簡単ししゃもの南蛮漬け

【酒の肴・副菜】フライパンでししゃもを焼いて、薄切り玉ねぎと共に南蛮酢に漬けるだけ!調理が簡単な割にさっぱり味の美味しいししゃもが楽しめます!

「手間なし南蛮漬け!」

佐藤 周生です。

「酢の物」は、意識してないとなかなか作らない…

献立に並びにくい料理だと思います。

「もずく酢が好物!」
「しめさば大好き」
「黒酢飲んでます!」

という方は、「お酢」がある程度、摂れているのでいいのですが、

普段「酢は摂れてないな」と思う場合は、意識して「酢の物料理」を作って頂きたいですね。

お酢が摂れてないと、疲労がたまりやすくなったり、血液の流れが悪くなったり、腎臓や尿路の結石にもなりやすくなります。

一日大さじ1~2杯(15~30cc)摂っていれば、そういった症状は出にくくなりますし、糖分の代謝を良くしたり、血糖値の上昇を抑える働きもあります。

糖尿病の改善にも効果があるとされてます。

ですので、酢の物はできるだけ献立に取り入れて欲しいです。

もし、酸っぱいものが苦手という場合は、加熱するといいです。

酸味が抑えられ食べやすくなります。

酢は加熱しても栄養分に変化は、ありません。
(発酵菌が生きている場合は加熱すると死んでしまいます。料理的にもお酢の香りが減ります…)

で、おすすめしたい料理がこれ、

「簡単ししゃもの南蛮漬け」

「南蛮漬け」は、魚で作ることが多いので魚を切って、粉をまぶして油を準備して揚げて…

と、ちょっと手間のかかる料理なので、面倒に感じると思います。

ですが、私のおすすめ南蛮漬けは魚は魚でも「ししゃも」を使います。

なので、捌いたり、切ったりする作業がありません。

さらに「揚げ」ません!

フライパンで焼くので、粉をまぶす必要もなく、油の準備も必要なし。(粉を付けたほうが失敗しにくい)

ほとんど手間をかけずに「南蛮漬け」が作れます。

ししゃもをフライパンで焼いたら、薄切りの玉ねぎと共に「南蛮酢」に付け込むだけ。

一回でも「焼きししゃも」を食べてその美味しさを知っていれば、この南蛮漬けが美味しいであろうことは、多くを語らずとも分かって頂けると思います。

今までも様々な南蛮漬けをお伝えしてきましたが、

「簡単ししゃもの南蛮漬け」

で使っている南蛮酢は、酢の割合を抑えてあるので酸味が苦手な方も食べやすくなってます。

何より、日持ちする料理なので大量に作っておくといいと思います。

献立の「あと一品」が冷蔵庫にあるというだけで、日々の料理作りは精神的にも楽になりますからね。

簡単レシピをみて下さい。
↓↓

【材料】
ししゃも…10尾
玉ねぎ…1/2個(春は新玉ねぎがおすすめ)
油…大さじ2杯
一味…少々
刻みネギ…少々

【南蛮酢】
割合「水(出汁)4:酢1:みりん1:淡口しょう油0.5」
水…120cc
酢…大さじ2杯(30cc)
みりん…大さじ2杯(30cc)
淡口醤油…大さじ1杯(15cc)
カツオ節…軽くひとつかみ

1、玉ねぎは繊維に沿って、薄切り(2mm幅)にします。

流水で軽くすすいで、水けをよくきっておきます。

(写真は、小さい玉ねぎを1コ使ってます)
2、ししゃもは、水けをよく拭きとります。

フライパンを強いで熱し油を入れ、30秒熱したら弱火にします。

ししゃもを並べて焼きます。
3、1分半焼いたら裏返し、反対面も同じように焼きます。

(弱火で焼き色が付かないようならもう少しだけ火を強くして下さい)
4、焼けたらキッチンペーパーにのせ脂分を拭き取ります。
5、ししゃもがある程度冷めたら、タッパにししゃも⇒玉ねぎ⇒ししゃも⇒玉ねぎの順で重ねて入れます。

一味を3ふりほど入れます。
6、鍋に《南蛮酢》の調味料を合わせ強火にかけ、沸騰したら火を止め、カツオ節を入れます。
7、すぐに(4、)に流し入れます。
8、具材がしっかり浸かって無い場合は、上にラップやキッチンペーパーをかぶせて下さい。

冷めたら、フタをして冷蔵庫で1日寝かせます。

(最低でも5時間くらいはおいて下さい)
9、5尾づつ器に盛り、玉ねぎをのせ、南蛮酢もかけて刻みネギをのせたら完成です!

余計な手間のかからない簡単な南蛮漬けが作れます。

是非、やってみて下さい。

お知らせ

今回の「簡単ししゃもの南蛮漬け」のような「簡単で美味しい居酒屋料理をたくさん知りたい!」という方は、

私のレシピ本、

「居酒屋めし、最強おかずとつまみ72」もおすすめ!

ビールが進むシンプルな一品が満載です。

手のひらサイズの本なので、持ち運びにも便利。

ちょっとだけ中身を公開すると…

ブログと同じように調理工程がたくさんの画像で説明してあるので失敗なく作れます!

こちら↓で絶賛販売中です。

「居酒屋めし、最強おかずとつまみ72」 こちら↓は、今すぐ見れる「電子書籍版」

電子書籍版

鶏むね肉のしっかりカレー焼き

野菜出汁の混ぜ和そば

関連記事

  1. 炭焼きになる? ほっけ一夜干し

    知っていましたか?”魚の異臭を抑える!魚を焼く方法”を伝授します。先日、厄年を迎え…

  2. 小松菜と焼油揚げの和え物

    栄養は逃がさん!革命的調理法!佐藤 周生です。春は、あお~い野菜『菜っ葉類』が旬で…

  3. 15分お総菜!ひじきと葱のおから煮

    「おから煮を時短で作る方法」佐藤 周生です。今回は「作り置きお総菜に最適!簡単おか…

  4. 里芋と手羽元のやわらか田舎煮

    もっちり食感!1000回以上繰り返した煮物佐藤です。じゃが芋料理の定番「肉じゃが」…

  5. 最高に旨い!鶏肉の肉じゃが

    辿り着いた結論...「〇〇を強くする!」佐藤です。まさか、こんな人はいないと思うの…

  6. 【定番】牛肉の肉じゃが

    美味しい肉じゃが!3つのこだわりとは?佐藤です。読者さんに、「佐藤さんのレシピたく…

  7. アスパラとアジのさっぱり酢浸し

    「料理の基本」で作る楽チン酒の肴今回は、「二杯酢」を使って簡単な酒のつまみを伝授します。…

  8. 刺身を美味しく食べる2つの方法

    切れ端が美味しい一品に!?佐藤です。「今日は何を作って食べようか」とスーパーに買い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP