スパイス香る!焼き夏野菜の和風挽肉カレー

【カレーライス】ひき肉とすりおろし野菜を煮込んだ手作り「和風カレー」!特大カットの焼き夏野菜が豪快さを演出します!

佐藤 周生です。

今回の料理は、これ!

「挽肉で作る和風手作りカレー」です。

夏と言えばやっぱり「辛い!」料理もおすすめ。

毎日は体に良くありませんが、たまにはOK。

香辛料には、男性ホルモンのテストステロン多く分泌する効果もありますから、若返りにも少し期待できそうです。

辛い物好きの方は、テストステロンの数値が高いそうですよ。

生涯現役を目指すなら、適度な辛い物料理は必要かもしれません。

で、おすすめしたいのが、

「スパイス香る!焼き夏野菜の和風挽肉カレー」

挽き肉とすりおろした玉ねぎ&人参を炒め、和風出汁(水にカツオ節加えるだけ)を加えて、カレー粉を投入。

味付けは、シンプルに塩とケチャップだけ。

でも、挽き肉の旨味と出汁の旨味が強いので、十分美味しく作れる手作りカレーです。

で、これだけでも美味しいですが、さらに豪快に切った夏野菜を焼いてトッピング!

茄子、甘長唐辛子(ピーマンでもOK)、赤パプリカ、南瓜の4種…

野菜の旨味や甘みも加わって、美味しさ3倍!ボリュームも満点です。

ただ、ちょっと手間がかかる。

食材もそこそこ多いですし、煮込みも時間をかけないと美味しくならない。

なので、休日の朝からゆっくり作って、昼食で食べて頂くのがいいかと思います。

といっても、1時間半あれば作れるので、平日に余裕があれば夕飯に作るのも有りです。

美味しくするためのポイントは、玉ねぎ&人参をしっかり炒めて、甘みと旨味を引き出すこと。

そして、煮込みの時間を長くするほど、カレー粉が全体に馴染んで美味しくなります。

私、年に2~3回、手作りカレーを作ります。

作る前は「出来るだけ、簡単に作りたい」と思うのですが、作り出すとそんなことはどうでもよくなって、

「やっぱりカレー粉も自分で合わせてみたいな」

とか

「ベースは、スジ肉でスープを取るべきだったな」

などと思ってきます。

カレー作りは面白いですね。

で、1つ、注意点。

今回の手作りカレー、けっこう辛さが強いです。

カレー粉は、お好みで調節して下さい。(多いほど香りが強くて美味しくなりますが)

レシピ、公開します!
↓↓

【材料】(1~2人前)
挽き肉…100g
玉ねぎおろし(中)…1/2個(100g)
人参おろし(小)…1本(100g)

バター…10g(または油小さじ2杯)
カレー粉(S&Bなど)…10~15g
小麦粉…大さじ1杯(10g弱)
水…500cc
粉カツオ節…大さじ1杯
塩…小さじ1/2杯
ケチャップ…小さじ2杯

【材料(焼き野菜用)】(1~2人前)
南瓜…2枚(50g)
長茄子(中)…1/2本(50g)
赤パプリカ…1/4コ(50g)
甘長とうがらし(大)…1本(50g)※代用…ピーマン大1個
油…大さじ1杯

ごはん…適量
乾燥パセリ(あれば

…少量

★カレー粉は、ルーではなく、↑こんな缶の「粉」だけタイプのカレー粉を使って下さい。

もちろん、カレーマニアの方はお好きなスパイスをブレンドして使って頂いてもOK!
1,玉ねぎ(1/2コ)は、すりおろします。
2,にんじんもすりおろします。
3,すりおろしにくくなった小さい玉ねぎ・人参は、みじん切りに。
4,南瓜(タネを取る)は、7mm厚(幅)に切ります。

※皮は剥いてもOK。
5,茄子(1/2コ)は、2枚にそぎ切りにし、皮に細かく切り込みを入れます。(皮が多い方だけ)
6,甘長とうがらしは、上部(ヘタ)を切り落とし、縦半分に切ってタネを取り除きます。
7,パプリカ(1/4コ)は、ヘタと種を取り除き、縦半分に切ります。
8,挽肉カレーを作ります。

フライパンを強火で熱して、バター(10g)(または油大さじ1杯)を入れ、

挽肉を入れて中火にして炒めます。
9,挽肉に熱が通ったら(白くなったら)、玉ねぎ・人参おろしを加えて炒めます。(中火)
10,5分ほど炒めたら、弱火にして粉カツオ節(大1)と小麦粉(大1)を茶こしでふるいながら入れたら、よく混ぜます。

※茶こしが無ければザルでもOK。
11,カレー粉(10~15g)も加えて、さらに混ぜながら炒めます。 (弱火)
12,カレー粉を加えて5分ほど炒めたら、水(500cc)を加えます。

「100cc入れたら、混ぜる」の繰り返しで少しづつ加えます。(弱火)
13,水を全部入れ、しっかり混ざったら、塩(小1/2)、ケチャップ(小2)を入れます。
14,弱火のまま、焦げないように時々混ぜながら煮込みます(20分)
15,煮込んでいる間に夏野菜を焼きます。

フライパンに野菜を入れ(まだ火は付けない)、野菜全体に油(大1)をかけます。
※茄子に多めにかける。

強火にかけます。
16,「ジュ~」と音がしてきたら、弱火に。蓋をして蒸し焼きにします。
17,少し焼き色が付いたら返して、反対面も同じように焼きます。
18,挽肉カレーは、20分ほど煮込んで「どろっ」とした濃度になったら出来上がり。

※味見して、薄いようなら少し塩を足してよく混ぜて下さい。
19,盛り付けます。

大皿の奥側にごはん(適量)を盛って、手前に挽肉カレーを入れます。
20,焼き野菜をのせ、乾燥パセリ(あれば)をふって完成です。

野菜の盛り方は画像を参考にして下さい。

20分程度の煮込み時間ですと、カレー粉と小麦粉の粉っぽさをちょっと感じるかもしれません。

水の量を大幅に増やして40~1時間煮込めば、粉っぽさはかなり減ると思います…

すりおろし野菜と焼き野菜の素材の味が挽肉カレーをまろやかにして美味しさを激増させてくれます!

ちょっと手間なので、休日に工程を楽しみながらじっくり作って頂くのがおすすめです。

是非、挑戦してみて下さい。

甘み感じる!もろこしチヂミ

ヘルシー!こんにゃくステーキ 和風牛肉ソース

関連記事

  1. 豚肉のピカタ!トマトと茄子のチーズ焼

    薄味トマトには、「○○○○」が合う!?佐藤です。これ(下の画像)、わたしの家の畑で…

  2. 若芽と挽肉の炒り豆腐

    定番料理に季節の野菜や食材を加えて旬の料理に変化させる方法!佐藤です。今回は、「季…

  3. 鶏もも肉と舞茸のワイン蒸し焼、山葵マヨネーズ

    朝食に蒸し焼き料理!?佐藤 周生です。今回は、「買い置き調味料の心構え」を伝授しま…

  4. 茄子と油揚げの具だくさん”コク”味噌汁

    「”コク”の謎!?」佐藤です。「油で濃厚”コク”の味噌汁」を伝授します。…

  5. 茄子と豚バラ肉の油焼き べっ甲あん

    「楽チンなのに重宝できる調理法」佐藤 周生です。今回は、「茄子と豚バラと餡の組み合…

  6. アボカドとまぐろ山かけとろろ

    客が驚愕する「とろろ料理」佐藤です。今回は、以前お伝えした「とろろ芋」...…

  7. タップリだしかけ「出し巻き玉子」

    これをかければ、本物のだし巻きが楽しめる!佐藤です。今回は、「最後の一口まで、しっ…

  8. ズボラ!胡瓜の甘味噌和え

    野菜の和え物に「塩もみ」は不要!?例えば、「胡瓜とわかめの酢の物」...和え物にす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP