酒の肴!くじらのしょうが焼き(後編)

”焼き”のベストタイムは…

佐藤です。

今回は、「酒の肴になるクジラのしょうが焼き(後編)」を伝授します。

前回のレシピでは…

クジラの赤身を縦5cm×横3cm×厚み5mmの大きさになるように切って、おろし生姜たっぷりの”秘密の生姜ダレ”に一晩漬け込む。

ここまで説明しました。

で、今回は『焼く』

フライパンでササっと焼いて食べるだけです。

で、前回もいいましたが、注意して頂きたいのは焼く時間…

焼きすぎると、硬くなるから”焼き過ぎない”ことが大事。

噛んでも噛んでも口にモゴモゴと残って最悪の食感になるので短時間で焼くのが”コツ”です。

焼き時間は、片面15秒~20秒。

これ以上焼くと硬くなる可能性”大”です。

両面とも15秒~20秒焼いて、「ちょっと中心が生かな」と思える程度の熱の通し加減。

「中心が生?大丈夫?」と思うでしょうが、ご心配無用。

余熱によって、食べるまでに熱は中心まで通ります。

厚みはたったの”5mm”の切り身ですから、余熱で十分熱が通ります。

厳密に言えば、「クジラのしょうが焼き」は余熱を利用して熱を通す焼き方…

”フライパンの焼き”で中心まで熱を通そうとすると熱が加わりすぎて硬くなるのですね。

クジラを焼く時、あなたに厳守して頂きたいことは…

・テレビは消して下さい。

・「よっしゃー!焼くぜ!」と気合を入れて下さい。

・焼き始めたら、集中して下さい。

・話しかけれられても無視して下さい。

・呪文を唱えて下さい。

そして…

「焼き時間、片面15秒~20秒」

これを一番厳守すること。

これさえ気をつけていれば、あなたは最高の味、最高の軟らかい食感で、「クジラのしょうが焼き」が食べられます。

私、お店で今までに百数十回は焼いてきたので、片面15秒~20秒が軟らかく食べられるベストの時間だと実感しています。

少し大きく切ってしまった切り身は”20秒”。
適度に切れた身は”15秒”です。

レシピで確認して、
頭に完全に焼くステップがイメージできたら焼き始めてください!
↓↓

【材料】(1人前)
クジラの赤身ブロック…100g
刻みネギ…少々
生姜(塊)…5g
付け合せサラダ…適量
油…小さじ1杯
(オリーブ油や無色胡麻油などを使って下さい)

《秘密の生姜ダレ》
酒…50cc(大さじ3杯と小さじ1杯)
濃口しょう油…25cc(大さじ1杯と小さじ2杯)
みりん…15cc(大さじ1杯)
おろし生姜…10g

1、飾り用の刻み生姜を仕込みます。

生姜を薄くスライス(輪切り)して、重ねて極細に刻みます。

小ボウルに溜めた水でササっとすすぎ、ザルにあけ水気をきっておきます。
2、一晩”秘密の生姜ダレ”に漬けておいた「クジラ」をキッチンペーパーに取り出し、汁気を取ります。
3、すぐに盛り付けできるように、平皿に付け合せのサラダを奥側に盛っておきます。

(手前に焼いたクジラを盛ります)
4、焼いていきます。

フライパンを強火で熱し、油を敷きます。
5、1分強火で熱したら、中火にします。

クジラを重ねないように一枚づつ入れます。
6、中火のまま焼き始めてから15~20秒で裏返し、反体側も同じ時間で焼きます。

(始めに焼き始めた切り身から順に裏返していく)

「ちょっと焼きが甘いかなぁ・・・」と感じる程度でOK

(食べるまでの余熱で中まで熱が通ります)

”片面20秒”以上焼かない。
7、平皿に斜めに盛りつけます。
8、刻みネギと刻み生姜を上に盛り付けたら出来上がり!
9、お好みのドレッシングをかけて完成です。

とにかく「焼きすぎない」

「ちょっと中が生じゃない!?」
と思う程度で焼くのを止めて丁度いいくらいです。

「生は嫌だな、怖いな」
と感じると思いますが、

余熱によって食べるまでに熱は中心まで通りますので、
勇気をもって”片面15~20秒”を厳守して焼いてみて下さい。

酒の肴!くじらのしょうが焼き(前編)

”手羽先”を食べやすいサイズにスパッと切る秘術

関連記事

  1. 野菜たっぷり!塩焼きそば

    ガッツリ旨い!塩焼きそば佐藤です。今回は、先日お伝えした「手作り塩だれ」を使ってめ…

  2. 豚肉のジャンボたれ焼き

    こだわりの「照焼き事件」佐藤です。今回は、豚のこま切れ肉を使った簡単!酒のアテ!…

  3. 超時短!イカのバターしょう油炒め

    酔った気分になるイカの炒めもの佐藤 周生です。今回は、「クセになるイカ料理」を伝授…

  4. ズボラ焼き茄子

    手抜きなのに味良し、色も綺麗な”焼き茄子”佐藤 周生です。今回は、…

  5. タコと春菊のガーリック炒め

    『ビールが進む!ガーリックたこ炒め』佐藤 周生です。「簡単で病み付きになる酒の一品…

  6. 単品食材のお手軽料理!カボチャの焼き浸し

    焼いて浸けるだけの極旨!一品佐藤 周生です。今回の単品食材のお手軽料理(5)は、…

  7. 豚肉だしの揚げ出し豆腐

    【豚肉でコクと旨味が増し増し!】今回は、『肉の旨味が滲み込んだ”だし”をかける揚げ出し豆腐…

  8. エリンギとズッキーニのオイスター炒め

    炒めて絡めるだけの野菜おかず佐藤です。肉系、魚系の料理の多くは、ごはんのおかずにな…

コメント

    • mi
    • 2023年 7月 01日

    レシピにならい焼いてみましたら、とてもおいしく感激でした!
    漬け込みの一晩を待ちきれず調理してしまいましたがそれでも驚くほどのおいしさで… 素晴らしいレシピを公開されていることに感謝しております。ありがとうございます!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP