あっさり一品! アスパラのもろみ味噌かけ

【副菜】アスパラを茹でて「もろみ味噌」をかけるだけ!アスパラの甘味とほんのり感じるエグミがもろみ味噌とピッタリです!

【味噌の塩分は気にする必要なし!】

健康料理家 佐藤周生です。

今回は、「塩分気にしない、アスパラを使ったあっさり一品」を伝授します。

もし、あなたが酒好きなら共感して頂けると思いますが、じんわり汗をかくくらい温かい、天気の良い日が続くとあっさりした一品が食べたくなったりしませんか?

ササっと食べられるようなあっさり料理…

汗ばむ日のそんな一品は、カラダに爽快感を与えてくれ、酒の肴に最適です。

そこで、おすすめしたいのが、

「アスパラのもろみ味噌かけ」

和え物ですね。

アスパラをササっとゆでて、「もろみ味噌」をかけるだけ。
(「もろみ味噌」は無添加を選んで下さいね。⇒おすすめ

茹でたアスパラは緑色が鮮やか、ほくっとした程よい歯応え。

独特の香りとおとなしめの苦味もアクセントになって、甘いもろみ味噌とすごくマッチします。

幸福の一口。

味噌は、発酵食品ですよね。

ご存じの通り、すごく体に良い。

近年の味噌の研究では、

「味噌の塩分は”胃がん”を促進しない」
「味噌の褐色色素が糖尿病の改善に期待される」
「熟成過程で抗酸化力を上げる物質を生成する」
「味噌汁毎日3杯飲むと、乳がんの発生率が40%下がる」

他にも…骨粗しょう症抑制効果、血圧低下、老化抑制、美白効果、コレステロールの抑制などなど…

体に良い事ばかりが研究結果として発表されています。

でも・・・これが気なりますよね?

味噌の「塩分」。

現在の研究では味噌に含む塩分は、他の食品で摂る塩分より血圧が上がらないとされています。

上がるどころか、約30%の減塩効果がある。

発酵熟成が高い味噌には、「メラノイジン」という褐色色素があります。

それが、血圧を上昇させるホルモンを助ける”酵素”の働きを抑えてくれるそうです。

味噌に含む塩分は特殊なようで、さほど気にする必要はなし!という事。

もろみ味噌も同じ味噌の仲間。

塩分も気にすることなく、同じような健康効果が期待できると思います。

ということで、

手軽に食べらる味噌料理として、

「アスパラのもろみ味噌かけ」

を酒の肴、副菜一品のレパートリーに加えて頂きたいですね。

レシピ公開です!
↓↓

【材料】
アスパラ・・・・3本(約80g)
もろみ味噌・・・40gくらい

《漬け込み水》
水・・・・80cc
塩・・・・一つまみ(1g)

1、アスパラは、皮を半分より下だけ剥きます。

この部分は皮の繊維が粗く、食べた時に噛みにくく、繊維質が口内に残り、不快な食感になります。
 
皮むき(ピーラー)で、中の白い部分が見えるまで青い部分をしっかり剥き取ります
2、アスパラを揃えて、4cm幅に切ります。(4~5等分)
3、ボウルに氷水を用意しておきます。

鍋に500ccのお湯を沸かし、塩5gを入れます。

沸騰したら、アスパラを入れて茹でます。
4、1分半ほど茹でたら湯から取り出し、素早く氷水に入れ急冷まします。
5、アスパラに下味をつけます。

小ボウルに水80cc、塩1gを入れ、よく混ぜ溶かします。

その中に、冷めて水気をきったアスパラを浸けます。
6、15分後、キッチンペーパーで水気を取ります。
7、小鉢の器に、アスパラをそろえて重ねて盛り、もろみ味噌をよく混ぜてから、アスパラの上にかけて完成です!
 
もろみ味噌とアスパラは、和えてから盛リつけてもOKです。

さっぱりした一品料理です、是非!作ってみて下さい。

まるごと蒸し玉子のカニ和風あんかけ

オムレツを上手く作るには、 まず”コレ”を準備する

関連記事

  1. モロヘイヤと長芋のネバネバ旨だし和え

    【お客も喜んだ「冷たいネバネバ」で血糖値を抑える】健幸料理家 佐藤周生です。今回は…

  2. 新じゃが芋とシャケの春満載鍋

    ”計り”を使わず美味しい春の鍋...佐藤です。今回は、「春野菜を使った簡単な鍋」を伝授します…

  3. あっさりゴーヤの白和え

    佐藤です。今回は、「手間をそぎ落とした簡単にできる”和え衣”」を伝授しま…

  4. 汁からはみ出す!具材ガッツリ豚汁

    【「~ながら」で楽チン調理】佐藤です。今回は「”~ながら”調理で作る豚汁」を伝授し…

  5. 新玉ねぎと合挽肉の和風スパニッシュ

    「焦がさず焼ける!謎のテクニック」佐藤 周生です。今回は、「出汁が入って軟らかい和…

  6. 炒めるだけ!アスパラとベーコンの炒り玉子

    炒めるだけ!佐藤です。彩りがきれいで作り方も簡単な、ガッツリおかずの紹介です!…

  7. 職人のみが知る秘密の「田楽みそ」

    「風味が豊かな!”田楽みそ”」 佐藤です。今回は、「田楽料理に欠かせない!白みそで作る、万…

  8. 磯濃く香る!ワカメと鶏もも肉のふわとろ玉子とじ

    「オレは、絶対茹でない」?!佐藤 周生です。生のワカメは、春が旬です。茹で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
PAGE TOP