ふわふわ軟らか! 豆腐肉だんごのトマト鍋

【鍋料理】スプーンで作れる簡単「肉だんご」をトマトだしで煮込む「トマト肉だんご鍋」!フワフワ食感の肉だんごが程よい酸味のトマトだしで極旨の美味しさで楽しめます!

スプーンの簡単!肉だんご鍋

佐藤 周生です。

今回は、「これで間違いなし!肉だんご鍋の簡単作り方」を伝授します。

鶏肉で作った「だんご」が入った鍋、牛や豚の合挽き肉で作った「だんご」が入った鍋・・・

だんごを手作りするとなると、手で丸めるのがそこそこ手間なので「ちょっと面倒だな」と感じると思います。

また、イマイチ作り方がわからない場合は「イメージ的に何となく面倒くさそうだから、やりたくないな」と感じる方もいるかもしれませんね。

が、今回のだんご鍋の作り方をマスターしておくと、「手作りだんごの鍋」が簡単できるようになります。

「あれとこれやるだけだから簡単!」と感じるわけです。

その作り方とは・・・

1、ひき肉(鶏、牛、豚の挽肉)に、調味料などを加え、サササッと混ぜて肉だんごの「下地」を作る。

2、鍋に鍋だしを作って「肉だんご下地」を1個分づつスプーンですくって「だんご型」にし、鍋だしに入れて焚く。

簡単に言いますと、

1、肉だんご「下地」作る
2、スプーンで「だんご」にして鍋だしで加熱する

大まかな流れは、この2つの工程だけ。

後は、野菜を加えるだけで「肉だんご鍋」は簡単にできます。

手で丁寧に丸型のだんごを作る必要は無し!

1コ1コ、手で丸めると時間がかかりますからね。

でも、スプーンですくえば「だんごっぽい形」になりますからね。

パパっと表面を丸っぽく整形すればいいだけ。

特別な技術など不要。

手が汚れるのは「肉だんご下地」を混ぜる作業の時だけです。

これなら「それほど面倒じゃないな」と思って頂けるはずです…

今回の「肉だんご」は、肉と調味料と食材だけの正真正銘の『手作り肉だんご』!

市販の添加物だらけの肉だんごと違い、安心ですし断然旨いです。

今回は、この2ステップを丸暗記して下さい。

これなら「だんご鍋」を作るのが片手間になります。

【ステップ1】ひき肉(鶏、牛、豚、合挽き)に調味料などを加え、よく混ぜて「肉だんご下地」を作る。

【ステップ2】鍋に鍋だしを合わせて「肉だんご下地」をスプーンでだんご型にして入れて煮る。

「肉だんごは、たった2ステップで出来る!」と覚えておいて下さい。

この作り方は、和食の職人さんが時々ズボラして作る時の方法です。

間違いなく美味しく作れます。

で、さらに今回の肉だんごには「豆腐」を加えてやわらかく仕上げてあるので食べやすいです!

「フワフワやわらか!豆腐肉だんごのトマト鍋」のレシピで、

肉だんご鍋の簡単な作り方をさらに詳しく説明します!
↓↓

【材料】 (1人前)
白菜・・・150g(大1枚半)
白ネギ・・・30g(3切れ)

えのき・・・30g
豆苗・・・20g

《豆腐だんご》
もめん豆腐・・・50g
牛、豚合挽き肉・・・60g
塩、コショウ・・・少々
卵(M)・・・1個
みりん・・・10cc(小さじ2杯)
薄口醤油・・・10cc(小さじ2杯)
おろししょうが・・・小さじ1/2杯
片栗粉・・・大さじ1杯(15g)

【トマト鍋出し】
「出汁12:みりん1:淡口しょう油1」の割合で合わせた鍋だしにトマト缶200gを加える

ホールトマト缶・・・200g
水・・・180cc
みりん・・・15cc(大さじ1杯)
薄口醤油・・・15cc
(大さじ1杯)
塩・・・2つまみ
粉カツオ節・・・小さじ2杯

※鰹削り節でとった鰹出し汁を使う場合は水の分量が”鰹出し汁”になります。(360cc)この場合は「粉カツオ節」は入れません。

1、豆腐だんごを作ります。

もめん豆腐は、キッチンペーパーでしっかり水分を吸い取り、ボウルに入れて木ベラで叩いて潰します。
※できるだけ細かく潰して、粘りが出たらOK
 
みりん・薄口醤油(各小2)、おろし生姜(小1/2)、片栗粉(大1)、卵(1コ)を加えてさらに混ぜておきます。
2、別のボウルに挽肉を入れ、塩、コショウを加えて、こねるように混ぜます。
 
挽肉に強い粘りが出たら、(1、)の豆腐を2~3回に分けて加え、よく混ぜます。

完全に混ざればOK。
3、「トマト鍋だし」を合わせます。

鍋に水(180cc)、みりん・淡口しょう油(各大1)、塩(2つまみ)、粉カツオ節(小2杯)を入れ、

ホールトマト(1缶)を加えて中火にかけます。

トマトをスプーンなどで叩いて潰します。(トマトの塊がほぐれる程度でOK)
4、すぐに(2、)の「肉だんご下地」をだんご型にしてを入れていきます。

大きめのスプーンを水で濡らしながら、下地をだんご型にすくって(6コ分になる量)、鍋だしの中へ入れます。

沸騰してきたら弱火にしてアクを取ります。
 
※だんごがなべ底に付いたままになると焦げ付くので、ある程度、表面が固まったら形が崩れないように少し動かします。
5、豆腐だんごを時々動かしながら、野菜を切ります。

白菜は、半分に切って重ね、5~6等分になるように切ります。

※茎は厚みがあるので小さく、葉は厚みが無いの大きく切る
6、白ネギは根元を切り落として、斜めの1cm幅で6cmの長さになるように切ります。(3枚)

えのきと豆苗は、根元を切り落とし、ばらしておきます。
7、だんごを手前に寄せ、奥側のスペースに白菜、白ネギ、えのきを入れて柔らかくなるまで焚きます。
8、豆苗を加えて、熱が通ったら完成です!
 
是非!作ってみて下さい。

【ステップ1】ひき肉(鶏、牛、豚、合挽き)に調味料などを加え、よく混ぜて「肉だんご下地」を作る。

【ステップ2】鍋に鍋だしを合わせて「肉だんご下地」をスプーンでだんご型にして入れて煮る。

この「2つステップ」を憶えておけば、「肉だんご鍋」は簡単です!

是非作ってみて下さい。

炙り豚スペアリブの旨み濃厚キムチ鍋

とぅるん食感!鶏むね肉のゆず胡椒だし鍋

関連記事

  1. イワシのオリーブ焼き、サルサソース

    どんな青魚にも合う簡単調理法佐藤です。青魚は、体に良い。というのはよくご存知かと思…

  2. 豚肉とじゃが芋の胡麻みそ鍋

    濃厚ゴマの風味がたまらん鍋!今回の肉鍋は・・・「豚肉と相性抜群の”胡麻みそ”の鍋出…

  3. 【簡単煮物】豚バラ大根の旨煮

    栄養と美味しさを両立させる煮物法!佐藤です。やっぱり冬は「大根の煮物」がかかせませ…

  4. 【簡単煮物】白才と油揚げのうま煮

    白菜と油揚げで最高に美味しい簡単煮物今回は、「食材の相乗効果で美味しくできる簡単煮物」を伝…

  5. 黄金比の鍋だし

    簡単に手作りできる!黄金比の鍋だしとは?佐藤です。秋、冬になると作ることが増えてく…

  6. 「炙り鶏むね肉の濃厚昆布!塩出し鍋」&「胡麻香る!刺身コンニャク…

    ★冷蔵庫の残り物で作る!ガッツリ2品献立 その3「昆布濃厚!」と「ドギツイ胡麻香り」佐藤…

  7. シャケの柚香味噌焼き

    半日でしみ込む!こころ安らぐ柚子の香りの味噌焼き佐藤です。まだ誰にも教えたことが無…

  8. 運を招く!年越し蕎麦

    「運を呼ぶには「ん」を食べましょう!?」佐藤 周生です。今回は、「運を呼び寄せる年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP