オクラとろろの旨だし冷奴

”見栄え”は、味付けと同じ!?

佐藤です。

今回は、
「美味しいオクラとろろの作り方」
を伝授します。

”ネバネバ食材”が健康にいい事は、多くの方がご存知だと思いますので、ここではあまり詳しく説明しませんが、今回の料理で使う「オクラ」もネバネバ食材…

ガラクタン、アラバン、ペクチンといった食物繊維がネバネバの成分になっていて、整腸作用から、大腸がんのリスクを下げる効果が期待できると言われてますね。

オクラは、ビタミンB1も多く、夏バテなどの疲労回復にも有効です。

で、オクラをそのまま天ぷらにしたり、焼いたり、炒めたりしても美味しいのですが、茹でて叩いて「とろろ」にする食べ方もおすすめ!

オクラは青色(緑色)が綺麗なので、メイン食材にのせたり、かけたりすると見た目も美味しそうになり、料理が冴える。

なので、オクラをとろろにしてメイン食材などにかける、のせるというのは、1つの「調理法」として使えるのですね。

・蕎麦、うどん、そうめんにかける…
・調理した肉、魚介類にのせる。
・味噌汁、お吸い物の具材として…

などなど、いろんな場面で活用できますが、これが一番簡単ではないでしょうか…

”豆腐にのせる”

絹ごし、もめん…
玉子豆腐などでも…

オクラとろろをのせるだけで色合いが良くなり、ネバネバ食感も面白く、豆腐なら冷奴のアレンジになります。

なので、「オクラとろろ」は1つの調理法としてマスターして頂きたい。

ということで、今回のおすすめは、

『オクラとろろの旨だし冷奴』

絹ごし豆腐にオクラとろろをのせて淡口醤油ベースのあっさりだしをかけるだけ。

スプーンでだしごと豆腐とオクラをすくって食べるスタイル。

だしごと食べることで、丁度いい味加減で味わって頂けます。

和食では、ごま豆腐や枝豆とうふなど「○○豆腐」という料理を季節に合わせて付き出しや前菜で提供するのですが、それらに”オクラとろろ”をかけるだけで、夏を演出できますし、見栄えもよく綺麗…上品に仕上がる…

ネバネバ食感も楽しんで頂ける。

こういう付き出しをお出しすると、お客さん、必ず残さず食べてくれてました。

味が良いことは、当たり前で、それ以上に「見た目」で「美味しそう!」と思って貰えたから完食して頂けていたと思っています。

「美味しそう!」と思って貰うことは、やっぱり大事だと思います。

家庭でも同じで、ご家族にもそう思わせることで喜んでもらえますし、自分だけで食べる場合でも、

「なんか不味そう…」

より

「うまそ!」

と思えば食欲もアップしますよね。

「美味しそう!」を感じさせること、”見栄え”を良くすることは味付けと同じくらい重要だと思います。

それでは、
『オクラとろろの旨だし冷奴』のレシピみて下さい。

「オクラとろろ」を食べやすくするちょっとしたポイントとは?….
↓↓

【材料】(1人前)
オクラ…大3本(100g弱)
絹ごし豆腐…1/3丁(100g)
カツオ削り節…少量

【旨だし】(多めの量になってます)
割合「出汁8:みりん1:淡口醤油1」
水…大さじ4杯(60cc)
みりん…大さじ1/2杯(8cc)
淡口醤油…大さじ1/2杯(8cc)
粉カツオ節…小さじ1/2杯

『作り方概要』
一、旨だしを作って冷やしておく
二、オクラを茹でて叩いてとろろにする
三、切った豆腐にオクラとろろと旨だしをかける
四、削りカツオ節を飾る

1、【旨だし】を作って冷ましておきます。

鍋に水(大4杯(60cc))みりん・淡口醤油(各大1/2)、粉カツオ節(小1/2)を合わせて、中火で沸かし、沸騰直前で火を止めます。
2、すぐに氷水で(鍋ごと、またはボウルに移し変える)冷まします。

完全に冷めたら冷蔵庫で冷やしておきます。

(氷水は後で使うので残しておく)
3、オクラとろろを作ります。

オクラは、天地(上の硬い部分と下の細くなった部分)を切り落とし、縦半分に切ります。
4、ティースプーン(先が細い方がやりやすい)で、しごいて種とワタを取り除きます。
5、湯を沸かし塩(分量外)を少量入れ、オクラを1分半~2分茹でます。

(水500ccに塩小さじ1杯弱)
6、軟らかくなったら、氷水で急冷します。
7、束ねて刻みます。
8、さらに叩いて細かくします。

(ある程度細かくなっていればOK!
細かくするほど上品な仕上がりで口当たりも滑らかになります)
9、ボウルに入れ、【旨だし】を小さじ2杯~大さじ1杯加えてよく混ぜておきます。

(※ここが「オクラとろろ」を美味しく仕上げるポイント!
少し下味を付けておくことで、オクラの青臭さが抑えられ食べやすくなります)
10、豆腐(1/2丁)を12~16等分に切ります。
11、深鉢の器に豆腐を2段重ねで盛ります。(下段10コ、上段8コ)

オクラととろを前後に垂らすようにかけます。
12、【旨だし】を大さじ2杯くらい入れます(加減して下さい)。

(横から流し入れる)(上からかけると盛り付けが崩れるため)

最後に削りカツオ節をのせて完成です。

スプーンでだしごとすくって食べて下さい。

めかぶ、モロヘイヤ、なめ茸、長芋などで応用できます。

是非、作ってみて下さい。

【サバ缶で簡単】サバ味噌煮と豆腐のねぎチーズ焼き

炒め茄子のさっぱりツナマヨかけ

関連記事

  1. 熱々!とうふの焼ネギ生姜だれ

    「何度作っても飽きない一品」今回から、家庭でも手軽に作れる「居酒屋」の一品料理を伝授してい…

  2. ズボラ!胡瓜の甘味噌和え

    野菜の和え物に「塩もみ」は不要!?例えば、「胡瓜とわかめの酢の物」...和え物にす…

  3. ホタテと彩り野菜の塩麹バター炒め

    2つのコク旨調味料で1ランクUP佐藤です。今回は、「旨味とコクの強い海鮮野菜炒め」…

  4. 【時短煮魚】薄味でも旨い!鯵の潮煮

    煮汁を飲みながら食べる煮魚!?夏が旬で庶民的な「魚」といえば、「鯵(あじ)」もし鮮…

  5. 冬瓜と肉だんごの濃厚旨だし煮

    「〇〇」すれば、下茹でも時短になります... 佐藤です。 今回は、「冬瓜と挽肉で旨…

  6. 豆腐とちりめんジャコとチップスのカリカリサラダ

    「サラダを最後まで美味しく食べる簡単なひと工夫」佐藤 周生です。今回もサラダレシピ…

  7. 今後の料理ライフに必須の「テクニック」

    「さっぱり!爽快!ミルフィーユ茄子のトマトドレッシング浸し」佐藤です。「栄養摂れる…

  8. 簡単夏の煮物!冬瓜と焼き油揚げの含め煮

    「シンプルに「煮る」のが一番!」今回は、「冬瓜の簡単煮物」を伝授します!佐藤 周生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP