渡りガニの風味が濃厚な味噌汁

【汁物・酒のアテ】ちょっと贅沢にカニを使った味噌汁!渡りガニをぶつ切りにして水でコトコト焚くだけで濃厚な風味の味噌汁が楽しめます。

独特の風味を楽しめる15分の潮汁とは?

佐藤です。

今回は、

「風味が濃い!魚系みそ汁」

を伝授します。

おそらく、味噌汁を作る時は
野菜類を使うことが多いと思います。

「野菜の味噌汁」

玉ねぎや白菜を入れた味噌汁は甘味
が出て美味しいですよね。

確かに美味しい…ですが、私はこれも
おすすめしたい。

『潮汁(うしおじる)』

潮汁とは、魚介を使った吸物や味噌汁
のことです。

鯛のあら、シャケの切身、アサリ、
ハマグリなどなど魚介系の汁物です。

野菜に比べれば魚は臭みのある具材で
ちょっとクセがありますが、野菜には
ない風味と旨味があって、

それがしんみりと味わえて楽しめる
んですよね。

で、今回おすすめしたい魚介は、

『渡りカニ』

これ、風味と旨味がよく出るカニで
汁物に最適なのです。

吸物でも美味しいですが、塩加減などが
難しいので、私のおすすめはやっぱり
「味噌汁」。

基本的に「カニ」は、高いですが、
渡りカニの小ぶりなやつなら身が少ない
ので、そこそこ安価で売られてます。

これ身が少ない分、酢の物などには
しにくい。

ですが、汁物には”だし”の出る魚介と
して使えるわけです。

カニ独特の風味は、言葉で上手く表現
できないのですが、
磯の香りに魚の香りが混ざったような
香り…

ほんとに何ていっていいのかわかり
ませんが、とにかく食欲をそそる香り
です。

そんな「渡りガニの味噌汁」は、
ぶつ切りにした渡りガニを出し昆布と
水でコトコト焚き、風味を引き出す…

あとは味噌を溶くだけ。

15分もあればできてしまいます。

長く焚くほど風味は増していきますが
、焚き続けると水分がなくなるので、
そこそこで止めて欲しいです…

献立の汁物として食べて頂いてもいい
ですが、酒のアテ、最後の”締め”に
おすすめです。

私、試作でこれを作った日、
用事で食べられなくて、あくる日に
温めなおして食べたんですね。

そうすると作ってすぐの時より
カニの風味が格段に増して濃厚に
なっていました。

潮の味噌汁を冷蔵庫で1日寝かせると
美味しくなるという新しい発見があり
ましたね。

レシピ通りに作って頂ければ十分
美味しく食べられますので、作り方
みて下さい。
↓↓↓

【材料】(1~2人前)
わたりガニ…小1匹(300g)
(今回は捌いてあるカニを
使っています)
若布…30g
刻み葱…少量
水…500cc
だし昆布…5cm角一枚
合わせ味噌…35~40g
みりん…小さじ1杯


1、わかめは一口サイズに切っておきます。


2、カニを捌きます。(先に湯通し用の湯を沸かします)
胴体と爪を切り離します。

刃元を爪の付け根に当て、包丁の峰(背)をトントンとたたく
と簡単に切り離せます。


3、胴体を3等分に切ります。
(足は付いたままでOK)


4、爪は間接部分で切り離しさらに縦半分に切ります。
爪の方は(2、)の要領で切ると上手く切れます。

短い方は切り込みを入れるだけでもOK。
(切り込みを入れる時は刃先を刺し、そのまま包丁を倒して
切れば真っ直ぐ切れます)


5、足の部分にも切り込みを入れておくとだしが出やすくなります。


6、熱湯をかけて湯通しします。
すぐにザルにあけ、水気をきります。


7、鍋にカニとだし昆布、水500ccを入れ強火にかけます。


8、沸騰してきたら中火にします。
アクを2~3回すくい取ります。


9、酒(小さじ1杯)を加え、7~8分焚きます。


10、7~8分後、弱火にして合わせ味噌(35~40g)を溶きます。
(若干、濃い味の方が美味しいです、加減して下さい)


11、若布を加えて出来上がり!


12、大きめのお椀にカニを重ねて高く盛り(胴体を台にして
爪を上に盛ると綺麗です)、若布、汁も入れます。


13.最後に刻みネギをのせて完成です!

魚汁は、「具材を湯通しして、水でコトコト焚く」。
まずは、これを覚えておいて下さい。

わたりカニ以外でも、松葉ガニやたらばガニでもOK。
これらは高いので、海老(殻)を使っても美味しくできますよ。

もちろん魚の切身、あらでもOKです。
是非、作ってみて下さい。

和風だしの天然チキンラーメン

生姜が合う!鮭と舞茸のレンコン蒸しあんかけ

関連記事

  1. さばのみそ汁、船場汁

    大阪商人発祥の旨い『船場汁』とは?佐藤です。大阪(関西)では、”捨てる”ことを『ほ…

  2. 和風出しのあっさり! 一人もつ鍋

    腹を切る!?一人もつ鍋佐藤です。すいません!「かぶらの葉っぱの料理」は、明日お伝え…

  3. 創作蒸し物!サワラのわかめ蒸し

    「アレンジ法を知れば魚料理のレパートリー拡大!」これも1つの調理法として知っておくとレパー…

  4. 梅しらす和風チャーハン

    「失敗しないチャーハンの作り方!パラパラになる方法...」佐藤 周生です。今回は、…

  5. 【時短煮魚】薄味でも旨い!鯵の潮煮

    煮汁を飲みながら食べる煮魚!?夏が旬で庶民的な「魚」といえば、「鯵(あじ)」もし鮮…

  6. 豚バラのコク!肉汁つけうどん

    超簡単な”つるッ”とめん料理佐藤 周生です。私は、岡山県出身。お隣が香川県…

  7. やりイカのさっぱり生姜煮

    『3分焚くだけ!やりイカの煮物』ビールが旨い季節、酒のアテは簡単、時短で作りたいですよね?…

  8. 汁からはみ出す!具材ガッツリ豚汁

    【「~ながら」で楽チン調理】佐藤です。今回は「”~ながら”調理で作る豚汁」を伝授し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP