さんま缶と茄子の浸し

さんま缶が極旨煮物になる!?

さんまの蒲焼の缶詰を利用した
「極旨茄子の簡単煮物」を伝授します。

鍋に市販のさんまの缶詰と出し汁(水、粉カツオ節)と濃口しょう油、酒、みりん、砂糖を入れ焚きます。

その煮汁に油たっぷりでフライパン焼きした茄子を浸け込むだけの一品です。

厳密に言うと”煮物”ではないですが、そんなことはどうでもよくて、とにかくおいしくて簡単にできる料理です。

さんまの旨味は、茄子と良く合うので、さんま缶を”出し”に利用し、茄子に味をしみ込ませています。

焚くとさんまの旨味が煮汁にしみ出てそれが茄子に入り込んでおいしくなります。

1日寝かせるとで茄子が煮汁をメイいっぱい吸い込んでしっかり味が入ります。

最高に美味しい状態で食べられます。

私は、この茄子料理が好きでよく作ります。

今まで、百数十回作ってお客さんに食べてもらい、アルバイトの子や両親にも食べてもらい、
全員に「旨い!」と言わせてきた”100%旨い!”自信満々の料理です。

この旨さ、テッパンの煮物をあなたに是非知ってもらいたいので、レシピ説明します!
↓↓

【材料】
さんまかば焼き缶…2缶
茄子…中2本
サラダ油…50cc

【煮汁】
{出し汁6:酒1:みりん1:濃口しょう油1の割合}
水…240cc
清酒…40cc
みりん…40cc
濃口しょう油…40cc
砂糖…15g
粉カツオ節…2g

1、さんま缶をそのまま使います。
2、鍋に【煮汁】の水と調味料を合わせ、さんま缶も汁ごと全部入れます。

強火で沸かし、沸騰したら弱火で10分焚きます。

10分焚いたら、火を止めておきます。
3、煮汁を焚いている間に、茄子を切ります。

ヘタを切り落とし、縦二等分に切り分けます。
4、皮に切り込みを入れます。

斜めに半分の深さまで、5mm間隔で切り込みます。
5、1/2本を3等分に切ります。
(1本を6等分)
6、大きめのフライパンにサラダ油を入れ、強火で熱します。
7、1分経ったら、弱火にします。

茄子を皮を下にして入れ焼いていきます。
8、皮側が箸で押して軟らかくなっていたら、

裏返して反対側も弱火のまま焼きます。
9、反対側も軟らかくなったら、火を止めます。

キッチンペーパーで残っている油を吸い取ります。
10、(2、)の煮汁をフライパンに流し込みます。

さんまも入れます。

このまま、一晩漬け込んでおきます。
(出しっぱなしでも大丈夫です)

冷めたらラップをかけておきます。
11、あくる日食べれるだけ器に盛って、煮汁もかけて完成です。

残りは、タッパなどに入れ冷蔵庫で保存して下さい。

4~5日、日持ちします。

さんまの旨味がでた出し汁が、茄子の中の中まで味がしみ込んでおいしくなってます。

量が多いので2~3日に分けて食べて下さい。

作ってみてください!

大根と野菜平天のあっさり煮

牛肉とゴボウのおかず味噌汁ごま風味

関連記事

  1. 茄子の薬味しょう油漬け

    【加熱食が体を弱くする】健幸料理家 佐藤周生です。健康に生きるために普段の「食事」…

  2. ツナマヨと茄子の豆乳クリームドリア丼

    私はこれがキッカケで「グラタン」が好きになりました...佐藤 周生です。丼物が好き…

  3. 日本酒に合う!秋刀魚のなめろう

    「季節の魚でなめろう!この食材で味変が楽しめます...」佐藤 周生です。”末枯野(…

  4. 最高に旨い!サンマの塩焼

    佐藤です。「最高に旨い!さんまの塩焼き」を伝授します。私は、「さんまの塩焼き…

  5. ブリとかぶらの味噌煮

    自慢できる「ブリの味噌煮」佐藤です。今回も、『玉みそ』で作れる料理で、「味…

  6. 脂のりのり!美味しい秋刀魚の選び方

    【やっぱり脂がのったサンマは美味い!】今回は、レシピではないのですが、今が旬の美味…

  7. 鯖マヨと蓮根のマカロニサラダ

    サラダを美味しくする方法とは?佐藤 周生です。今回は、読者さんから頂いたリクエスト…

  8. 骨まで食べられる!さんまの山椒煮

    骨まで食べられる!山椒の効いた秋刀魚の煮物佐藤です。「常備”酒の肴”、骨まで食べられる!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
PAGE TOP