皮パリ!肉汁ジューシー! 鶏もも肉の黒コショウ焼き

【おかず】鶏もも肉1枚丸ごとフライパンで焼くだけ!黒胡椒のピリピリッとしたほど良い辛味がジューシーな肉汁の美味しさを引き立てます。

「中まで焼けてる?」の心配が吹き飛ばせます…この最新調理法に従えばいいんです。

あなたは、最高の焼き加減の美味しい鶏肉料理を食べたいと思いませんか?

佐藤です。

今回は、

「鶏肉をジューシーかつ、皮がパリッと焼ける最新調理法」

を伝授します!

鶏肉に限らず、肉類は焼きすぎるとやはり硬くなります。

食感は、パサパサ、仮に美味しい味付けであっても不味く感じる…

それを防ぐには、焼き加減を見極めるしかありません。

例えば、鶏肉1枚をフライパンで焼く時、多くの方は、確実に、または早く熱を通そうとフタをして蒸し焼きにしてしまいます。

ですが、蓋をするとどうしても皮がパリっと焼けない。

仕上がりがベタっとなる…

そこで、おすすめしたいのが、それを回避してパリっとジューシーに焼く調理法。

それは、フタをせず、焼く方法です。

やはり、フタをすると密閉され対流熱が出ます。

中の空気が温まり、肉の内部の温度と関係なく、表面だけが白くなる。

これでは、どのくらい中まで熱が通っているのか外側からは分かりません。

判断できない…

しかし、フタをしないで焼く場合、炎から伝わったフライパンからの熱だけで過熱されるので、肉の側面に熱が通った部分の白色と熱が通ってないピンク色の境目が表れます。

それが肉の内部の温度変化として出ているので、どのくらい熱が通っているのかが分かるわけです。

これなら、外側から目視で熱の通り具合を見極めることができ、最高の焼き加減が可能になります。

フタをしないことで、ベタっとした仕上がりにならず、皮がパリッと肉の中はジューシーに焼けるわけです。

ただ、この方法は蓋をして蒸し焼きにするよりは、ちょっと焼き時間がかかります。

ですが、料理の出来栄えを優先するならフライパンからの熱だけで焼く、最新調理法がベストです!

で、この調理法でおすすめしたい肉料理が、
「鶏もも肉の黒コショウ焼き」

鶏肉のステーキのような感じです。

私が居酒屋で働くようになって初めて覚えた肉料理。

鶏もも肉に黒コショウと塩を多めにふってフライパンで焼くだけ。

シンプルな調理法なのにすごく美味しく、その店では人気の高かった料理です。

黒コショウのスパイシーさが、鶏肉独特の臭みを消してくれて肉の旨味だけをたっぷり味わえます。

鶏肉の旨味を最大限に生かすには焼くのが一番です。

あれやこれやと手を加えるより単純に”焼く”のが一番いいんです。

それでは、鶏肉が皮パリッ!肉汁ジューシーに焼ける最新調理法を説明します。
↓↓

【材料】 (1人前)
鶏もも肉…1枚(250g~300g)
塩…小さじ1杯弱
荒挽き黒コショウ…小さじ2杯
油…小さじ1杯(5cc)
清酒…少々
レモン…適量
付け合わせサラダ…適量

1、鶏もも肉は、皮、身、両面に包丁で切り込みを入れます。

20箇所ほど包丁の先で刺します。

身の分厚いところは、大きく切り込みを入れて広げます。
(熱の通りを早くするため)
2、塩と黒コショウをふります。

鶏肉をまな板に置いたまま、塩(片面小1/2杯)を両面ふり、

黒コショウ(小さじ2杯)は皮側だけに全体が黒くなるくらいたっぷりふります。

周りに飛び散った黒コショウは、身側(皮と反対)になすり付けておきます。
3、フライパン(フッ素加工)に油(小1)を敷きます。

鶏肉を皮を下にして入れ、強火にかけます。

「ジュー」という音がしてきたら、炎の先がフライパンに当らない程度の弱火にして焼いていきます。

【大事なポイント!】

油を敷いて、鶏肉を入れてから火をつけます
4、フタはせず、弱火のまま約5分、ジワジワ焼きます。
(鶏の厚みで焼き時間は変わります)

鶏肉の側面を見て、生のピンクの部分と熱が通って白くなった部分との境い目が半分くらいになったら、裏返します。
5、裏返すタイミングは、皮の焼き色が写真くらいになるのも目安にして下さい。

裏面(身の方)も弱火をたもち、皮側と同じようにジワジワ焼きます。
6、上下の焼きライン(境い目)がつながったら、鶏肉の周りに酒を少々ふります。

火を止め、フライパンをゆすりながら酒(小さじ1杯)をふって、鶏肉の下側だけに酒が絡まったら出来上がり!

(鶏の臭みを抑えて、酒の香りをつけておいしくする効果)
7、焼けた鶏肉をまな板に取り出します。

鶏肉が熱いので、割り箸やフォークで押さえつけながら、縦7~8等分に切ります。

できるだけ、黒コショウが取れないように切ります。

平らなお皿を用意し、サラダを奥側に盛っておきます。
8、切った鶏肉を包丁ですくい上げ、落ちないように手をそえ、お皿の手前に盛ります。
(熱いので手早く!)
9、レモンを添え、サラダにお好きなドレシングをサラダにかけて完成です!

鶏肉をレモンになすり付けながら食べて下さい。

「今日は、鶏肉食べたい!」と思ったら作ってみて下さい!

おかずになるし、酒のアテとしても最高の皮パリ!

肉汁ジューシー肉料理です。

是非!挑戦してください。

手羽先と春キャベツと新玉ネギのくたくた煮

台所の洗い物がいっぱいに なっても、気が楽になる”2つ” の方法

関連記事

  1. シャケじゃがバターしょう油ホイル焼き

    【味わって食べてますか?】今回は「シャケ切り身を使って作れるお手軽な一品」を伝授します!…

  2. 包丁不要!挽肉の玉子とじ

    【切る作業一切無し!挽肉と卵だけで作れる!】佐藤 周生です。料理で時間をとられる作…

  3. やわらか食感!ふぐの唐揚げ

    「家でも出来る!ふぐの唐揚げがこれです!」佐藤 周生です。今回は、「簡単!ふぐの唐…

  4. 寒ブリの塩ねぎま焼き

    フライパンで焼くだけの酒のアテ佐藤 周生です。今回は、「ササっとできる”酒のアテ”…

  5. ちょいピリ辛!キムチチャーハン

    隠し味で旨味倍増の香ばしチャーハン佐藤です。今回は、「ちょっとピリ辛だけど旨味がた…

  6. タイ切身の山椒照り焼き

    プロの料理人も知りたがる照り焼き「たれ」佐藤 周生です。全ての照り焼き料理に対応できる、…

  7. やわらか鶏もも肉のしょうが焼

    この秘伝のタレで最高の生姜焼きができる 佐藤です。豚肉のしょうが焼きは、和食の中で…

  8. ゴーヤーと炒り玉子の紫蘇炒め

    『ゴーヤーを美味しくする食材の組み合わせとは?』健幸料理家 佐藤周生です。【ビール…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP