甘み感じる!もろこしチヂミ

【酒の肴】チヂミの具材にとうもろこしを活用した「もろこしチヂミ」!生のとうもろこしから作るので強い自然な甘みを感じられます!

「実は知りませんでした…」

佐藤 周生です。

今回は、「旬のとうもろこしを使って甘みを楽しむチヂミ」を伝授します!

当たり前ですけど、野菜というのは、そのまま生で食べると素材その物の味がよ~く分かります。

特にとうもろこしは「甘み」をダイレクトに感じます。

そんな、とうもろこしの自然な甘みを実感したのは、私が創作料理店に勤めていた時…

食通の方ならご存知かもしれませんが、「ゴールドラッシュ」というとうもろこしの品種、ぞくにいうスイートコーンの一種ですね。

これ面白くて、実が黄色じゃなくて「白い粒」。

今ではよく見かけますが、20年前はそれほど出回ってなかったと思います。

で、この珍しいとうもろこしを刺身としてメニューに載せていたのです。

要は生食。

当時、私は、

「えっ?とうもろこしって生で食べれるの?」

と茹でたりなど加熱して食べるものと思い込んでいたので結構驚いたのですが、

これがめちゃくちゃ甘くておいしい。

この時をきっかけにとうもろこしは鮮度が良ければ、生で食べるようになりました。

(皮をむくだけで、すぐ食べられますし…)

ですが、 ゴールドラッシュの刺身も売りさばけない時があって、鮮度が落ちる。

こうなると生では出しにくいので加熱するしかなく、試しにササっと茹でて食べてみたわけです。

すると、甘み増幅…

生より甘みが増すことが分かったと。

この時に「だから、茹でて食べると旨いんだな」と実感しました。

もちろん、これは、 ゴールドラッシュに限ったことではなく、ほぼどんなとうもろこしでも加熱すれば甘みを増して感じる。
(元々のとうもろこしの甘味が弱い場合は、加熱しても変わりませんが…)

そんな、とうもろこしの甘みを強く感じて頂くには、こんな料理もおすすめ…

「とうもろこしのチヂミ焼き」

とうもろこし1本使って、玉ねぎ・ニラと共にチヂミの衣と混ぜ、フライパンで薄焼きにする。

作り方も簡単で、とうもろこしの甘みをダイレクトに味わって頂けます。

1つ手間があるとすれば、生のとうもろこしを使うので、粒を切り落とす作業。

これが面倒ということで缶詰のコーンを買ってくれば楽ですが、やっぱり加工済みのコーンと生のとうもろこしは味が違うので、

生を使って頂きたい。

生のとうもろこしが出回るのは、夏の時期だけなので、旬を楽しむという理由でも生を使って欲しいですね。

ビールのアテになる、レシピをみて下さい。
↓↓

【材料】(1人前)
とうもろこし…1本
玉ねぎ…1/4コ(50g
ニラ…1/5束(20g)

胡麻油… 大1杯

【衣】
小麦粉…大さじ4杯と1/2杯
片栗粉…大さじ2杯と1/2杯
粉カツオ…小さじ2杯
水…80cc

【チヂミたれ】
酢…大さじ1/2杯
濃口醤油…大さじ1/2杯強
胡麻油…小さじ1/2杯
みりん…小さじ1杯
胡麻…2つまみ

1,とうもろこし(1本)は、皮をはぎ取って、半分に切ります。
2,縦向きにして、実を切り落とします。

※実の根元ギリギリのところを切る。
3,つぶがくっ付いている場合はバラにして、ボウルなどに入れます。
4,玉ねぎ(1/4コ)は、3mm幅の薄切りにします。
5,ニラ(1/5束)は、1cm幅に切ります。
6,チヂミの【衣】を作ります。

ボウルに小麦粉(大杯と1/2)、片栗粉(大2と1/2)、粉カツオ(小2)を合わせ、
水(80cc)を少量づつ加えて混ぜます。

しっかり混ざればOK。
7,衣の中に具材を全部入れてよく混ぜます。
8,フライパンを強火で熱し、胡麻油(大1)を敷きます。
9,40秒ほど熱したら中火にして、(7,)を全部入れます。
10,フライパン全体に広げ、形を円く整えます。
11,さらに弱火にして蓋をかぶせ、5分焼きます。
12,焼いている間に【チヂミたれ】を作ります。

ボウル(小)に酢(大1/2)、濃口醤油(大1/2杯強)、胡麻油(小1/2)、みりん(小1)、胡麻(2つまみ)を合わせ、よく混ぜておきます。
13,5分焼いたら、フライ返しで返し、反対面も焼きます。

※フライ返しだけで返そうとするとちぎれやすいので、蓋をした状態のまま、くるっとフライパンを返し、蓋の裏にチヂミをのせ、戻す時は、少しづつ滑らせて戻せば上手くいきます)

同じように5分焼いたら出来上がり。(仕上げに、中火にして焼き、表面をカリッとさせる)
14,焼けたら、まな板に出し、6等分に切ります。
15,フライ返しで平皿に盛ります。(左から置いて、少し重ねる)
16,小皿に【チヂミたれ】を入れ、皿にのせて完成です。

とうもろこしの甘みを強く感じる、「創作チヂミ」。

上手く焼くポイントは、胡麻油を多めに入れることです。

香りも良く、カリッと仕上がります。

是非、旬のとうもろこしを使ってチヂミを作ってみて下さい。

簡単夏の煮物!冬瓜と焼き油揚げの含め煮

スパイス香る!焼き夏野菜の和風挽肉カレー

関連記事

  1. ズボラ焼き茄子

    手抜きなのに味良し、色も綺麗な”焼き茄子”佐藤 周生です。今回は、…

  2. 南瓜とツナの豆乳グラタン

    「野菜の味が濃い、具材メインのグラタン」佐藤 周生です。今回は、「野菜の味が濃いグ…

  3. 具だくさん野菜チャーハン

    「冷蔵庫の残り野菜を使いきれ!」佐藤 周生です。今回は、「冷蔵庫の中途半端…

  4. 彩り生野菜のそうめんサラダ

    「生野菜を食べる理由はこっちが大事」佐藤 周生です。「生野菜の摂取を怠れば、体のエ…

  5. エイひれの網焼き

    焼きたてで食べる最高の干物佐藤です。今回は、「焼きたてで食べるおすすめ干物…

  6. 旨味の効いた!冷やし茶漬け

    化学調味料完全無添加の「冷やし茶漬け」佐藤です。今回は、「炎天下の暑い日にササっと…

  7. 牛しゃぶとトマト&玉ねぎのシソ香るマリネ風

    牛肉を軟らかく仕上げるズボラ法!佐藤です。「肉をさっぱりで食べる!簡単料理」を伝授します。…

  8. 絶対失敗しない!高菜とカニかまの和風チャーハン

    絶対失敗しない!高菜とカニかまぼこのガッツリ!和風チャーハン佐藤です。”絶対失敗し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP