炙り豚スペアリブの旨み濃厚キムチ鍋

【鍋料理】キムチ汁を加えたあっさり鍋だしに炙った豚のスペアリブを加えた豪快鍋!キムチの辛味と旨味が豚スペアリブの旨さを引き立てます!

『豪快にかぶりつく鍋』

佐藤 周生です。

これからさらに寒くなる時期なので、今回からおすすめの「肉の鍋」を5回にわたって公開していきます。

ということで初回は、

『豚スペアリブのキムチ鍋』を伝授します!

あなたは冬シーズンに入って、どんな鍋を作りましたか?

まさか、

簡単な寄せ鍋とか湯豆腐とか定番の地味な鍋ばかり作ってはいませんか?

それらは、とりあえず封印してこの鍋を作って食べて頂きたい!

それが「豚のスペアリブ肉を炙って加えるキムチ鍋」

これは、ペラペラの薄~い豚バラ肉なんかが入った貧弱なキムチ鍋ではありません…

骨付きの豪快な豚肉を使用。 

肉は炙ると香ばしさで臭みが軽減し食べやすくなる。

また、その香ばしさも美味しさの要素の1つになります。 

で、野菜はキムチ鍋定番のキャベツ、玉ねぎ、豆腐ですが、豚スペアリブの食応えのほうが凄じく勝る…

骨から肉を引きちぎるように噛むついて食べる。

キムチの辛味と旨味で豚の美味しさが引く立ちます。 

旨過ぎて、缶ビールなら500cc一気飲み!白ごはんなら軽く2杯はおかわりしちゃうはずです。

で、肝心な「鍋だし」も簡単!

「キムチ鍋の素?」そんなもの使いません! 

何度もお伝えしている、 『出汁12:みりん1:薄口しょう油1』の割合で合わすだけの鍋出し。

これをベースにキムチが加わるだけで旨味と香りが増して美味しくなります。

だれでもすぐに旨いキムチ鍋の鍋だしが作れます。

「辛さ」もほどよくピリ辛です。

とにかく作って食べれば旨いのが分って頂けます。

詳しい作り方をレシピでみて下さい!
↓↓

【材料】 (1人前)
豚スペアリブ・・・300g(4~5本) (鍋に入るサイズ(長さ)のもの)
キャベツ(中)・・・100g(1/6個)
玉ねぎ(中)・・・50g(1/4個)
青ネギ(中太)・・・20g(1本)
絹とうふ・・・100g(大1/3丁)
キムチ・・・50g~70g
塩・・・少々

【鍋出し汁】(1人前450cc)
『出し汁12:みりん1:薄口醤油1』の割合にキムチの汁を入れる。
水・・・360cc
みりん・・・ 大さじ2杯(30cc)
薄口醤油・・・ 大さじ2杯(30cc )
粉カツオ節・・・大さじ1杯
キムチ汁・・・30cc(大さじ2杯)
おろしにんにく・・・小さじ1杯

1、玉ねぎは、天地を切り落とし、皮を剥きます。

半分に切って1/2を7mm幅の半月輪切りにします。
 
2、キャベツは、1/6個分を洗って、だいたい5cm角の大きさに切ります。
3、青ネギは、流水で洗い根元を切り落とし、6cmの長さで斜め切りにします。
4、絹とうふは、3~4等分に切ります。
5、豚スペアリブは、肉の部分に切り込みを入れます。
 
肉が付いているところに斜めに5mm間隔で骨に当たるまでしっかり切り込みます。
(熱を早く通すためと、噛み切りやすくするためです)

軽く塩をふってもみ込んでおきます。
6、キムチ汁を取り出します。
キムチの中にスプーンを突っ込んで、むりやりキムチを押さえつけながら赤~い”汁”を搾り取ります。
30cc、大さじ2杯分です。
7、一人鍋に【鍋出し汁】の水、みりん、薄口醤油、粉カツオを合わせ、”キムチ汁”も加えます。

「おろしにんにく」も入れます。
8、沸騰してきたら、玉ねぎ、キャベツ、絹豆腐を入れます。
再度沸騰してきたら弱火で焚きます。
9、コンロに網をのせ、網をよく焼きます。
(肉がくっ付きにくく、なります)

豚スペアリブをのせ、炙ります。
トングなど(割り箸)を使ってコロコロ転がしながら、表面全体に焼き目が付く程度に強火でササッと炙ります。

(一本づつ丁寧に炙って下さい、すぐ焦げてしまうので。中まで熱を通す必要はなし!表面を炙って焼き目を付けるだけ)
10、全部炙ったら鍋に加えます。
火を強めます。中火くらいにして3~4分焚きます。
11、3~4分後、キムチと青ネギも加えて1分ほど煮込みます。
12、完成です!

好みでおろしにんにくをたっぷり加えると濃厚な味になって旨いです。

精肉コーナーで豚のスペアリブを見つけたら買っておいて下さい。

キムチも。

ほんのりキムチ味がしみ込んだ軟らかい豚スペアリブは、

炙ってあるので香ばしく、ほぼ臭みをあまり感じません。

鍋出しは、あっさり過ぎず、野菜の甘みとキムチ汁の凝縮された旨みが溶け込んで、程よくピリ辛で旨辛です。

是非!作ってみて下さい!

鰆のかぶらみぞれ鍋

ふわふわ軟らか! 豆腐肉だんごのトマト鍋

関連記事

  1. シャケときのこのあっさり鍋

    何度も伝授した必殺の「鍋だし」佐藤です。私のようにブログを書いている人にとって関心が…

  2. 極旨!甘味無し!?の一人鍋

    佐藤です。「毎日の料理で実際に使える包丁テクニック!」は、一度お休みしまして…今回…

  3. やわらか!鍋用、肉だんごの作り方

    「ポイントは2つの鶏肉を混ぜる!」今回は、「鍋用の肉だんご」の作り方を伝授します!…

  4. 豆の旨味!豚バラ肉のゴマ豆乳鍋

    「美味しい豆乳鍋の2つのポイント!」ちょっと朝夕の寒さが増してきましたね...佐藤…

  5. 牛蒡まみれのあっさり豚だし鍋(一人鍋)

    香りがイイ!佐藤です。いつでも簡単に誰でも美味しく作れる「鍋出し汁の作り方」を伝授…

  6. 鶏ぶつ切り肉の旨塩だし鍋

    自分のお店でぼったくるつもりでした...梅雨が終わったら”夏”。暑くなる前、上半期最後の 一…

  7. ランチめし献立6:「タラと春雨の三ッ葉香る旨だし一人鍋」「セロリ…

    ランチめし献立6 セロリの皮を剥かない?佐藤です。ランチめしの献立、しつこく6つ目…

  8. グツグツ熱々!カキの土手みそ鍋

    ヤクザ直伝の「土手味噌」佐藤 周生です。今回は、「おやっさん直伝、土手味噌でカキの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP