綺麗な”玉スラ”の方法

「見た目は大事です!」

佐藤です。

今回は、「玉ねぎのスライスを世界一きれいに作る方法」を伝授します。

玉ねぎの「スライス」。

様々な形で料理に使用されます。

例えば、野菜炒め、野菜かき揚げ、カレーやシチューに入れる、薄いスライスならサラダなどです。

で、サラダに入れるなら玉ねぎの「白色」が引き立っている方が綺麗ですよね。

が、単純に玉ねぎを薄くスライスしただけでは、純白の綺麗な玉スラにならないんです。

これ↓を見て下さい。

どっちが綺麗ですかね?

違いが分かりますか?

あなたがイケズ(意地悪)な方でなければ右の”玉スラ”が綺麗だと答えてくれるはずです。

玉ネギに何もぜずそのままスライスすると左のような”玉スラ”になります。

黄色い玉ねぎが混ざるので汚ならしくなるんですね。

サラダで綺麗に盛り付けたとしても全体の質が激減。

これ、些細なことですが、料理は彩りが綺麗でおいしそうに見えるほうがより美味しさを感じれますよね。

あなたがちょっと玉ねぎに手を加えるだけで上記の右の写真のように綺麗な白一色の玉ねぎスライスが作れます。

この方法を覚えておけば、ド素人とは違う1ランク上の世界一美しい”玉スラ”が出来るようになるわけです。

その方法は、とても簡単。

玉ねぎを縦半分に切った時に、中心付近にある、”黄色い”部分。

これを根こそぎ取ります。

すると、外観を損なう黄色い玉ねぎが消え去り白い玉ねぎだけが残るのでスライスすると、「純白玉スラ」が出来上がります。

小さなことですが、料理は出来上がりの”見た目”、”美しさ”も大事だと思います。

栄養面だけで考えれば見た目の美しさなどどうでもいいことですが、

やっぱり「美味しそう!」と思える料理を作れる方が、人を喜ばせることも出来ますし、おいしそう!」と思って食べれば美味しさも倍増するはずです。

あなたが綺麗で「美味しそう!」と思える料理を作れるようになりたい場合は、「玉ねぎのスライスを世界一きれいに作る方法」をマスターしておいてください!
↓↓

1、玉ねぎを半分に切ります。
2、基本通りに「つなぎめ部分」を三角型に切り落とします。
3、包丁の先のところ。
 
”黄色い部分”、コイツを取り除きます。
4、包丁の刃元の角を使い、引っ掛けてくり抜きます。
 
(黄色く見えた部分は全て抜き取ります、内側が黄色くなっている場合もあるのでよく見て、取ってください、
 
写真の玉ねぎは黄色い部分が少ないですが、多く入っている場合もあるので、しっかり抜き取ってください)
5、後はひたすら薄くスライスします。
 
ザルに入れ水にさらして、シャキッとなったらサラダなどに加えてください。

黄色い部分を取ればと白が引き立ってすごく料理が綺麗に見えます。

是非!マスターして下さいね!

次回は、「料理に適した玉ねぎの切り方」を伝授します!

”超高速!簡単!玉ねぎみじん切り!

料理を美味しくするための「適切な玉ねぎの切り方」その1

関連記事

  1. ツナマヨと茄子の豆乳クリームドリア丼

    私はこれがキッカケで「グラタン」が好きになりました...佐藤 周生です。丼物が好き…

  2. 鶏もも肉のハンガリー風

    本格欧風料理、真っ赤に染まる・・生クリーム!佐藤です。和食が専門の私ですが今日は、…

  3. カツオのたたきと新玉ねぎの わさび昆布サラダ仕立て

    「サラダにそんなもの入れる??」佐藤 周生です。「おいおい!サラダに佃煮昆布なんか…

  4. 香ばし揚げアジの玉ねぎあんかけ

    「玉ねぎだけで旬のアジ料理」佐藤です。今回は、「旬の”アジ”を使った餡かけ料理」を…

  5. 丸ごと玉ねぎの肉みそ田楽

    玉ねぎ丸ごとで血液サラサラ!?佐藤です。今回は、「玉ねぎ丸ごとを美味しく食べる方法…

  6. 切りにくい玉ねぎの端っこをスムーズに切る方法

    玉ねぎ切りの斬新テクニック!佐藤です。今回は、「切りにくい玉ねぎの…

  7. ぷりぷり食感!牡蠣の玉子とじ鍋

    「柳川鍋を応用して玉子とじ!」佐藤 周生です。今回は、「牡蠣の玉子とじ」を伝授しま…

  8. 旬の新玉ねぎと真イカの明太子炒め

    ビールの肴、食欲”中毒”料理簡単すぎる、酒のあて新玉ネギと真いかの一品料理を伝授します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP