とろみ餡、3つの”コツ”

餡のとろみの付け方3つの”コツ”

佐藤です。

「完璧なとろ~り感に作れる!餡かけ料理に必須の『餡』のとろみの付け方の”コツ”」を伝授します。

寒くなると晩飯の献立に「餡かけ料理」を加えたくなります。

例えば、こんな料理…

・鶏肉を油で揚げて野菜のあんをかける。
・蒸した白身の魚に柚子の香りがするあんをかける。
・甘~く焚いた南瓜にエビのそぼろあんをかける…

などなど、

「餡かけ料理」の種類は無限にあってそれを作って食べれば体もぽかぽかホットになり、心も温まって癒されて疲れも取れるような気がします。

ですが、「餡かけ料理」に必須の「餡」がきっちりできないと餡かけ料理は作れません。

正しいとろみの付け方を理解していなければどんなに美味しい餡かけ料理も失敗作になります。

しかし、今回伝授する「餡のとろみの付け方3つの”コツ”」をマスターすれば、あなたが失敗作の餡かけ料理を作ることはなくなります。

半透明で綺麗で変な塊りの無い、あなた好みのとろ~り感が出せる完璧な餡が作れます。

その3つのコツとは…

1つ目、とろみをつけるための「水溶き片栗粉」は必ず餡ベースの出し汁が沸騰してから入れ始める。

2つ目、「水溶き片栗粉」は、チョロチョロ、チョロチョロ、少量づつ入れる。

3つ目、餡ベースの出し汁は完成するまでお玉で混ぜ続ける。

です。

私は、今までに「餡が上手く作れない」という方たちに必ずこの3つのコツを伝授しました。

そうするとみんな、すぐに半透明で綺麗で変な塊りの無いとろ~り感の完璧な餡が作れるようになってくれました。

では、この3つのコツをさらに詳しく伝授しますので熟読してください!
↓↓↓

1、仮に出し汁10:みりん1:淡口醤油1の割合の『餡』を作るとします。
(この割合の『餡』は、様々な餡かけ料理に応用できます)
2、「水溶き片栗粉」は、片栗粉と水が同量です。

よく混ぜてから入れます。
3、火をつけ強火で沸騰させます。

(「餡」を作って失敗する人の多くは、”沸騰する前”に水溶き片栗粉を入れてます)

(沸騰前に入れるとろみがすぐに付かないので『なかなかとろみが付かない!」と勘違いし水溶き片栗粉を入れ過ぎてドロドロになり失敗します)
4、弱火にし、沸騰状態をキープしたまま、お玉で出し汁を混ぜ続けます。
5、混ぜ続けながら、「水溶き片栗粉」をチョロチョロチョロチョロ少量づつ、出し汁に加えていきます。

お玉を混ぜる”手”は停止してはいけません。

ず~っと混ぜ続けます。
6、”少量づつ入れる”と”出し汁を混ぜ続ける”ことによって水溶き片栗粉が早く出し汁に混ざり(溶け込む)ます。

玉(だま)になってしまうのを防ぐわけです。

素早く”水溶き片栗粉”を出し汁に溶かし込むようにすると上手くいきます。

(とろみの濃度を濃くしたいなら”水溶き片栗粉”を多めに入れ、薄めのとろみ感にしたい時は、少なめに入れます。
とろみの濃度をみながら調節します)
7、少し分かりにくいですが、”水溶き片栗粉”の塊りが無く綺麗なとろみが付いた「餡」ができました。

(透明な塊りの様なものが見えたら、失敗だと思って下さい。
食べられないわけではないですが、餡のクオリティは低いです)

3つのコツ分かりましたか?

1つ目、とろみをつけるための「水溶き片栗粉」は必ず餡ベースの出し汁が沸騰してから入れはじめる

2つ目、「水溶き片栗粉」はチョロチョロ、チョロチョロ少量づつ入れる。

3つ目、餡ベースの出し汁は完成するまで混ぜ続ける

これさえコツさえ守れば、あなたはいつでも完璧のとろみの餡が作れて、餡の濃度も自在に操り、様々な餡かけ料理ができるようになります。

この3つのコツ!

必ずマスターしてあんを作ってみて下さい。

※重要!腸内洗浄の次に…

タラとしめじの蓮根かぶせ蒸し! 春菊餡かけ

関連記事

  1. 鰆と長芋のグリル焼き 玉ねぎおろし餡かけ

    グリルで焼いて、餡かけるだけのビールのアテ佐藤 周生です。「焼魚」、みんな好きです…

  2. 冬野菜と豚肉の和風あん仕立て

    『「アミラーゼ効果、強力体質」ではありませんか?』今回は、「八宝菜のような和風仕立ての野菜…

  3. 天津豆腐のきのこ餡かけ

    コンビニのお惣菜を丸パクリ!?佐藤です。今回は、「卵料理であり、豆…

  4. サーモンと白菜の重ね蒸し柚子胡椒あんかけ

    和食らしいちょいひと手間の美味しい一品佐藤です。今回は、「旬の食材でちょっとだけ…

  5. タラともめん豆腐の磯風味ポン酢餡かけ

    「蒸し物」は、面倒な料理と思っているあなたへ...【動画レシピ】中央の再生ボタンを…

  6. まるごと蒸し玉子のカニ和風あんかけ

    「手間なし!玉子そのまま蒸して餡かけにする料理」佐藤 周生です。「手間いらずの、簡…

  7. 極ウマ!とろ~り熱々!和風天津飯

    ひつこく伝授したい「飽きない丼物」佐藤です。先日、「天津飯を上手く作るには?」とい…

  8. ガッツリでかい!和風あんかけ軟らかハンバーグ

    料理作りを定期的に”楽”する方法佐藤です。今回は、「定期的に料理を楽して作る方法」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP