鶏もも肉と舞茸のワイン蒸し焼 山葵マヨネーズ

朝食に蒸し焼き料理!?

佐藤 周生です。

今回は、「買い置き調味料の心構え」を伝授します。

私は、時々これやってしまうのですが…

買い物に行った時、

「この調味料使って何か料理しよ」

と特にどんな料理にするのかも決めずその調味料だけ買う。

で、結局忘れて使わずそのまま…

冷蔵庫の一部スペースをいつもまでも占領。

段々邪魔になってきて、ここでやっと思い腰を上げて何かの料理に使う。

「使わなければならない」と思うと気分がのらないで適当な料理になったりまします。

それと、こんな場合もある…

何か作る料理が決まっていて、それに必要な調味料を買う。

でも、なかなか使い切れないで、何か月も残ったまま…

といったほうが多いかと。

例えば、私が「これなんかの料理に使えるやろ…」と買い置きしてしまった調味料は「白ワイン」。

お酒としての飲み物ではなく、調味料として使うつもりで買ってました。

で、先日のこと。

新しく別の調味料を買って、冷蔵庫に保存する際にその白ワインがかなり邪魔に。

「あっ!白ワイン、忘れとった…」

その時は、あまり料理する気分ではなかったのですが、

「しかたなく白ワインを使う料理を考えて作った」

というわけです…

やっぱり大事ことは、

「この調味料で美味しい料理作ろう!」

と思ったその時にすぐに料理を考えて作らないと駄目ですね。

「そのうち…」
「いつか…」

と思っていると忘れます。

これは、調味料だけでなく食材でもあることではないでしょうか。

テンションの上がったときが一番作るべきタイミングのような気がします。

ということで、もし「白ワイン」が残っているときにおすすめなのが、

「鶏もも肉と舞茸のワイン蒸し焼、山葵マヨネーズ」

です。

鶏肉と舞茸とかぼちゃを油でササっと炒めて、白ワインを加えて蒸し焼きして熱を通す。

これに山葵(わさび)を加えたマヨネーズをかけて食べます。

フランパン1つあればできる、簡単!蒸し焼料理です。

これ、白ワイン以外にも日本酒で作ることも出来るので、

「白ワインは無いからできない」と諦めないで下さい…

白ワインならワイン独特のフルーティーないい香りが付きますし、

日本酒ならお米の爽やかな香りが付きます。

それと同時にアルコールの効果で鶏肉の臭み、野菜のクセも抑えてくれます。

ピリッとしたわさびマヨネーズがアクセントになって様々な酒のアテにもなりますし、献立の主菜にもなりますね。

わたし、その日のスケジュールの都合で早朝に試作して食べたのですが、マヨネーズでこってりしている思いきや、意外とそうでもなく食べられました。

「蒸す」ことでさっぱり感が出るのだと思います。

この料理は、いろんな食材で作れます。

肉以外も魚、貝。

野菜はほぼ何でもいけます。

冷蔵庫の残り物処理として「蒸し焼調理法」を使うのも1つ方法ですね。

では、朝の一品としても食べられる「ワイン蒸し焼」のレシピをご覧下さい。
↓↓

【材料】
鶏もも肉…一枚(200g)
まいたけ…1/2P(70g)
南瓜…小1/8個100g
塩、コショウ…少々
白ワイン…60cc(代用:日本酒)
オリーブ油…小さじ2杯(10cc)

【わさびマヨネーズ】
マヨネーズ…15g
練りわさび…1~2g

1、まいたけは、5~6等分に裂きます。
2、南瓜は、皮を削り取ります。
3、縦3等分に切り、5~6mm幅の角切りにします。
4、鶏肉は、両面に包丁の先で切り込みを入れ、繊維の向きと反対方向で4等分します。

軽く、塩コショウをふっておきます。
5、フライパンを強火で熱します。

オリーブ油を入れ、30秒ほどしたら鶏肉を皮を下にして入れます。

皮がキツネ色に焼けたら裏返します。
6、両面、キツネ色に焼けたら、かぼちゃを加えます。

油を絡めるようにかぼちゃを軽く炒めます。
7、かぼちゃの上に”まいたけ”をのせ、白ワインを入れます。
8、フタをして3~4分蒸し焼きします。
9、蒸している間に「わさびマヨネーズ」を作ります。

ボウルにマヨネーズとわさびを入れ、よく混ぜます。
10、ワインがほぼ蒸発して、かぼちゃが軟らかくなっていれば出来上がり!

(かぼちゃがまだ固い場合は、ワインを少し足して1~2分蒸して下さい)
11、平皿の中心に鶏肉を盛り、周りにかぼちゃを、その上にまいたけ、鶏肉の上にわさびマヨネーズをのせて乾燥パプリカをふって完成です!

(普通のマヨネーズを線状に飾ってます)

ブロッコリーやアスパラなど青野菜を加えれば、見た目の色合いが冴えるので青野菜もおすすめです。

フライパンで簡単に作れます。

是非!やってみて下さい。

安心!美味しい!手作りマヨネーズ

厚揚げとレンコンのきのこ鶏そぼろ餡かけ

関連記事

  1. 新玉ねぎと合挽肉の和風スパニッシュ

    「焦がさず焼ける!謎のテクニック」佐藤 周生です。今回は、「出汁が入って軟らかい和…

  2. 鶏ひき肉と春雨のさっぱり炒め

    「チャプチェを知ってますか?」佐藤 周生です。「チャプチェ」って知ってますか?…

  3. 超時短!イカのバターしょう油炒め

    酔った気分になるイカの炒めもの佐藤 周生です。今回は、「クセになるイカ料理」を伝授…

  4. じゃが芋の豚バラ巻 串焼き べっこう餡かけ

    【いつも行くお店はすぐ思い出せる...】佐藤 周生です。今回は、関係ない方がほとん…

  5. 焼きあじと高菜の混ぜごはん

    安心できる「混ぜごはん」佐藤です。今回は、「魚を使った混ぜごはん」を伝授します。…

  6. 焼き野菜の玉子餡かけ丼

    野菜の美味しい食べ方は「〇〇」なんです...佐藤 周生です。今回は、「ササ…

  7. 鶏もも肉と千両茄子の べっ甲餡かけ

    佐藤です。あなたのお住まいの地域は大丈夫ですか?私の住む岡山県は”台風”直撃です。…

  8. 野菜たっぷり和風タッカルビ

    じっくり加熱で野菜の旨味がジュワジュワと...佐藤です。今回、伝授したいレシピは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP