白菜と鮭のとろろ昆布蒸し

一口サイズに切った白菜と塩シャケの切身にオリーブ油ベースのしょう油タレを絡め、「とろろ昆布」を加えて”蒸す”だけ!白菜の甘みと鮭の旨味が口いっぱいに広がり、薬味の「白髪ネギ」て後味さっぱり!冬の一品です!

【病気が治りにくい原因とは?】

健幸料理家 佐藤周生です。

今回は「健康なカラダのために消化負担を減らす調理法」を伝授します。

ことあるごとにお伝えしていますが、私たちは食事で「酵素」が摂れてない場合、消化に大きな負担がかかって、体の回復がおろそかになります。

どういうことか?

まず、食物を消化(分解)してくれるのは、体内の「消化酵素」です。

また、消化酵素というのは「生の食物」や「発酵食品」にも含まれています。

そして、体内には、もう1つの酵素がありまして、「代謝酵素」といって、簡単に言いますと

”体の回復に欠かせない酵素”です。

どちらの酵素も1日に体内で作られる量が決まっています。

もし消化負担が大きくなると「消化酵素」が大量に消費され、足りなくなると「代謝酵素」が代用されてしまいます。

ここで、勘のいい方はお分かりだと思いますが、

「代謝酵素」が消化で代用されると、代謝酵素の量が減ってしまうので、本来の役目「体の回復」がおろそかになるわけですね。

それで、病気がいつまで経っても治らなかったり、悪い症状が改善しなかったりするのです…

ですから、消化負担は「病気を治りにくくする原因」になるということ。

では、何が消化負担になるのか?

それは「酵素を”含まない”食物をたくさん食べる事」です。

先にも言いましたが、生の食物や発酵食品には消化酵素を含むので、そういった食物を食べていれば、食物に含まれる消化酵素が体内で消化を助けるので、消化負担になりません。

ですから、体内の消化酵素を大量に消費することもなく、代謝酵素が代用されなくなる…

しかし、酵素は非常に”熱に弱いもの”なので、生の食物でも加熱された場合は酵素が失われています。

要するに「加熱された食物」には酵素を含まないので、それを多く食べていると体内の消化酵素だけで消化しなければならず、消化負担を高めてしまうのです。

だから、「酵素を”含まない”食物」、すなわち「加熱食」は多く食べないようにしましょう!とお伝えしているのですね。

その分、酵素を含む「生の食物」や「発酵食品」をたくさん食べて頂きたいということ。

とはいえ、「生の食物」や「発酵食品」は冷たい食べ物なので、冬の寒い時期にそればかりは食べられない…

体が冷えてしまいますから、「加熱食」も食べたいですよね?

そこで、有効なのが「加熱食の消化負担を減らす調理法」

加熱食であっても「酵素を含む食物」を足してあげれば、消化負担は少し軽減します。

その方法の1つが「薬味をプラスする」です。

普段作る料理でも薬味を加える場合があると思いますが、薬味というのは、ほとんどの場合”生の野菜”であり、消化酵素を含むので、実は消化負担を軽減してくれているのですね。

薬味といえば、おろし生姜、おろし大根、おろしニンニクなどなど…

でも、やっぱり代表的な薬味は「ねぎ」ではないでしょうか。

青ネギ、白ネギ、どちらでも「生」であれば、酵素は含まれています。

また「ねぎ」は、酵素が摂れるだけでなく、抗酸化作用や殺菌作用が強い「アリシン」という成分も多く含むため、栄養的にも健康に直結します。

ということで、酵素を含まない加熱した料理であっても、酵素を含む「ねぎ」などの薬味をプラスするだけで、消化負担は軽減できます。

もちろん、薬味を多く加えるほど消化負担を小さくできます。

加熱料理に「薬味をプラスして消化負担を軽減する」という調理法を普段作る料理に取り入れてみて下さい。

で、その一例として、今回おすすめしたい料理が、

『白菜と鮭のとろろ昆布蒸し』

一口サイズに切った白菜と塩シャケの切身にオリーブ油ベースのしょう油タレを絡め、「とろろ昆布」を加えて”蒸す”だけ。

最後に白ネギと青ネギを合わせた「白髪ネギ」の薬味をタップリ添える!

白菜の甘みと鮭の旨味が口いっぱいに広がり、オリーブ油としょう油の香りがフワッと抜けて、最後にネギの薬味で油分が打ち消され、さっぱり感が漂う…

シンプルな料理ですが、味わい豊かで楽しんで頂けます。

試作ではでき立て熱々を食べました。

タレの味加減が丁度良いだけでなく、熱々なので体がポカポカしましたね。

体を温めながら免疫を高めて「ねぎ」の薬味で消化負担も軽減できます。

簡単レシピをご覧下さい!
↓↓

【材料】(1人前)分量備考
鮭(塩シャケ 薄塩)1切(70g)
白菜中3枚(150g)
白ネギ(中)
(青の部分も利用)
白の部分1/5本(20g)
青の部分1/2本(10g)
とろろ昆布5つまみ(5g)できれば無添加
【味付けダレ】分量備考
オリーブ油小さじ2杯(10cc)
濃口しょう油小さじ2杯(10cc)
大さじ1杯(15cc)
粉かつお節小さじ1杯

1、「即席蒸し器」を準備します。
蓋付きの鍋などに小皿を敷き、小皿の高さまで水を入れ(小皿が浮かない様に小皿の中にも水を入れる)、弱火にかけておきます。
※沸騰したら止めて置く。

2、白髪ネギを仕込みます。
白ネギ(1/5本)、青の部分(1/2本)は、斜め(長さ3cm)の極薄で薄切りします。

3、流水で5秒ほど洗って、青と白が絡むように混ぜ、水気をきっておきます。
※冷蔵庫で冷やしておく。

4、白菜(中3枚)は縦2等分にし、茎の3cm幅、葉は5cm幅くらいに切ります。

5、鮭(1切)は、骨を取り、4等分に切ります。
※小骨も抜く。

6、【味付けダレ】を作ります。
ボウルにオリーブ油・濃口しょう油(各小2)、酒(大1)、粉かつお節(小1)を入れ、混ぜます。

7、白菜と鮭を加え、【味付けダレ】に絡めます。
※白菜・鮭、それぞれ分けて絡める。

8、即席蒸し器に入る大きさの平皿に(7、)の白菜を入れ(平らにする)、とろろ昆布を10ヶ所に分けてのせます。

9、隙間に鮭をのせます。

10、即席蒸し器を再び火にかけ(強火)、沸騰したら(9、)を入れます。
蓋をして中火に弱めて6分蒸します。

11、6分蒸したら出来上がり!
別の器に綺麗に盛り直し、【味付けダレ】も全部かけます。

12、白髪ネギをのせて完成です!

白菜と鮭をタレに絡め、白髪ネギと共に食べて下さい。

白菜の甘みと鮭の旨味を感じ、最後にオリーブ油の香りがフワッと抜けていきます。

とろろ昆布の代わりに塩昆布…白菜の代わりにキャベツ…鮭の代わりに塩サバなどが代用できます!

水煮のイワシやサンマでもOKです。

是非、作ってみて下さい!

彩り野菜たっぷり!からすカレイの南蛮酢かけ

無限!白菜のツナ塩昆布和え

関連記事

  1. ブリとかぶらの味噌煮

    自慢できる「ブリの味噌煮」佐藤です。今回も、『玉みそ』で作れる料理で、「味…

  2. 夏野菜と銀シャケの酒蒸し焼き ゴマ味噌だれ

    フライパンで”酒蒸し焼き”するだけ...佐藤 周生です。今回は、「定番の切…

  3. 砂ずりとセリのわさびマヨ和え

    男性機能パワーUP!?の「和え物」佐藤です。今回は、「食感を楽しめて、男性機能がア…

  4. たっぷり野菜あんのとろとろオムレツ

    創作料理店で好評だった「餡かけオムレツ」とは?佐藤 周生です。今回は、「野菜たっぷ…

  5. 丸ごと玉ねぎの肉みそ田楽

    【激熱だけど甘みがたまらん!】健幸料理家 佐藤周生です。今回は、「玉ねぎ丸ごと使っ…

  6. 温まる、野菜だけの豆乳シチュー

    豆乳で作る自然の甘味のシチュー佐藤です。「乳製品は体に良い」と言われますが、栄養、…

  7. @割合で焚く煮魚!シャケのアラ煮付け

    「魚アラ用の「煮付け割合」!」佐藤です。先ずは、前回の訂正をさせてください。…

  8. 食感楽しむ!叩き胡瓜の胡麻みそマヨ

    『胡瓜で痩せる!?』健康料理家 佐藤周生です。今回は「生野菜で消化負担を軽減する健…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
PAGE TOP