みりんで焚くさつま芋の甘煮

砂糖の恐怖

佐藤です。

今回は、「みりんだけで甘味を付ける美味しい煮物」を伝授します。

おすすめするのは「さつま芋の甘煮」。

これ、以前伝授した料理で、「美味しい!」とすごく反響がありました。

ですが、これ砂糖をたっぷり使う煮物・・・

最近は、砂糖に詳しい方が多く、健康意識の高い方も多い。

砂糖の数々のデメリットを知ってしまったために、極度の”敵対意識”を持つ人も。

なので、そういった方に合わせ、私もここ1、2年のレシピでは出来るだけ砂糖を使わないようにしています。

ただ、料理としての砂糖は、使いやすい。

甘味が強く、少量でもしっかり強い甘味を加えることができるからです。

(何より安い)ですが、「健康」を考えた場合の砂糖は、毒物と言ってもいいのかもしれません。

ここですべて詳しく話すと長くなるので砂糖を摂り過ぎると体にどんなデメリットを引き起こすのかを列挙しておきます。

・食物せんいを含まないので血糖値が急激に上がったり下ったりする。

・老化の加速、糖尿病、アレルギー、冷え性の悪化、ウイルスに対抗できなくなる。

・カルシウムを奪い、骨がもろくなったりガンを誘発しやすくなる。

・また、性格にも影響する(特に子供)。

・ビタミンB1欠乏症になりやすい。

・鬱、疲労、貧血、心疾患、呼吸器病、記憶障害といった様々な症状を招く。

・ 胃や腸の粘膜が緩み、胃潰瘍などになりやすくなる。また、脳の細胞が緩み、うつ病疾患などと関係が深い。

・脳への影響により、砂糖中毒という麻薬的な常習性が出てくる

・ 砂糖は人口的加工品。よってアスパルテームやスクラロースなどの甘味料も同じような影響があるガムなどに含まれる甘味料)

・精製加工の際に苛性ソーダ、硫酸などが使われている

他にもたくさんありますが、このぐらいにしておきます。

砂糖を使うことが習慣になっているとちょっと怖いですね・・・

ですので、煮物などに使う甘味の調味料は「みりん」がおすすめ。

”みりん風味”ではなく、「本みりん」砂糖に比べ血糖値の上げ下げが格段に低い。

何かのレシピに砂糖と書いてあればその量の2倍のみりんを入れれば大体同じ甘味になります。

なので、代用で使いやすいです。

アルコールを含むので料理的には少しお酒の効果もある。

なにより、どこのスーパーでも手に入る。

ということで、「さつま芋の甘煮」を砂糖ではなく”みりん”で美味しくできるレシピを今から伝授します。

輪切りにした新さつま芋を茹でて水とみりんでコトコト焚くだけ。

出汁は、必要なし。

水とみりんで十分美味しく作れます。

私が現役のときは、さつま芋の甘煮」を作ったら焚き合わせでよく使っていました。

皮の赤っぽい色が綺麗で、炊き合わせにした時に、全体の色バランスがすごくよくなります。

そして、甘いので食べやすく、他の煮物との味の違いを楽しめます。

お客さんに、「このさつま芋だけちょうだい!」と言われたこともあります。

で、この料理、ある隠し味をちょこっと入れると一気に風味がよくなって、おいしくなります。

それは・・・

↓↓

【材料】
さつま芋(細)・・・・300g(3本くらい)
(できるだけ細いさつま芋)
塩・・・・少量

《甘煮汁》
水・・・・・300cc
みりん・・・・200cc
濃口醤油・・・小さじ2と1/2杯(5cc)

1、さつま芋は、両端を切り落とし6~7等分に切ります。
細い部分は少し幅を大きく、分厚い部分は幅を小さく切ります。
(均等な大きさになります)
皮の周りに付いている”ひげ根”は、取り除いておきます。 
2、さつま芋をボウルに入れ水で2,3回すすいで濁りが出なくなったら、水けをきります。
 
3、鍋にさつま芋とかぶる量の水を入れます。
も入れて強火にかけます。
沸騰したら弱火にして茹でます。
(煮崩れ防止)
4、10分ほど茹でたらつまようじを刺し、軟らかくなっていればOK。
(若干硬いくらい)
5、水道水の勢いを抑えてさらして、冷まします。
冷めたら水気をきっておきます。
(さつま芋は鍋に入れたまま)
 
6、鍋に水、みりんを加えます。
強火にかけ、沸騰してきたら弱火にして約30分焚きます。
(火加減は、さつま芋が少~しゆれるくらいがベストです)
7、10分焚いたところで濃口しょう油を加えます。
(濃口醤油を入れると風味が増し、さつま芋に色が付いて美味しそうに仕上がります)
 
8、煮汁が1/3になるまで煮詰まったら火を止め、出来上がり。
完全に冷めてからタッパなどに、崩れないように移し変え煮汁も入れ 一晩冷蔵庫で寝かせてください。
(味が滲みて美味しくなります) 
9、深鉢の器にさつま芋を小高く重ねて盛り、煮汁もかけて完成!
( もしあれば、飾りに黒胡麻を少量かけると綺麗です)作り置きの副菜としても美味しく食べて頂けます。
そして、砂糖ではなくみりんを使うので、血糖値の不安もなくなります。
是非、作ってみて下さい。


 

70種類以上のレシピを網羅した調味レシピ集です。

これを活用して頂ければ、食べ飽きた料理でも今日から”いつもと違う味”で楽しめます!

今、この調味レシピ集を無料でプレゼントしています。

「同じ料理の繰り返しで、飽きた…」という場合は、こちら↓から詳細を見て下さい。

豪快!鶏肉の炊き込みご飯

遺伝子組み換えについてちょっとだけ…

関連記事

  1. 自然の甘み!さつま芋のすり流し汁

    「こんな食材もすりおろす?」佐藤 周生です。今回は、「さつま芋で簡単!お吸い物」を…

  2. ごろごろ芋と銀シャケのみそ鍋

    【食べ比べも楽しめる鍋】佐藤 周生です。今回は「芋をベースにした鍋料理」を伝授しま…

  3. オリーブ焼さつま芋とインゲン豆の 食物せんいたっぷり玉子サラダ…

    「実は、そのサラダ・・・・」佐藤です。今回は、「普通のサラダを”食物せんい”タップ…

  4. 【フライパンで簡単】焼きさつま芋

    【家で簡単に美味しい焼き芋を作る方法】佐藤 周生です。今回は、「フライパン…

  5. 本場!鹿児島さつま汁

    お母ちゃん直伝!本場、鹿児島さつま汁佐藤 周生です。私の母親は、九州、鹿児島、宮城(みやの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP