丸ごと玉ねぎの肉みそ田楽

【酒の肴・おかず】玉ねぎをトースターで丸焼き!特製「肉みそ」をかけるだけの簡単な田楽料理!やわらか~く仕上がって「肉みそ」のおいしさで玉ねぎの甘味が際立ちます!

【激熱だけど甘みがたまらん!】

佐藤 周生です。

今回は、「玉ねぎ丸ごと使った田楽料理」を伝授します!

玉ねぎの健康効果はご存知の通り、硫化アリシンによる血液サラサラ効果や悪玉コレステロール低下、

ケルセチンの活性酸素除去効果、生で食べれば消化負担を減らす酵素が摂れるなど、他にもたくさんありますが、

とにかく体に良いので、毎日食べてもいいくらいの野菜ですよね。

しいて言えば、スーパーに並ぶほとんどの玉ねぎは「雄性不稔(ゆうせいふねん)」というおしべが無い奇形の株から育っていることがデメリットかもしれません…(不妊症の原因と言われてます)

これ、詳しく説明すると長くなるので、「ゆうせいふねん」で検索して調べて下さい、たくさん情報が出てきます。(肯定する意見もありますが、私は懸念を持っています)

とはいえ、栄養効果が高いことには変わりないので、こんな料理をおすすめしたい…

『丸ごと玉ねぎの肉みそ田楽』

玉ねぎ丸ごと、皮付きのままオーブントースターで焼いて、焼けたら皮を剥き、特製「肉みそ」をかけるだけ。

簡単な田楽料理!

蒸し焼き状態で加熱されるので、やわらか~く仕上がり、玉ねぎの独特の甘味が際立つ…

この甘みに肉のコクが加わった「肉みそ」が絡む…

素材そのまま、ダイレクトな味が引き立つ「田楽料理」が楽しめます。

1つ、デメリットは時間がかかること。

丸ごとの野菜を加熱する料理は全てそうですが、今回の玉ねぎでも通常なら中まで火を通すのに40分~50分かかります。

これでは、なかなか作る気になれない。

そこで、ちょっと一工夫…

「釘(鉄釘)を刺して焼く」

玉ねぎに釘を刺したその見た目は、ちょっとグロテスクですが、釘を刺して焼くことで釘からも中に熱が入り、早く熱が通る(やわらかくなる)…

そのまま焼くより10分~20分短縮できます。

これは、「串を刺して焼く焼魚」を応用した方法。

お店では通常、焼き魚は串を刺して焼くきます。

串からも熱が伝わって中までしっかり熱が通るわけですね。

こういった工夫で加熱時間を短くして頂きたい。

30分~~40分なら、他の作業をしているうちにすぐ時間が経ちますよ。

玉ねぎは、焼き始めたらほったらかしにできますからね。

なので、「時間かかってめんどくさい!」とはならないです。

わたし、冷めないうちに出来立てを食べましたけど、

玉ねぎの甘みが最高でしたね。

やっぱり、丸ごと料理は中心部分が激熱ですから「ふ~ふ~」して食べないと舌を火傷しそうになります(笑)…

レシピ見て下さい。
↓↓

【材料】(1人前)分量備考
玉ねぎ(中)1コ(180~200g)小ぶりの玉ねぎがおすすめ
刻みネギ少量
【肉みそ】(5~6人前)  分量          備考
鶏ひき肉(もも肉)100g他のひき肉でも可
挽肉用の酒大さじ1杯
麦みそ100g他の味噌を使う場合は甘味の調節が必要
みりん90cc
大さじ2杯(30cc)
濃口醤油小さじ1杯
胡麻油小さじ1杯
おろし生姜小さじ1杯分
1、玉ねぎを焼きます。

玉ねぎは綺麗に洗って皮付きのまま、細い釘(5cmくらい)を4~5本深く刺します。

※釘を刺して焼くことで釘から熱が中に入り、刺さずに焼くより早く焼ける。

※画像では金串を刺してます。
2、トースターの中心に置いて、30分~40分焼きます。

玉ねぎの上下は、座りのいいほうで置いて下さい。(上下関係なく、あまり動かない向きで置く)

※温度調節できるなら「250℃」で。
※玉ねぎの微妙な大きさの形の違いで焼き時間が変わるので、

とりあえず25分焼いて、串を刺してやわらかさを確かめ、

硬いようなら、さらに5分、10分と焼いて下さい。
3、焼いている間に「肉みそ」を作ります。

鍋に酒(大1)と鶏ひき肉(100g)を入れ、中火で加熱します。(酒炒り)

※酒炒りすると肉の臭みが軽減する。
4、挽肉に熱が通ったら(色が変わったら)、弱火にして麦みそ(100g)を加えて混ぜます。
5、みそが”しっかり混ざったら”、おろし生姜(小1)、酒(大2)、みりん(90cc)、濃口醤油・胡麻油(各小1)を加えます。
6、調味料が全体に混ざったら、中火に強めて混ぜながら10分煮詰めます。

※沸騰が強すぎると飛び散って、火傷の恐れもあるので火加減を調節する。

※プツプツ小さい沸騰の泡が出るくらいの中火。
7、ドロッとした状態になり、「少し濃いかな」と感じる味まで煮詰まっていればOK。

※煮詰め過ぎると味噌からくなる。
8、余熱がとれたら、今回、使う分(大さじ2杯分)だけ鍋に残し、

タッパなど容器に移し変え、完全に冷めてから冷蔵保存して下さい。

※約1ヶ月間、日持します。(水滴など不純物が入らなければ)
9、玉ねぎは、串を刺し、力を入れずに中心まで刺さればOK(やわらかくなっていれば)。

出来上がり!
10、まな板にアルミホイルなど敷いて、玉ねぎをのせます。

上部を切り取ります。
11、十文字に切ります。

※下まで全部切らずに2/3で止める(下のほうは繋がったまま)
12、外側の硬い皮だけ剥いて広げます。

※皮は付けておく。焦げのこうばしい良い香りがするので。
13、中央を少し開いて、そこに再度温めた肉みそ(大さじ2杯分)をのせます。
14、刻みネギを添えて完成です!

全体的には時間のかかる料理ですが、玉ねぎを焼いている間に「肉みそ」作ったり、他の作業をやっていれば意外と長く感じません。

玉ねぎは、ほぼほったらかしにできますから。

とにかく、先に「玉ねぎを焼き始める!」ですね。

応用は丸茄子・長芋・カボチャなど…

これらなら、もう少し早く熱が通ります。

是非、作ってみて下さい。

かぶとエリンギのHOTサラダ ツナまよソース

関連記事

  1. びんちょうマグロのネギ味噌焼

    パサパサ食感防止のための食材選びとは?佐藤です。今回は、魚のネギ味噌焼で「びんちょ…

  2. 焼き過ぎ!?ぶりとキノコのバター醤油ステーキ

    魚の”パサパサ”をごまかす方法これ、”失敗”料理なのです…今回は、「焼き過ぎた魚を…

  3. 鮭の和風アクアパッツァ

    簡単!フライパンで蒸し焼するだけ!佐藤 周生です。私が、地元岡山に帰って働いた居酒…

  4. 焼きたて熱々!手羽先5種風味の網焼き

    網焼きで食べる”肉”はこれが一番!佐藤です。今回は、前回の続きでセラミック網を使っ…

  5. 炭焼きになる? ほっけ一夜干し

    知っていましたか?”魚の異臭を抑える!魚を焼く方法”を伝授します。先日、厄年を迎え…

  6. 極旨!甘味無し!?の一人鍋

    佐藤です。「毎日の料理で実際に使える包丁テクニック!」は、一度お休みしまして…今回…

  7. 野菜たっぷり豚平焼き丼

    炒め野菜で早く熱を通すには「○○」を加える...佐藤です。今回は、「野菜が…

  8. 豚スペアリブの和風マヨマスタード焼き

    ビール派の方、必見!豪快肉料理佐藤 周生です。夏は、「肉!」というイメージがあるの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP