豪快!春キャベツと挽肉の和風スープ煮込み

【おかず・汁物】挽肉でスープを作り、春キャベツを加えて15分煮込むだけ!やわらかくなったキャベツの甘味と肉の旨味が溶け出たスープが最高に旨い!

【春を感じる15分のおかずスープ】

建幸料理家・健幸アドバイザー 佐藤周生です。

今年の2月は、温かい日が多いですよね。

2月という感じがしない…

とはいえ、まだまだ寒い日も多く、冬真っ最中ですが、この「食材」からは少し春を感じて頂けると思います。

それは「春キャベツ」。

今回は、「春キャベツを豪快に使った簡単煮込みスープ」を伝授します!

スーパーの野菜コーナー、春の食材が続々と出てますね。

菜の花、ふきなど山菜や新玉ねぎも。

私の中で春の料理は、桜や快晴のイメージからなのか、すごく明るくて元気が出てくる感じがするんですね。

盛り付けでも緑色・白色・ピンク色が多く、それで華やかな気持ちになってくる…

なので、スーパーで春野菜が並び出すと、

「この食材であの春料理を作ろうかな」って想像して、なんだか楽しくなるわけです。

例えば、こんな前菜とか…

左からカマスの寿司、菜の花浸し、ゆり根梅肉、胡桃の甘露煮、桜花大根人参、ふきのとう田楽…

奥側は分からないです…

右奥は豆かな。

赤いのは「ちょろぎ」。これは中国原産のシソ科の仲間で根の一部です。

前菜は綺麗なのですが、ここまで凝った料理するとめちゃくちゃ大変なので、このうちの2~3つを作ってみようかな?と妄想して楽しくなるいわけです。

で、話を戻しまして、

春野菜といえば、これもその1つ。

「春キャベツ」。

通常のキャベツよりやわらかく、食べやすい。

生で食べると辛みを強く感じますが、イソチオシアネートっていう成分で抗ガン作用があり、積極的に食べて頂きたい。

生キャベツをたくさん食べてアレルギーが改善したという話もありますから。

この春キャベツも「春が近いなぁ」と感じさせてくれる野菜ですね。

今回は、これを使ってご豪快&簡単な一品をご紹介!

春キャベツはザックリ大きく切って、濃厚な旨味の挽肉スープを作ってその中にキャベツを入れ、ササっと15分煮込む!

これだけ…

大切りキャベツはそのまま器に盛るので、豪快に仕上がります。

春キャベツは元々がやわらかいので、15分も煮込めばスプーンで切れるほどやわらかくなる。

挽肉の旨味、キャベツの甘みがスープに溶け出て美味!

このスープと共にキャベツを食べれば、もう最高です!

基本的には汁物ですが「ポトフ」とか「シチュー」のような感じで、これだけでもおかずになる料理ですね。

あとは、サラダとか発酵食品で酵素が摂れる料理を加えて頂ければ、献立的には完璧!

で、私、新レシピの試作では、いつも1つは手直しが必要なのですが、

『豪快!春キャベツと挽肉の和風スープ煮込み』

は、手直し一切なしで一発で美味しくできました。

それほど簡単にできるということですね。

出来立ての熱々で試食したら舌を軽くやけどしました(笑)…

でも体も温まって、スープがめちゃ美味しかったです。

キャベツの甘味ってなんだか優しい感じがします。

春キャベツでなくても、冷蔵庫に通常のキャベツ(と挽肉)があれば今晩にでも作れますよ。

今回は、スープで加熱料理ですから、酵素は摂れませんが、”体を温める汁物料理”としてレパートリーに加えて頂きたいです。

レシピ、見て下さい!
↓↓

【材料】分量備考
春キャベツ(キャベツ)(中)1/4コ(500g)
乾燥パセリ(飾用)(あれば)少々
【スープ】分量備考
合挽きミンチ肉(牛・豚)100g挽肉何でもOK
600cc
大さじ2杯
みりん大さじ1杯と1/2杯
淡口しょう油大さじ1杯と1/2杯
コショウ少々できれば黒コショウ
1、キャベツ(1/4コ)は、縦半分に切っておきます。
2、スープを作ります。

鍋に挽肉(100g)を入れ、押しつぶすように混ぜます。(火はまだ付けない)
3、水(600cc)を少しづつ加えながら混ぜます。

混ざったら強火にかけます。
4、沸騰してきたら弱火に。

アクが浮いてくるので、すくい取ります。

※アクと挽肉が混ざっているので、アクだけを取るようにする。
5、ある程度、濁ったアクが無くなったら、

酒(大2)、みりん・淡口しょう油(各大1と1/2)、コショウ(少々)を加えます。
6、キャベツを入れます。

温度がさがるので、再度強火にし、沸騰したら再び弱火(弱火の強)に。
7、蓋をして15分煮込みます。
8、時々、スープをキャベツにかけます。
9、15分煮込んで、やわらかくなったら出来上がり!

※通常のキャベツを使う場合は、春キャベツより硬さがあるので、

20分~25分煮込んで下さい。

※また、通常のキャベツは葉と葉に隙間が無いので、熱が中に入りにくいため。
10、盛ります。

キャベツが入るくらいの深鉢にフライ返しでキャベツを盛り、

スープ(挽肉も)をたっぷりかけます。
11、乾燥パセリ(少々)(あれば)をふって完成です!

キャベツは、やわらかいのでスプーンで切りながら食べることができます。

挽肉とスープにキャベツをしっかり絡めながら食べれば、濃厚な甘いと旨味が堪能できます!

シャケじゃがバターしょう油ホイル焼き

春野菜とカレイ切身の和風アクアパッツァ

関連記事

  1. ガッツリ!やわらか鶏ムネ肉のケチャップ煮込み、野菜スープ仕立て

    軟らか鶏むね肉がおかずのスープ?佐藤です。「鶏むね肉を軟らかく煮る方法」を伝授します。鶏の…

  2. 茄子の胡麻豆乳からめ

    【血液を元気にしくれる「茄子」のスゴさ】健幸料理家 佐藤周生です。今回は「栄養素タ…

  3. 葉わさび醤油漬け

    【ツンと辛いけど春を感じる酒の肴】佐藤 周生です。いつもは簡単にできる「晩めしのお…

  4. 15分で板前の味が出せる!鮭のあら汁

    【板前の味付けがお家で出来る!】佐藤 周生です。今回は、「簡単で旨い!鮭のあら汁」…

  5. 鶏もも肉とキャベツのくたくた味噌煮(モツ鍋風)

    ”臭いだけ”と思ってませんか?佐藤です。今回は、「にんにくたっぷりの煮込み…

  6. ピリ辛そぼろの混ぜそうめん

    そろそろ飽きてませんか?佐藤です。「めんつゆに付けて食べるそうめんに飽きたら作る、…

  7. シャケバター焼き、濃厚にんにく醤油タレ

    定番に飽きたらこんな調理で!佐藤 周生です。例えば、「焼き魚、食べたいな。」…

  8. 手羽先入り!濃厚旨だし「おでん」其の2

    出しっぱなしでも腐らない方法佐藤です。「おでん」も”あの方法”で簡単に美味しくでき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP