台所の洗い物がいっぱいに なっても、気が楽になる”2つ” の方法

洗い物地獄からの解放

佐藤です。

料理をたくさん作るほど、ボウルやザル、計量カップ、フライパン、お皿、はしなど道具もたくさん使うと思います。

そうするとシンクに洗い物がイッパイ。

「これ全部洗うのか…」と思うと、ほんと嫌になります。

食事にありつく前にテンション”ガタ落ち”、気が重くなります。

私も20年以上洗い物やってきたので、嫌になる気持ちはよく分かります。

が、これを軽減する方法があります。

今回は、

「台所の洗い物がいっぱいになっても、気が楽になる”2つ”の方法」

を伝授します。

その方法の「1つ目」は、さほど汚れていない、水ですすげば使える道具は、『使い回しする』です。

例えば、刻んだ野菜を水でさらすのに使っただけのザルとボウル、すでに中身は、お皿に盛り付けたとします。

これなんか、油でコテコテになったりしてません。

別の何か切った野菜を入れるだけならサッと水洗いして、使い回しできます。

要するに、次々道具を出して使うのではなく、今ある道具をできるだけ「使い回し」するってことです。

これで、少しでも洗い物を減らすことができ、嫌にならずに済みます。

それから、「2つ目」の方法は、洗い物自体は、減らすことはできませんが、気分がかなり楽になる方法です。

あなたが、きれい好きなら効果は抜群です。

なぜなら、私が料理を仕事にしている人間で、そこそこきれい好き、この方法を行なうだけで、すごく気が楽になるのをいつも実感しているからです。

その方法とは…

例えば、下の写真。

シンクいっぱいの洗い物、見るだけで嫌になります。

さらに、フライパン、まな板も洗わないといけない…

この散乱した洗い物を…

↓このようにまとめます。

大きい道具類の中に小さい道具やお皿を重ねて、”ひとまとめ”にします。

まとめた洗い物を隅っこに追いやって、湯をたっぷりかけておきます。
(汚れがとれやすくなります)

「途中で洗い物ができない」という時とりあえず、このようにまとめるんです。

「洗い物がたまったな」と思ったらすぐに重ねてまとめるようにします。

これ、行なうだけで見た目がすっきりして気分がすごく楽になるのを実感できます。

空いたスペースで大きなまな板もスムーズにササッと洗えます。

さらに洗い物が多い場合は、2つにまとめてください。

それと、油で汚れたものと、それほど汚れてないもので2つにまとめるのも”コツ”です。

必要以上に汚れが広がらなく、洗剤も最低限ですみます。

洗い物する時間も短縮できますしね。

2つ目の「まとめる!」方法は、かなり気が楽になります。

是非!やってみてください。

鶏もも肉のたっぷり黒胡椒焼

炙り海老と里いもの簡単煮物

関連記事

  1. やわらか鶏もも肉のしょうが焼

    この秘伝のタレで最高の生姜焼きができる 佐藤です。豚肉のしょうが焼きは、和食の中で…

  2. 少ない廃油(揚油)の処理法

    「少ない油で揚げ物...後の処理困りませんか?」佐藤 周生です。今回は、「少ない揚…

  3. 皿洗いで火傷のような”手荒れ”

    極力薄めて使って頂きたいんです...佐藤です。あなたは、”乾燥肌”ですか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP