海老のだしが効いた茄子の焼き浸し

作り置きにおすすめしたいお惣菜があります。

佐藤です。

今回は、「海老の風味でおいしくなる茄子の焼き浸し」

を伝授します。

作り置きできるおかずやお惣菜は、たくさん知っておくほど、毎日の献立作りが楽になります。

面倒なのは、”作る”その時だけ。

日持ちするわけですから3~4日、長く持つ料理なら一週間の間、1品、2品作らずに済む。

さらに、そういったお惣菜が3つもあれば、メイン的なおかずを作るだけでいいですよね。

そして、種類もたくさん知っていれば「作り置きお惣菜」に飽きることも無いです。

そこで、おすすめが、これ

「海老のだしが効いた茄子の焼き浸し」

「茄子の揚げ浸し」は、定番料理ですが、”だし”にちょっと手を代えるだけでまた違った風味で楽しめます。

通常カツオ昆布だしで作る”浸しだし”に1袋200円ほどの『干し海老』をチョロっと加えるだけ。

茄子と海老というのは相性がいいのでこれだけでおいしくなります。

海老の濃厚な風味が茄子の美味しさを押し上げる…

「茄子揚げ浸し」の新しいバリエーションとして、新たな作り置きお惣菜になってくれます。

で、

ザックリ作り方を説明しますと、ナスを輪切りにして、油を絡めてフライパンで焼き、「海老浸しだし」に漬け込む。

これだけ。

基本的に茄子は油で揚げるのですが、揚げると後片付けが大変ですし、残りの油の活用法が分からないとこれまた困る…

なので、フライパンで「焼く」わけですね。

揚げ浸しではなく、「焼き浸し」…

茄子は油と相性が良く、油が多いほうがおいしくなるので、多めの油を先に茄子に絡めておいてそれから弱火でじっくり焼く。

フライパンに油を敷いてから焼くと

先に入れた茄子が油を吸い取ってしまい、油が均等にいきわたりません。

なので、焼く前に油を茄子に絡めておきます。

この方法ですと、揚げるより油の吸収が少なくて済みますしね。

で、

この調理法で作る茄子の揚げ浸しの唯一のデメリットは、皮が若干硬く感じる…

熱を通しやすくするため、輪切りにしてあるので、フライパンでは皮の部分がしっかり加熱できないのです。

それで硬いままになる。

食べられないほどではないのですが、若干、噛み応えがあるという点がデメリット。

しかし、味は間違いなくおいしいです。海老のだしが効く、前に”浸しだし”がおいしい割合になっていますからね。

私がホテルの和食部門に勤めている時につまみ食いして最高においしかった、

「海老のだしが効いた、茄子煮浸し」

を「作り置きお惣菜」として作ってみて下さい。
↓↓

【材料】(3~4人前)
長茄子(大)…3本(1本250g)
油…大さじ5杯

【浸しだし】
干し海老…10g
水…150cc
粉かつお節…小さじ1杯
みりん…60cc
酒…大さじ2杯(30cc)
濃口醤油…大さじ2杯(30cc)

※干し海老の残りは常温でも保存可能ですが、冷凍しておくと良い状態を保てます。

大海老のマヨチリソースおかずサラダ

ローストビーフ特製オニオン和酒ソース

関連記事

  1. 必読!本当の腸内洗浄

    佐藤です。今回は、料理に直結する話ではありませんが、あなたのこれからの健康にかなり大きく関…

  2. ブリとかぶらの味噌煮

    佐藤です。今回は、『玉みそ』で作れる料理。「ブリを味噌で煮る! 魚のみそ…

  3. 無色透明の「胡麻油」!?

    料理にオススメの調味料佐藤です。先日は更新できず、失礼しました。今回も、「…

  4. これから4~5年かけて挑戦します!

    佐藤です。今回は、読者さんからの質問にお答えする、Q&Aです。料理…

  5. 私を丸裸にする「Q&A」です

    佐藤です。昨年から頂いている私へのたくさんの質問。なかなかお答えできず、すいません…

  6. コレステロール大歓迎!?

    現在の油の常識佐藤です。読者さんからのメールで多いのが、「どんな油を使うの…

  7. ウナギみたいな!?ちくわの照り焼き

    「ちくわがうなぎのかば焼きになる!?」佐藤 周生です。今回は「ちくわがうなぎのかば…

  8. 豪快一丁!豆腐のオクラ鶏そぼろ餡かけ

    「食欲そそる!豆腐とオクラの餡かけ料理」佐藤 周生です。今回は、「豆腐を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP