最高に旨い!サンマの塩焼

【酒のアテ】秋刀魚の塩焼きを最高に美味しく食べる方法があります!それは通常1回で済ませることを2回行なう。たったこれだけでいつもの三倍の美味しさで味わえます!

佐藤です。

「最高に旨い!さんまの塩焼き

を伝授します。

私は、「さんまの塩焼き」に
かなり恥ずかしい思い出があります。

まだ、大阪で働いていた30歳の時、

脂がギトギトにのった旨い
さんまの塩焼きを内臓も小骨も
食べてしまうのが好きだった私は、

食べ終わった後、のどに違和感を
覚えました。

「喉になんかひっかかっとる…」

「チクチク、気持ち悪い」

鏡で喉の奥の方をのぞくと、
いました、ピンッ!と立った
「小骨」が・・・

しかし、コレが微妙な位置にあって
なかなか取れません。

舌の付け根の奥、指がギリギリ
届かない位置、ピンセット(挟むやつ)
でも届きません。

「ごはんを”ぐのみ”すれば、喉に
ひっかかったものは取れる」

とかいいますが、やっても駄目でした。

何をやっても無駄だったので、
「医者の世話になるか・・・」
と思ったのですが、

どこの病院へ行くべきか迷いました。

内科?、外科?、小児科?
歯医者??ん?、

考えに考えたあげく、「喉」なので
近所の耳鼻科に行くことにしました。

その病院、住宅街に在って
子どもが多く通う「町医者」です。

小さな子ども連れたママさん親子が
ウヨウヨといる中、私一人おっさん
が混ざって受付。

「の、喉にですね、骨がひっかかって
しまって・・・」

と周りに聞こえないようにぼそぼそと
受付で説明し、20分待ったところで
私の診察の番。

「”さんまの骨”が・・」と話すのが
恥ずかしかったのですが、

骨を取って貰わないと来た意味がない
ので、あーだこーだと詳しく説明
しま
した。

口を大きく開けさせられ、

「あ~、コレですね~」

先生の右手に持たれた長~いピンセット
の先には、私を困らせた
”1cm程度のさんま小骨”が
挟んでありました・・・

私「ど、どうも・・・
あ、ありがとうございました・・・」

治療終了…

診察時間たったの『1分』、
しかも初診なので3000円
取られました。

”魚の骨取り治療費3000円”

恥ずかしいし、診察代高いし、
ほんと最悪でした。

それからは、あまり小骨は食べなく
なり、食べてしまった時は、
よく噛み切るようになりました。

あなたも「秋刀魚の小骨」には、
気をつけて下さい。

・・・と、私には、はずかしい
思い出が
あるのですが、

そんなことはどうでもよく、
「さんまの塩焼き」は、やっぱり
旨いです。

新物さんまの出始めは、脂ののりが
イマイチですが、

秋が深まるにつれ、だんだんと脂が
のって美味しくなります。

そこで今回は、「塩焼きさんま」の
美味しい作り方。

ある変った方法を用います。

この方法を熟知しておけば、

あなたは、さんまの塩焼きを
今までの3倍の美味しさで食べること
ができます。

居酒屋の冷凍さんまでは無く、
生さんまの”真の美味さ”を味わえる。

とても簡単なその方法とは…

「2回、塩をあてる(ふる)」

です。

通常、さんまの塩焼きは塩をふって
すぐ焼き始めます。

が、これを2回ふります。

1回目、少なめに塩をふります。
20分~30分置きます。

その後、塩を流水で洗い流し、
もう一度塩をふります。

そこから、すぐ焼き始める。

これだけ・・・

塩を2回に分けてふるのですね。

1回目の塩でさんまの臭みが
水分と同時に出てきます。

流水で洗うことで臭みが取れます。

余分な水分が抜けるときに
身のたんぱく質がアミノ酸などに
変成して、旨味が濃厚な状態に
なります。

1回目は臭みを抜き、旨味を引き出す
ための塩。

で、2回目でしっかり塩味をつけて
あげます。味付けの塩ですね。

コレで美味しくなるわけです。

1つデメリットとしては、時間がかかる

ですが、さんまを買って帰ったら、
すぐ
1回目の薄塩をふっておいて、

その間にごはんを炊いたり、風呂に
入ったり
すれば無駄な時間がなく、
わざわざ30分待つ必要がないす。

私、1回だけの塩で焼いたときと
2回の塩をふったときの秋刀魚を何度
も食べ比べていますが、

圧倒的に、2回の塩をふった秋刀魚の
ほうが旨いです。

塩の臭み消し、旨味引き出し効果は
絶大です。

では、さらに詳しい作り方を説明します!
↓↓↓

【材料】(1~2人前)
さんま…1~2尾
塩…さんまの重さの1~2%
約1~2g(1~2つまみ)

 


1、さんまの両面に切り込みを入れます。側面に横一本の線の模様があります。

 


2、その線に沿って包丁と骨が当って”カリカリ”と音が出るところまで
切り込みます。(エラのところから尾の手前まで)
(この切り方をすれば、内臓が出てこないです)

 


3、1回目の塩を少なめにふります。表面にうっすら塩がつく程度の量。
このまま20~30分おく。

 


4、その後、流水で塩を綺麗に洗い流します。(ボウルに水を溜めておいて
、その中に浸けて洗えば身崩れしないです)

 


5、水気をキッチンペーパーなどで、しっかり拭き取ります。2回目の塩を
ふります。1回目の塩より、やや多くふります。

 


6、グリルですぐ焼き始めます。網に油をぬっておくと皮がくっ付きません
(酢やレモン汁でも同じ効果が得られます)
裏6~7分、表3~4分を目安に焼きます。(頭が左、腹が手前になる向き
で盛るのが基本なので、この向きになる側(左身)が「表」になります)

 


5、きつね色の焼色が付いて、ところどころ少~し焦げが付いているのが
ベストです。

スダチを搾ってかけ、大根おろしに濃口しょう油をかけて食べて下さい。
(これ最も美味しい食べ方です)

 

もし、「塩にもこだわりたい!」と
思ったあなたは、

1回目は、粒子の細かい塩、(浸透しやすい)
2回目は、粒子の粗い”あら塩”がいいです。

さらにこだわるなら、買ったさんまの産地を
調べ、そこで取れた海水で作った塩を
使うのが最もそのさんまに合う塩です。
(どんな魚でも同様)

今秋、「さんまの塩焼き」を食べる時は、
是非試して下さい!

 

 

0

臭みの少ない鰹のタタキ

濃厚胡麻タレの贅沢マグロ丼

関連記事

  1. 胡麻油香る茄子の肉みそ田楽

    美味しい「肉みそ」の作り方佐藤です。「作り置きで様々な料理に使える ”肉みそ”」…

  2. ガッツリでかい!和風あんかけ 軟らかハンバーグ

    佐藤です。今回は、「定期的に料理を楽して作る方法」を伝授します。毎日、手の込…

  3. 豪快!米茄子 エビと昆布の生姜餡かけ

    佐藤です。「どんな茄子にも対応する調理法」を伝授します。夏から秋。「…

  4. 本格味のさんまの山椒煮

    お手軽なのに本格味の「常備肴」とは?佐藤です。今回は、「冷蔵庫に常備できる”酒の肴”…

  5. サワラと彩り野菜の味噌よごし

    味噌を”かける”焼魚の田楽今回は、「”味噌をかけるだけ”の焼き魚料理」を伝授します。…

  6. 銀鮭のいんげん玉子蒸し、 だし浸し

    佐藤です。まず、はじめにお知らせです。今さらといいますか・・・ブログ料理記事…

  7. 鱈のみりん塩こうじ漬け焼

    「塩麹漬け」もっと美味しくなる方法佐藤です。2月後半は、暖かくなる地域も出てくるそう…

  8. 脂分を抑える濃厚味噌の味! 鶏もも肉のネギ味噌焼き

    佐藤です。『玉みそ』で作れる料理、今回は、「脂分を抑えるには濃い味を意識する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP