桃色のタルタルソース」、私が32歳の時、和風創作料理店で働いている時に覚えたもの。

このお店、斬新な料理を出していたので、和食だけを学んできた私には新鮮でした。

例えば…

「エビのチリソース」にチーズを加えたり、「豚の角煮」でも豚バラ肉ではなく、豚のスペアリブを使ったりに、今や定番料理となった「エビマヨ」のマヨネーズが三色だったり…

「見た目が鮮やか」、「盛り付けが豪快」など、ほとんどがおしゃれな感じの料理…

若いお客さんがターゲットのお店だったので、こういった料理がウケるわけです。

そんな斬新な料理の1つに「カニクリームコロッケの桃色タルタルソース」という一品がありました。

で、この店、創作料理店と言っても、大枠のジャンルで言えば「居酒屋」…

手作りではなく、既製品のカニクリームコロッケを使ってましたから

「そのままでは出せない」「手を加えないと…」

ということで、普通のソースや普通のタルタルソースではなく、

「桃色タルタルソース」を添えて提供。

お客さんには好評で、「何入れてんのこれ?」とかよく聞かれました

タルタルソースに加える「秘密の食材」は、ちょっと甘めでコリコリした食感がタルタルソースとよく合う。

この食材が加わるだけで、桃色のユニークなタルタルソース変化します。

作り方も簡単!

「秘密の食材」と玉ねぎをみじん切りにして、マヨネーズを加えて混ぜるだけ…

ちょっとした「隠し味」も加えるとさっぱり食べやすくなります。

そのお店では、クリームコロッケ以外にもカキフライに付けることもありました。

今回は、「白身魚のフライ」でこのタルタルソースおすすめしようと思います。

白身のフライにも「桃色タルタルソース」はピッタリです。

さっそく作り方説明します!

↓↓

【材料】 (1人前)
カレイ切り身(剥き身)・・・200g

(代用は、白身魚はタラ,タイ,シャケ。青魚はアジ,サンマ,イワシ、サワラ)
塩、コショウ・・少々
揚げ油・・・約400cc

乾燥パセリ(あれば)…少々

【衣】
小麦粉・・・20g
水・・・・・・・20cc
卵(L玉)・・・半分
小麦粉(カレイにまぶす用)・・・20g
パン粉・・・・30g

【桃色タルタルソース】
マヨネーズ・・・50g
福神漬・・・20g(濃い赤色のタイプ)
玉ねぎ・・・1/4コ
穀物酢・・・少量

1、玉ねぎ(1/4コ)は、みじん切りにします。
2、福神漬(20g)は、黒いと部分を取り除いて、みじん切りにします。
(2mm大のみじん切りになっていればOK)
3、ボウルに玉ねぎ、福神漬け、マヨネーズ(50g)を入れ、よく混ぜます。
(さらに少し「酢」を加えると甘みが抑えられ、さっぱりした味になります)

冷蔵庫で冷しておきます。
4、カレイを一口サイズで5切になるように切ります。
(厚さ1cmくらいで4~5cm角)
切れたらバットに並べ、塩・コショウを軽くふっておきます。
5、衣を作ります。
ボウルに小麦粉(20g)と水(20g)、混ぜた卵(1/2コ分)を入れ、よく混ぜます。
6、カレイに小麦粉(約20g)を全体にまぶした後、(4、)の衣を絡めます。
7、パン粉をまぶします。(ボウルにパン粉(30g)を入れる)

手でパン粉を付けるより、パン粉の上にカレイをおいて、ボウルをゆすって
パン粉をまぶしたほうが手が汚れにくいです。
8、パン粉がカレイ全体にフワっと付いている自然な付き方がいいです。
(手で押さえ付けるとかえってパン粉が剥がれやすい)
9、揚げ油を準備します。
(強火で熱し、木の箸を鍋底まで入れて、細かい泡が出てきたら適温)

カレイを油に入れ、揚げていきます。
泡が大量に出たら高温になっているので弱火にします。
10、中火で2~3分、キツネ色になったっら取り出します。
11、平皿の奥側にサラダを盛り、手前にカレイフライを盛ります。

桃色タルタルソースをかけて、乾燥パセリ(あれば)をふって完成です!

今日は「フライ物が食べたい!」という時に「桃色タルタルソース」を作ってみて下さい。

豚カツやイカフライ、串カツなどにも合います。もちろんチキン南蛮にも!

「桃色タルタルソース」は、冷蔵庫で2週間は日持ちしますので、多めに作っておいてもいいと思います。

福神漬けの代用としては、高菜漬け、しば漬け、たくあんなど。

らっきょでも美味しいです。

酸味が効いた漬け物なら大体使えます。

是非、作ってみて下さい。

豚バラのコク!肉汁つけうどん

パリパリ! レンコンチップス

関連記事

  1. 牛肉と玉ねぎのしぐれ煮丼

    吉野家の牛丼とは、ここが違います...佐藤です。今回は、「肉の簡単どんぶり」を伝授…

  2. 残り物野菜の具だくさん汁

    使いさし野菜を汁物にする簡単な味付け法佐藤です。今回は、「冷蔵庫に少しづつ…

  3. 鶏もも肉のハンガリー風

    本格欧風料理、真っ赤に染まる・・生クリーム!佐藤です。和食が専門の私ですが今日は、…

  4. カリカリ!くわい煎餅

    クセになる!?おせち用野菜佐藤です。今回は、「くわいを”つまみ”にして食べる方法」…

  5. 鰆と長芋のグリル焼き 玉ねぎおろし餡かけ

    グリルで焼いて、餡かけるだけのビールのアテ佐藤 周生です。「焼魚」、みんな好きです…

  6. 斬新!胡麻ポテトフライ!?

    胡麻油で揚げる!?黒胡麻ポテトフライ佐藤です。今回は、「斬新なポテトフライ」伝授し…

  7. マセドアンサラダって何?

    「食材、腐る前に無駄なく使い切る! 佐藤の思いつき料理”4日目”」「海老と豆腐とゴボウの食…

  8. 厚切り豚バラ肉の醤油たれ丼

    ”コッテリ”が食べたい時の豪快!「肉丼」佐藤です。「今日は、なんとなく、脂っこくて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP