あんこう鍋 さっぱりポン酢で

【鍋料理】「あんこう鍋」の最高に美味しい食べ方を公開!このちょっとしたひと手間で鍋の美味しさは変わります...

調理師も知らない!?「あんこう鍋」の美味しい食べ方

佐藤です。

今回は

「あんこうの鍋を最高に美味しくする方法」

を伝授します!

「あんこう」という魚をご存知ですか?

こんな魚….

深海魚の一種で見た目は、かなりグロテスク。

大きなあんこうになると全長2m、重さも60㎏とか人間くらいの重さになる…

で、珍味で有名な「あん肝」は、コイツの肝のことです。

グロテスクな容姿からは想像できませんが、身はたんぱくであっさり。

鍋にすると最高に美味しいです。

最近は、スーパーでも鍋用の切り身して、売っているところもある…

ですが、そんな「あんこう」は、独特の臭みがあります。

これを何とかしないと美味しくならない…

そこで、

「アンコウの鍋を最高に美味しくする方法」が役立ちます。

この方法を知らないままで、鍋にすると鮮度抜群のアンコウを手に入れたとしても、「悪臭鍋」になる…

マズい「あんこう鍋」食べる破目になります。

しかし、この方法を知ってしまえば、アンコウ独自の臭みを大きく抑えることができる…

最高に美味しい「あんこう鍋」を堪能できるわけです。

これ、すごく簡単な方法で、臭みを抑える際の基本の下準備。

調理師さんでも、あんこう鍋にその方法が必要なこと知らない方もいます。

それは、「湯通し」

煮魚を作る際になど、この方法を用いますが、熱湯にささっとくぐらせて、冷水で急冷するだけ。

表面が加熱され、あんこうの臭みの元が取れます。

通常、「魚の鍋」は、切り身をそのまま鍋に入れて焚きますが、あんこうの場合は「湯通し」したほうが、美味しくなるのです。

臭みが、鍋のだしに移らないですからね。
(100%は、抜けないです、80%くらい…)

私、何度も「アンコウ鍋」を作って食べましたが、やはり、ずぼらして、”湯通し”しなかった時は、鍋だしが臭くなって、美味しくなかったです。

この”ちょっとしたひと手間”だけで旨い鍋になるわけですね。

で、さらに臭みを抑えて食べるには「ポン酢」

「ポン酢」に付けながら食べるとあんこうは最高に美味しい鍋に激変します。

それでは、

『あんこう鍋 さっぱりポン酢で』の作り方

詳しく説明します!
↓↓

【材料】 (1人前)
アンコウ切り身…7~8切(200g)
(↓こんなパック入りのものをスーパーで探してみて下さい)

白菜…120g(中2枚)
春菊…20g(1カブ)
しめじ…30g(1/6~1/8)
えのき…20g(1/4束)
白ネギ…30g(斜め切り3枚)
絹ごし豆腐…100g(1/3丁)
出し昆布…2g
ポン酢…適量
大根おろし…少量
刻みネギ…少量
一味…少々

※『まず始めに』アンコウを湯通しするためのお湯を準備します。

鍋に500ccの水(湯)を入れ、中火にかけておきます。
1、アンコウは、流水でよく洗ったのち、水分をきっておきます。
2、白菜は、水で洗って水気をきり、重ねて縦半分に切ります。

それぞれ、少し斜めに4等分に切ります。茎より葉の方が大きくなるように切って下さい。

熱の通りが均等になります。
3、白ネギは、5cmの長さになるように、斜め切りにします。
4、えのきは、袋ごと根元を切り落とします。

根元から3cm~3.5cmのところを切ってください。

※袋の破片が中に入ってしまうことがあるので、注意して下さい。
5、手で裂いて1/4分取ります。さらに3~4等分に裂いておきます。

(食べやすくなります。束のままですと噛み切れないです)
6、しめじは、手で裂いて1/8分を取り、根元を切り落とします。
7、豆腐は3~4等分に切ります。
8、アンコウを”湯通し”します。湯が沸騰したら…
9、アンコウを入れます。

アンコウが完全に湯に浸かるように鍋を軽くゆすります。
10、表面が白くなったら、素早く流水にさらします。

ここまで約20秒です。

水の勢いを弱めて2~3分冷めるまでさらして下さい。

(アンコウが潰れるのを防ぎます)

冷めたら、水けをよくきっておきます。
11、春菊は、葉を1枚1枚ちぎり、よく洗った後、水気をきります。

アンコウは、キッチンペーパーなどで、さらに水分を拭き取ります。
12、一人鍋(あれば土鍋)に水500ccと出し昆布を入れ、強火にかけます。

必ずを入れて下さい。

(水から沸かす方が昆布の旨味が出ます)
13、沸騰してきたら、豆腐、白菜の茎、白ネギ、しめじを入れます。
14、再度沸騰してきたら、アンコウを入れます。
15、沸いてきたら、吹きこぼれない程度の中火で焚きます。

アクが出るのですくい取ります。(鮮度が悪いとアクが大量に出ます…)
16、白菜の葉の部分、えのきも入れます。

沸騰してから2分ほど焚いて、アンコウが完全に白くなったら完成!

春菊を入れて、箸で軽く押し込み、火を止めます。

焚き過ぎるとアンコウがパサパサの食感になり、不味く感じます。

アンコウを入れて2~3分焚けばOKです。

(土鍋なら火を止めてからも沸騰が続き、加熱されるので…)
「ポン酢」に大根おろし、刻みネギを入れ、一味を少々ふります。

この”薬味入りポン酢”にアンコウを付けながら食べて下さい。

是非、作ってみて下さい。

【追伸】

最後は、「雑炊」OR「うどん」で締めるのもおすすめ。

その際は、塩、淡口醤油、みりん、少々で味付けして下さい。

雑炊のごはんは、ザルに入れてササッと水で洗えば、ごはんの固まりが残らず、綺麗な雑炊ができます。

沸騰したら、火を止めて溶き卵を回し入れて下さい。

薬味に海苔、刻みネギを入れると美味しいです。

さらに、美味しく食べる方法は『ポン酢』。

『ポン酢』を雑炊に少量入れて食べると…

あなたは今まで味わったことが無い最高の「雑炊」が食べられます。

スーパーに行ったら、鮮度の良い”アンコウ”が無いか探してみて下さい!

あさりと長芋とほうれん草のバター蒸し

”秘密の塩”でお茶漬け

関連記事

  1. 極旨!甘味無し!?の一人鍋

    佐藤です。「毎日の料理で実際に使える包丁テクニック!」は、一度お休みしまして…今回…

  2. ブリとかぶらの味噌煮

    自慢できる「ブリの味噌煮」佐藤です。今回も、『玉みそ』で作れる料理で、「味…

  3. 豪快!炙り豚スペアリブの 旨み濃厚キムチ鍋

    豪快!かぶりつく鍋佐藤です。今週は、私のおススメ「”肉”の鍋」を5回にわたって暴露…

  4. 柚子胡椒香る!山芋とろろの豆腐鍋

    ひとり鍋で変わり湯豆腐!佐藤です。今回は、山芋とろろの入った斬新な「ひとり鍋」を紹…

  5. 【簡単煮物】豚バラ大根の旨煮

    栄養と美味しさを両立させる煮物法!佐藤です。やっぱり冬は「大根の煮物」がかかせませ…

  6. 出し汁が旨すぎる! 鯨ベーコンのハリハリ鍋

    佐藤です。「専門店で堪能できるような本格出し汁が味わえる、誰でも料理可能な”鯨ハリハ…

  7. さばと玉ねぎのみそダレ丼

    旬の鯖を丼で食す!佐藤です。 やっぱり、ササっと食べられて、腹も 膨れるどんぶりも…

  8. 手羽先入り!濃厚旨だし ガッツリ!おでん

    気楽な”おでん”じっくり「味」が滲み込ます。2日かけましょう …佐藤です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP