野菜たっぷり!とろとろ玉子のとん平焼き

【酒の肴・おかず】野菜炒めに焼き卵をのせるだけの簡単とん平焼き!野菜の旨味と玉子の自然な甘みがベストマッチします!

「ズボラでも旨いとん平焼き!」

鉄板焼き専門の特別な技術なんかいりません。

「誰でも早くカンタンにできるズボラな料理なのに旨い!とん平焼き」を伝授します。

佐藤 周生です。

この料理、作り方と出来上がりの見た目は「とん平焼き」というネーミングが当てはまりません。

出来上がると”平ら”ではないです。

みんなが知っている「とん平焼き」とは違いドームのような山の形…(知らない方もいるかもしれませんが…)

「豚山(やま)焼き」といった方がいいかもしれません。

そんな、名前なんかどうでもよくて、あなたがこの料理をマスターすれば、今まで食べたことのない野菜たっぷりで食べ応えのある豪快な「とん平焼き」が食べられます。

マスターするとかしないとか、そんな表現すら必要ないカンタンな料理です。

キャベツ、玉ねぎ、人参、もやし、そして豚肉の野菜炒めを作ります。

半熟トロトロの玉子を焼いて、野菜炒めの上にのっけます。

後は、マヨネーズとお好みソースかける。

これだけ。豚肉を玉子で包んだりしません。

10分あれば作れるズボラ料理です。

お好み焼きソースとトロトロの玉子と野菜が口の中で合わさると旨味のある甘さを感じる…

すぐにごはんを口にかき込みたくなるほどのおかずになります。

で、

私が、大阪で最期に働いた店はしのごの言わさず料理のスピードを要求される居酒屋でした。

その店で人気メニューだったのが今回の「とん平焼き」。

宴会予約の常連幹事さんに「コース料理に加えてくれ!」とわざわざ言ってくるほどの人気でした。

普段、単品で出す場合でもお客さんから注文が入ったら6分以内に作って提供。

丁寧さよりスピード重視。

なので、作る過程はちょっと「雑」です。

あなたには、丁寧に綺麗に作って食べて頂きたと思っています。

早くて6分で作れるので、二倍の12分あれば丁寧で綺麗に作れます。

イメージ的なことかもしれませんが、料理は「雑」に作ると不味くなるような気がします。

「丁寧に作る」=「心がこもっている」…

私はそう思っています。

では、大量画像で詳しく説明します!
↓↓

【材料】  (1人前)
豚バラ肉…150g
キャベツ…100g(1/6個)
玉ねぎ…1/2
人参…1/5本(20g)
もやし…1/3P
卵(M玉)…3個
サラダ油…小さじ1杯+小さじ1杯+大さじ1杯
マヨネーズ、お好み焼きソース…適量
刻みネギ…少量
削りかつお節…少々

1、玉ねぎは、皮を剥いて5mm厚のスライスにします。

(厚みが薄いと早く熱が通り過ぎて軟らかくなり過ぎます、少し分厚く切ってください)
2、キャベツは、大体4cm角に切ります。

重なっている部分は、1枚づつバラします。

茎の部分は薄く刻みます。
3、人参は、3~4枚薄く輪切りにして、それをずらして重ねて端から薄く刻みます。

もやしは、流水洗っておきます。
4、豚バラ肉は、8cmくらいの長さに切ります。

(焼くと小さくなるので大きく切ります)
5、卵は、ボウルに割り入れ白身が消える程度に混ぜます。

(混ぜすぎるとトロトロ感が薄れます)
6、フライパンを強火で熱します。

サラダ油を5cc入れ、豚肉を炒めます。

豚肉の赤いところが無くなり、熱が通ったらお皿などに取り出します。
7、フライパンは、洗わずそのまま使います。

再度サラダ油を5cc加えて、強火で玉ねぎと人参を炒めます。
8、人参が少し軟らかくなったら、キャベツを加えます。

水50ccも入れて強火のままよく炒めます。
9、もやしも加えてさらに炒めます。
10、もやしが少し軟らかくなったら、炒めた豚肉も加えて混ざったら、お皿(写真は鉄板)に山盛りにします。
11、フライパンを洗います。

再度強火で熱します。

サラダ油を30cc入れ、煙が出だしたら溶き卵を流し入れます。
12、菜箸で素早く回すように混ぜて、固めていきます。
13、卵が半分固まった(半分は生)ところで(10、)の上に形を崩さないようにゆっくり、そろ~っとのせます。
14、お好み焼きソース、マヨネーズの順で互い違いに適量かけます。

(少なめにかけて、食べて味が薄い時に足して下さい)

刻みネギ、かつお節をふって完成です!

野菜炒め作って、その上にとろとろの玉子焼きをバサッとのせる、後はマヨネーズ、お好みソースをかけるだけ!

すぐにできる”ズボラとん平焼き”です。

ズボラですが、ごはんのおかずになる食べごたえ抜群の旨い一品です。

是非!作ってみて下さい。

磯濃く香る!ワカメと鶏もも肉のふわとろ玉子とじ

究極のきんぴら牛蒡(前半)

関連記事

  1. 豚肉とニラのコンソメスープ鍋

    勿体無い...それは作ってない証拠です...先日、お伝えした「鶏のスープ」は、作って頂けたでしょう…

  2. マッシュルームのオリーブ油漬け

    10分未満の夏のつまみ佐藤です。ビールのつまみになる「野菜の酒のあて」を伝授します…

  3. 鰆と長芋のグリル焼き 玉ねぎおろし餡かけ

    グリルで焼いて、餡かけるだけのビールのアテ佐藤 周生です。「焼魚」、みんな好きです…

  4. グルテンフリー!ゆで大豆と玉子のお好み焼き風

    『【グルテン中毒】小麦が認知症のリスクになる…』今回は、「グルテンフリーのお好み焼き」を伝…

  5. 【お手軽副菜】キャベツの土佐煮

    【野菜料理のレパートリーが増える「調理法」】佐藤 周生です。今回は、「簡単な副菜に…

  6. 【夏旬】とうもろこしの最高に美味しい茹で方

    ジューシーになる茹で方!ジューシーなとうもろこしが味わえる最もおいしい「茹で方」を伝授しま…

  7. 食感楽しむ!叩き胡瓜の胡麻みそマヨ

    『胡瓜で痩せる!?』健康料理家 佐藤周生です。今回は「生野菜で消化負担を軽減する健…

  8. 割烹!焼きエリンギ

    『家庭で上品な「焼きのこ」が作れる2つの演出法』こういう調理、食べ方をすると安価な食材でも…

コメント

    • KYLIE
    • 2022年 3月 08日

    実は佐藤先生のブログで見るまで、「豚平焼き」を知りませんでした。西日本だとポピュラーなのでしょうか?(因みに私は東京生まれ東京育ちですが、もんじゃ焼きが嫌いです。ねちねちしてて、意味解んない)これは材料も大抵冷蔵庫に入っているし、明日の昼ごはんに作ってみたいです。もやし苦手なので、豆苗か何かに代えちゃいます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP