ツナと紫蘇ふりかけのペペロンチーノ

【めん料理】紫蘇のふりかけとツナ缶を加えた「和風ペペロンチーノ」!紫蘇とにんにくとオリーブオイルの風味、そして絶妙が塩味がこのパスタをクセになる味に仕上げます!

『メリットだらけの和風パスタ』

佐藤 周生です。

今回は、「時短で作れる和風パスタ」を伝授します。

マンツーマン料理レッスンという私のサービスあるのですが、

これ、受講生さんの料理歴や要望を詳しく聞いて、どんな内容にするかを十分やり取りし、

それから進めていくレッスンです。

1対1のレッスンだからこそ、できるのことなので成果にも繋がってます。

「レパートリーが増えて、アレンジもできるようになりました」
「レシピ、見なくてもできるようになった」
「めんどうだと思っていた料理が実は簡単だと分かって、取り組む気持ち変わった」

など確実に結果を出して頂いています。

このレッスン、大々的には宣伝してないので、もし、ご興味がありましたら、⇒「お問い合わせ・ご相談」から、ご連絡下さい。

で、以前このレッスンに参加された受講生さんから「パスタもレパートリーに加えたい」ということで、お伝えした料理があります。

それが、「ペペロンチーノ」。

ペロンチーノは、にんにくと鷹の爪、パセリという具材に塩で味付けするだけというシンプルなパスタです。

塩味だけとは思えないほど、クセになる味。

程よくピリ辛なところもクセになるポイントになっているのではないかと。

で、「塩で味付け」といっても、直接塩をふるのではなく、パスタを茹でた「茹で汁」で味付けする。

茹で汁には塩を加えますから、塩味が付いてますよね。

ペペロンチーノの本場の作り方はこれが基本でして、塩が茹で汁(湯)に溶け込んでますから、これで味付けすることでパスタ全体にしっかり塩味が絡んで味ムラも出ない。

塩というのは意外と溶けにくいので、和食のお吸い物でもプロ料理人は「塩水」を使って味付けします。

これ、美味しく作るための大事なポイントとも言えるかもしれません。

そして、

ペペロンチーノは、具材を切る作業も少なく、パスタを茹でてソースを絡めるだけですから短時間で作れるところが何よりのメリットです。

さらに「パスタを短時間で茹でるズボラな方法」を活用すれば、もっと時間短縮で作れる。

パスタ作りで面倒と感じる要因の1つは「茹でる作業に時間がかかる」ことだと思いますので、2~3分でゆで上がるそのズボラ法はかなり魅力ではないかと。

また、もともと具材が少ない分、何かちょっと具材を加えるだけで簡単にアレンジもできます。

で、これ、本格的に作ればソースを乳化させるなど細かいポイントもありますが、そこまで考えなくてもそれなりに美味しくできるので気軽に作って頂きたい…

ペぺロンチーノのご要望を下さった受講生さんには、基本のペペロンチーノをお伝えしたのですが、

今回は、具材も加え和風にアレンジしたペペロンチーノを伝授!

「ツナと紫蘇ふりかけのペペロンチーノ」

紫蘇のふりかけ(できれば無添加)を加えることで、あっさり感が増し、風味も良い和のペペロンチーノになっています。

そして、ツナ(缶)を具材にし、ボリュームも増して、たんぱく源にもなるのでパスタ全体の栄養価も上がります。

ツナは基本的に塩漬けになっているので、ペペロンチーノとすごく合いますね。

私、いろんな具材で試食しているのですが、今のところツナと紫蘇ふりかけのコンビが最強に美味しくできます。

それでは、レシピ公開!
↓↓

【材料】(1人前)
パスタ…100g(1.4mmを使用)
ツナ缶…50g
にんにく…1片
紫蘇のふりかけ…小さじ1/2杯
紫蘇のふりかけ(飾り用)…少々
鷹の爪…1本(一味唐辛子で代用可能)
オリーブ油(キャノーラ油などでもOK)…大さじ1杯強
パスタの茹で汁…大さじ2杯強(35cc)

パスタ茹で湯】
水(湯)…2リットル
塩…大さじ1杯強(20g)

『パスタを時短で茹でるズボラ法』は、
こちら↓

1,パスタは、茹で時間を短縮させるため、水に浸けて軟らかくしておきます。(1時間~)

※パスタが入る大きさの容器が無い場合は、空のペットボトル(2L)の上部を切り落として容器にして下さい。

少しハミ出ますが、やわらかくなると自然に全体が浸かります。
2,鷹の爪は、上部をちぎり取って種を取り除き、熱めのぬるま湯に浸けてやわらかくします。
3,やわらかくなったら、2mm幅の輪切りにします。
4,にんにくは、みじん切りにします。

みじん切りのやり方は⇒こちら(クリック)
5,具材の準備ができたら、パスタを茹でます。

大きめの鍋に湯(2リットル)を沸かし、塩(大さじ1杯強:20g)を加えます。

沸騰したところにパスタを入れ、1分~3分茹でます。(太さによって変わる)(今回は1.4mmを使用:1分30秒)
6,茹でたら、ザルに引き上げます。(茹で汁は使うので残しておく)
7,フライパンにオリーブ油(大1強)とにんにく・鷹の爪も入れ、弱火にかけます。

にんにくに少~し色が付くまで弱火のまま炒めます。(1分)

※鷹の爪ではなく、「一味唐辛子」を使う場合は 、パスタをと混ぜる際に加えて下さい。
8,にんにくに少し色が付いたら、紫蘇ふりかけ(小1/2)を加えます。
9,パスタの茹で汁(大2)も加えます。
10,ツナも入れて、フライパンをゆすり、ツナに熱を通します。
11,30秒後、パスタを投入。素早く混ぜ、(10,)を全体に絡めたら出来上がり!

※鷹の爪ではなく、「一味唐辛子」を使う場合は、ここで加えて味見して辛みを調節して下さい。
12,器に高くなるように盛ります。

※この時、鷹の爪を取りだして飾りに使います。
13,鷹の爪を散らして盛り、紫蘇ふりかけを少々ふって完成です。

切る作業はにんにくと鷹の爪だけ。

10分もあれば作れます。

紫蘇の香りとにんにくの風味がマッチし、塩味だけのシンプルな味付けですが、クセになる味のパスタです。

もし、「材料費がかかっても構わない」という方は、お湯ではなくカツオ昆布の「出汁」で茹でてみて下さい。

塩の量は同じ。

さらに旨味の強い、和の風味も濃い、最高に旨い和風ペペロンチーノを食べて頂けます。

是非、今日にでも作ってみて下さい。

【豆知識】卵と玉子

美味しさ増す!薬味ごはんのカツオ叩き丼

関連記事

  1. 具だくさん野菜チャーハン

    「冷蔵庫の残り野菜を使いきれ!」佐藤 周生です。今回は、「冷蔵庫の中途半端…

  2. 牛肉と牛蒡の玉子とじ丼

    牛肉と牛蒡のガッツリ!玉子とじ丼佐藤です。肉や魚とささがき牛蒡を焚いて、溶き玉子を…

  3. 鮭の和風アクアパッツァ

    簡単!フライパンで蒸し焼するだけ!佐藤 周生です。私が、地元岡山に帰って働いた居酒…

  4. 手間なし!若筍茶碗蒸し

    20分弱で作れます...佐藤です。茶碗蒸しと聞くとやっぱり、「めんどくさそう…」と…

  5. 豚肉とブロッコリーの胡麻みそ炒め

    緑黄色野菜の栄養を無駄なく摂る秘訣佐藤です。普段料理を作っていて、「これ、…

  6. タコと春菊のガーリック炒め

    『ビールが進む!ガーリックたこ炒め』佐藤 周生です。「簡単で病み付きになる酒の一品…

  7. 新玉ねぎと合挽肉の和風スパニッシュ

    「焦がさず焼ける!謎のテクニック」佐藤 周生です。今回は、「出汁が入って軟らかい和…

  8. なめこの玉子雑炊

    美味しさ5倍増!味の変化が楽しめる「ある調味料」とは?佐藤 周生です。今回は、「あ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP