ブリカマの柚子胡椒焼き

「ブリのカマを堪能するシンプル調理法」

佐藤です。

これからが美味しい旬の「ブリ」

出世魚ですね。

関西では、ツバス⇒はまち⇒メジロ⇒ブリ。

地域によって様々な呼び名がついてます。

寒ブリと言われる、一番寒い時期に捕れる脂ののった”ブリ”はやはり、『刺身』で食べるのが最高に旨い。

刺身好きの方なら、「そう!そう!」と思って頂けると思います。

が、私が「ブリ」と聞くと刺身より先に頭に浮かべるのは”ブリカマ”。

刺身もうまいのですが、何度も何度も食べた経験から刺身も”カマ”の旨さには及ばないような気がしています。

一番は、「ブリカマの塩焼き」

ただ、塩をふって焼くだけ。

このシンプルな調理法で最高のブリの旨味を味わえます。

私が20代時は、行き付けの居酒屋で「ブリカマの塩焼き」一品だけ頼んでビール7~8杯飲んでました。

それほど、酒の肴になる。

献立のメインの焼き魚として食べればちょっと贅沢なおかずに。

ごはん軽く2杯は食えると思います。

で、今回のおすすめは、「ブリカマの柚子胡椒焼き」

塩焼きにちょっとだけ手を加えて創作焼き物に仕上げた一品です。

ピリッと辛く、柚子の柑橘の香りがたまらない「柚子胡椒」の効果で、ノーマル塩焼きのブリカマで食べるより、臭みを抑えてくれます。

これは「酒の肴」になります。

”創作焼き物”といっても難しいことは一切しません。

塩をふった”ブリ”にさらに柚子胡椒をベタベタ塗ってグリルで焼くだけ。

もちろん、コンロで焼き魚用あみで焼いてもOK!

簡単な料理です。

私の家には、ブリカマのストックが常に”2つ”冷凍庫に保存してあります。

いつでも食べられるように、スーパーで見つけたらすぐ買います。

このブリカマで「ブリ大根」もできます。
最高に旨いですよ。

まずはシンプルな”焼き物”でブリカマを堪能して下さい。

ちょっと特殊な「うろこの取り方」がマスターできる、「ブリカマの柚子胡椒焼き」レシピ見ておいて下さい!
↓↓↓

【材料】
ブリのカマ・・・1コ(片身分)
塩・・・適量
柚子胡椒・・・少々 (チューブで2cm分)
酢だち・・・1/2個

1、ブリカマのうろこを取ります。
 
通常は包丁を立てて刃で削るようにうろこをかきますが、今回のうろこを取る方法は、包丁を寝かせ前後に動かしながら、皮の表面部分を”そぎ落とす”やり方です。
 
うろこの方向に逆らって”そぐ”ように切ると皮は残って、皮の上の”うろこ”だけを取ることができます。うろこと同方向から行なうと取れません)
 
慣れると通常のうろこの取り方より綺麗に早く取れます。

(※注意点!魚を持つ手(指)が絶対に包丁の刃の前にいかないようにして下さい。必ず刃と反対側にくるように手をブリに添えて下さい。ザックリ切ってしまうこともあるので・・・)。
2、この「そぎうろこ取り」の方法は身の端のうろこが取りにくいという欠点があるので、端のうろこだけ通常のうろこを取る方法(包丁でかく)で行なって下さい。
 
流水で綺麗に洗った後、水気を拭きとります。
3、熱が通りやすいように、切込みを入れます。

2つの×(バッテン)の形で切り込む。
 
貫通しない程度にできるだけ深く切り込みます。(浅いと熱が通りにくい)
4、塩を「少し多いかな」と思うくらいに両面にふった後、”皮の方”だけに「柚子胡椒」をベタベタぬります。

(指で皮全体に塗って下さい)
5、グリルで焼きます。
 
天火(上から火が出るタイプ、片面焼き)のグリルをお使いの場合は皮を下にして”裏側”から焼き始めます。
 
(盛り付けは皮が上にくるのが正解なので、”裏側”⇒”皮”の順で焼けば、皮が上になった状態で焼き上がり、裏返すことなくそのままの状態で盛り付けできます)
 
(写真は、両面焼きタイプなので皮を上にした状態で焼いてます)
6、片面7~8分を目安に弱火で焼きます。
 
少~し焦げ目が付くくらいまで焼くと香ばしくなり、生臭みも抑えられます。
7、焼けたら、器に盛り付け。酢だちを添えて完成です!

柚子胡椒を塗るだけの創作ブリカマ塩焼きです。

スーパーで「ブリカマ」を目撃したら、すぐにカゴに入れて下さい。

迷っていると横から、図々しいおばはんに横取りされますからね・・・

「ブリカマの柚子胡椒焼き」是非!作ってみてください。

職人のみが知る秘密の「田楽みそ」

「豚の角煮の豚肉を”超”軟らかくする方法 その1」

関連記事

  1. 簡単、あっさり!大根シャキシャキ、ぶりのワイン漬け丼

    究極のあっさり丼!佐藤です。今回から、「簡単!どんぶり料理」を伝授します!…

  2. ブリあらと白ネギの豪快みそ汁

    「具だくさん派?汁を楽しむ派?」佐藤です。今回は、「豪快に食べる味噌汁」を伝授し…

  3. ブリ切身と長ねぎの照焼き丼

    DHAは、ブリで摂りましょう!なぜなら...佐藤です。今回は、「簡単!魚の丼めし」を伝授しま…

  4. ブリとかぶらの味噌煮

    佐藤です。今回は、『玉みそ』で作れる料理。「ブリを味噌で煮る! 魚のみそ…

  5. @”割合”の煮汁で簡単!旨い! ブリのあら焚き

    「「あら焚き」と「煮付け」の違いとは??」佐藤です。今回は、「”割合”の…

  6. 具だくさん!ブリのかす汁

    疲れたときに食べる『あれ』※レシピの訂正※レシピの手順「10、みりんを加える」…

  7. ブリとほうれん草のガッツリ丼!胡麻わさび醤油かけ

    青魚の栄養DHAとEPAがたっぷりの丼佐藤です。今回は、「冬が旬のブリを健…

  8. ブリの和風甘酢あん

    「リンゴ酢でサッパリ健康的!」佐藤です。今回は、「健康のために摂る調味料で作る、美…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP