ズッキーニと豚ロース肉の人参ドレッシング

【おかず・酒の肴】ズッキーニと豚ロース肉をササっと焼いて、人参ドレッシングをかけるだけ!さっぱりして食べやすく、温かくもなく冷たくもない不思議料理です!

非常識な簡単料理

佐藤です。

今回は「応用が利く、調理法」を伝授します。

例えば、加熱した温かい食材には温かいソースや温かいタレなどをかける…

冷たく調理した食材には、冷たいドレッシングや冷たい合わせだしなどをかける…

これ、当然のことあり、常識とも言えると思います。

でも、その常識を覆す方法があって、その方法をマスターしておくとレパートリーってもっと増やせるのですね。

今回お伝えする料理は、

「ズッキーニと豚ロース肉の人参ドレッシング」

これ、フライパンでズッキーニと豚ロース肉をササっと焼いて、人参のドレッシングをかけるだけの超簡単料理。

熱々の食材に冷たいドレッシングをかけているわけです。

これがさっぱりして美味しい。結構おかずになって、肉の臭みが苦手な方でも食べやすいです。

でも、これ、

「温かい料理が冷たくなって台無しじゃん!」

といった固定概念を持っていると、そんな料理を思いつかないのですね。

ちょっと大げさに言えば、レパートリーを増やすチャンスを逃す…

別に温かくもなく、冷たくもない料理があっても良いわけです。

この固定概念というのは料理で言えば、新しいアイディアを潰すことになりすし、レパートリーを増やす機会も逃がす…

すごく勿体ない。

例えば、「トウモロコシ」。

トウモロコシは「茹でて食べる物」と思い込んでいたら、必ず茹でたり、焼いたり調理しないといけない。

時間がかかる。

でも、トウモロコシは生でも食べられるのですね。(瑞々しくて甘くてめちゃうまいです!当たり外れがありますが…)

生で食べられるなら、わざわざ加熱する必要などなく、切るだけ。

数分で一品作れます。

もっと言えば、皮を剥いてササっと洗うだけでも食べられるので、切ることすら必要ない。

生で食べられることを知っておけば、他にもいろいろ生で食べるトウモロコシ料理を考えられるので、加熱料理以外のレパートリーも増えるわけです。

「トウモロコシ」は例えばの話ですが、固定概念とか常識というのはチャンスを逃すので怖いことだと思います。

「当たり前」と思われていることって疑うことも大事ではないでしょうか?

料理に限ったことでは無く、様々な場面で言えると思いますね。(テレビのニュースは特に…)

ちょっと話がそれましたが、

「ズッキーニと豚ロース肉の人参ドレッシング」

で、活用している”熱いものに冷たいドレッシングやソースやタレをかける”という調理法なら料理の幅がすごく広がります。

例えば、茹でた野菜にドレッシングをかける「ホットサラダ」。

鶏肉を唐揚げにして冷たいポン酢をかける、「鶏唐のおろしポン酢かけ」とか。

これらは、作った憶えがある方もいるのではないでしょうか…

意外と身近で作ってたりします。

でも、【熱々に冷たいソースをかける】という「非常識な調理法」として頭に置いておくと、もっと幅広くいろいろ応用もできると思います。

「ズッキーニと豚ロース肉の人参ドレッシング」

は、その一例となりますので、是非試しに作ってみて下さい。
↓↓

【材料】(1~2人前)
ズッキーニ…1本(150g前後)
豚ロース肉スライス(生姜焼き用)…4枚(100g)

油…小さじ2杯
乾燥パセリ(飾り用)…少々

【人参ドレッシング】
人参(中200g前後)…1/10本(20g)
オリーブ油…大さじ1杯(サラダ油系なら何でもOK)
酢…大さじ1/2杯
みりん…大さじ1/2杯弱
淡口醤油…小さじ1杯
塩…1つまみ
コショウ…2~3ふり

豚ロース肉スライスは、しょうが焼き用の少し厚めの豚肉がおすすめ。
1,ズッキーニは天地を切り落とし、皮を四面、薄く切り落とします。
2,縦に6~7枚の薄切り(3mm厚)にします。
3,人参ドレッシングを作ります。
人参を皮ごとすりおろす。回しながらおろし、細かくする。
4,中ぐらいのボウルにオリーブ油(大1)、酢(大1/2)、みりん(大1/2弱)、淡口醤油(小1)を入れます。
5,すりおろした人参、塩(1つまみ)、コショウ(2ふり)も加えてよく混ぜたら出来上がり。(冷蔵庫で冷やしておく)
※味見して甘みが強く感じたら、塩を1つまみ足して下さい。人参の甘みで変わるので。
6,豚肉とズッキーニを焼いていきます。
フライパンを強火で熱し、油を敷いて30秒加熱したら弱火に。ズッキーニを入れます。(重ならないように)
7,2分ほど焼いてやわらかくなったら返します。反対面も同じように焼きます。(弱火)
※皮が多い部分は若干熱が通りにくいので長めに焼く。
8,やわらかくなったら、バットなどに取り出します。
9,続けて豚肉を焼きます。(油なし)
中火にして豚肉を重ならないように入れ、塩とコショウ(分量外)で下味を付けます(豚肉の臭み消し)
10,軽く押さえながら40秒焼いたら返し、40秒焼きます。赤身部分が完全になくなったら出来上がり!火を止めます。
※塩コショウは片面だけでOK
11,盛ります。
平皿に豚肉2枚を重ねないように敷いて、その上にズッキーニを向きを変えて(直角になるように)3~4枚のせます。(少し重ねると綺麗)
12,向きを変えて(先に盛ったズッキーニが真横に向くように)豚肉をのせ、さらに残りのズッキーニを向きを変えてのせます。
13,人参ドレッシングをかけて出来上がり!
14,乾燥パセリ(あれば)を少量ふって完成です。

ズッキーニの代わりに茄子や南瓜、じゃが芋やさつま芋、アスパラやいんげん豆などでも美味しくできます。

焼いたり、炒めたりした熱々の食材に冷たいドレッシングをかける調理法をマスターして、

是非、作ってみて下さい。

大豆と切昆布の田舎煮

酸味の美味しさ!長芋のせ梅ダレ冷奴

関連記事

  1. 創作焼き魚!鮭の田楽焼き

    15分で作れます、美味しい田楽みそ!佐藤です。今回は「風味の豊かな田楽料理」を伝授し…

  2. 冬瓜と肉だんごの濃厚旨だし煮

    「〇〇」すれば、下茹でも時短になります... 佐藤です。 今回は、「冬瓜と挽肉で旨…

  3. 簡単漬け物!瓜の塩麹漬け

    「減塩梅干し」で塩分摂り過ぎになる理由今回は、料理初心者さんのための内容になると思います。…

  4. 香ばし豆腐ステーキの豚肉甘辛だれ

    豆腐に合う絶妙味の「生姜タレ」佐藤です。「豆腐、大好き!」という方は、毎日でも豆腐食べたい…

  5. 健康食材4種のネバネバ丼

    なぜ「ネバネバ」=「血液サラサラ」?佐藤 周生です。今回は、「ネバネバ食材のネバネ…

  6. リキュール香る!すももの蜜煮

    多分、始めてだと思います...佐藤です。今回は、「すっきり甘酸っぱい、すもものデザ…

  7. さわらと若布のあっさり煮付け

    本来の魚の煮付けとは?佐藤です。”魚の煮付け”を、「味をしみ込ませて食べる料理」…

  8. あっさり!ゴーヤの白和え

    ”指”で作る年中使える「和え衣」最近、白髪が7本増えた佐藤です。今回は、「手間をそ…

コメント

    • 高原久直
    • 2021年 6月 21日

    とうもろこしの話が出てましたが、とうもろこしは確かに新鮮で先まで身が詰まっているものは生でもうまいです。
    最近はとうもろこしご飯にすることが多いです。コツは、炊くときに実をばらしたあとのとうもろこしの芯を入れることです。
    いい出汁がでます。

    本筋の話から外れますが、最近作ってみてかなりうまくできたので。思わずかいてしまいました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP