豚肉と野菜の具沢山!湯豆腐

「固定概念が破壊された湯豆腐とは?」

佐藤です。

今回は、「湯豆腐」。

といってもただの湯豆腐ではありません。

肉も野菜も入った具だくさんの「ガッツリ!湯豆腐」を伝授します。

「ガッツリ!湯豆腐」は、酒のアテになりますが、シンプルな”豆腐だけ”の湯豆腐では物足らないあなたにお勧めしたい鍋一品です。

具だくさんというと、「何種類もの食材を入れるのでは?」と思うかもしれませんが、豆腐以外の食材は、白才、豚肉、つる菜という緑黄色野菜の3種。

これだけで十分なボリュームが出せます。

何種類も食材を切る必要がありません。

で、その「つる菜」とは日本の各地に自生する(特に海辺)浜水菜科(ハマミズナか)の多年草。

ビタミンA、B郡、C、E、Kやカルシウム、マグネシウム、リン、マンガン、鉄、亜鉛などミネラルも豊富で、

栄養バランスが取れた健康野菜と言えます。

若干、青臭さはありますが、鍋以外の和え物、炒め物どんな料理でもいけます。

もし、スーパーで見つけたら是非使って欲しい野菜です。

豚肉肩ロース、白才、つる菜これを入れてボリューム湯豆腐にします。

私が30代で働いた大衆向けの割烹料理店では、必ず野菜、肉、魚介を入れたボリューム感のある湯豆腐を提供してました。

それまで、学んだ湯豆腐は昆布出しに豆腐のみ。

ちょっと飾りに梅型に剥いた人参や青もの(菜っ葉)を入れるのみです。

京都で食べるような豆腐のみのシンプルな湯豆腐。

なので、湯豆腐=少し上品な料理。

という概念を持っていた私はその大衆割烹で伝授された「ボリューム湯豆腐」は邪道に感じていました。

「なんや!これ!湯豆腐ちゃうぞ!」

と思っていました。

が、これが秋から春にかけて売れまくるのです。

実際、私も何度も食べましたが野菜の甘味や肉、魚介の旨いが出し汁にしみ出し、その旨味が豆腐に移るので、

上品な湯豆腐とはまた違った美味しさが楽しめるのです。

この頃から、私の料理に対する固定概念が破壊されていったような気がします。

簡単にいうと料理に対する考え方が柔軟になっていったわけです。

あなたが湯豆腐を食べたいと思った時に是非作って欲しい、

ボリューム感のある「肉と野菜のガッツリ!湯豆腐」のレシピ、

今から公開します!
↓↓↓

【材料】 (1人前)
白才・・・100g(大3枚)
つる菜・・・1株 (代用ほうれん草など菜っ葉類)
絹ごし豆腐・・・200g(1/3丁)
豚肩ロース肉・・・100g
出汁昆布・・・2g(小一枚)

1、白才は3~4cm幅に切ります。
2、白才を鍋(一人鍋)に入れ、その上に8等分に切った豆腐をのせます。

(豆腐が鍋底に焦げ付くことがあるので白才の上にのせています)
3、水をタップリ(9分目)入れ、出し昆布も加えて強火にかけます。
4、鍋を沸かしている間に、つる菜を切ります。
 
葉を茎からちぎり取り、茎は斜めに細く刻んでおきます。(茎が太いので刻んで熱が通りやすくします)
5、鍋が沸騰したら、弱火にして煮込みます。アクが出たらすくい取ります。
6、白才が軟らかくなったら、豚肉を加え煮込みます。
7、豚肉が白くなり、熱が通ったら、つる菜を全部加えます。
昆布出しなので、ポン酢をつけながら食べて下さい!
 
大根おろし、一味、刻みネギなど薬味があれば最高です。

「寒い!」と感じたら、「肉と野菜のガッツリ!湯豆腐」を作って下さい!

「豚の角煮」鉄板レシピ!(後編)

苦痛な「洗い物」から脱却する方法

関連記事

  1. 豚ロース肉のカリッと天ぷら!からし醤油を付けて

    「濃厚香ばしい!胡麻油の「豚天」佐藤です。前回までおすすめしていた、「手軽…

  2. 鯛のかぶらおろし鍋

    簡単なのに高級な味の一人鍋!佐藤です。「基本の鍋出汁」を、ちょっと応用するだけで、…

  3. 豚肉とたっぷり野菜のしゃぶしゃぶ風 さっぱりポン酢で!

    茹でるだけのお手軽一人しゃぶしゃぶ佐藤です。今回は、「パパっと茹でてできる簡単豚肉…

  4. 極旨!甘味無し!?の一人鍋

    佐藤です。「毎日の料理で実際に使える包丁テクニック!」は、一度お休みしまして…今回…

  5. やわらか!鍋用、肉だんごの作り方

    「ポイントは2つの鶏肉を混ぜる!」今回は、「鍋用の肉だんご」の作り方を伝授します!…

  6. アスパラと若芽と豚肉の生春巻き 青じそドレッシング

    酒のアテになる冷製一品なら、これ!佐藤です。今回は、「夏らしいさっぱり食べやすい、…

  7. おろしダレの豚丼

    口いっぱいに頬ばりたくなる豚肉の丼佐藤です。私、健康のため(ある理由で)に肉を食べ…

  8. 【10分煮物!】菜の花と豚肉のたっぷりおろし餡かけ

    ★それほど、苦くは無いです...佐藤です。若干、温かさを感じる季節になってきました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP