アスパラと若芽と豚肉の生春巻き 青じそドレッシング

酒のアテになる冷製一品なら、これ!

佐藤です。

今回は、
「夏らしいさっぱり食べやすい、冷たいお酒のアテ」を伝授します。

私が大阪から岡山に帰ってきて働いた居酒屋は、ちょっとおしゃれな感じで、若いお客さんが多いお店…

なので、「和の一品!」みたいな堅苦しい料理より、お洒落な見栄えのいい料理がうける。

そんなおしゃな料理の中に「生春巻き」もありました。

これはベトナムの料理で「ゴイ・クォン」といいます。

レタス、海老、香菜などをライスペーパーでくるっと巻いて、ソースに付けながら食べる料理ですね。

私がいた居酒屋では、食材は決まってなく、その日仕入れた刺身の魚や彩り綺麗で新鮮な野菜を使ってました。

なので、日替わり「生春巻き」と言ってもいいかもしれません。

で、綺麗に盛ったら、若い人が好きそうな既製品のなんちゃらドレッシングをかけるだけ…
(イタリアンなんとか!?…忘れました…)

凝ったソースは使わず、ドレッシングをかけてましたが、これが結構おいしいのです。

私、これ作りながら「これは若もんにうけるわ…」と独り言…

実際、注文数は多かったです。

夏場の冷たい一品は、さっぱりしますから揚げ物などコッテリ料理と組み合わせて食べるとバランスがよくなります。

で、生春”巻き”なので、巻く手間はありますが、意外とパパっと作れます。

食材揃えたら、くるくるっと巻くだけですからね。

なので、今回は、夏の酒の一品にぴったりの、

「アスパラと若芽と豚肉の生春巻き青じそドレッシング」

をおすすめ!

アスパラと豚肉を茹でて、わかめも加えてライスペーパーで巻くだけで作れます。

で、ドレッシングは手作り。

と言っても、玉ねぎと大葉を刻んで、油・酢など調味料合わせて混ぜるだけ。

冷製一品ですから、お酒のアテですが、副菜のサラダ感覚で食べて頂いてもいいかと思います。

そして、「生春巻き」は、様々な具材で楽しめるところが大きなメリットだと思います。

加熱したものはもちろん、魚や野菜など生物でもいける…

冷蔵の残り物を具材にしてしまう…という方法も有りですね。

それも念頭におきながら、レシピ見て下さい!
↓↓

【材料】(1人前)
アスパラ…中4本
生わかめ(茹で)…20g
豚ロース肉スライス…100g
ライスペーパー…2枚
乾燥パプリカ(あれば)…少々

【青じそドレッシング】
大葉…中5枚
玉ねぎ…1/4個
油…大さじ4杯(60cc)(オリーブ油など)
酢(穀物酢)…大さじ1杯(15cc)
みりん…大さじ1杯(15cc)
淡口醤油…大さじ1杯と1/2杯(22cc)
塩…1つまみ
胡椒(黒)…少々

1、玉ねぎ(1/4コ)は、みじん切りにします。
(みじん切りの詳しい方法はこちら↓

『”超高速!簡単!玉ねぎみじん切り!』
リンクameblo.jp

2、大葉(5枚)もみじん切りにします。(叩く)
3、ボウルに油(大4)、酢・みりん(各大1)、淡口醤油(大1と1/2)、塩(ひとつまみ)、胡椒(少々)を入れ、玉ねぎ・大葉も加えてよく混ぜておきます。
4、生わかめは、ライスペーパーの直径に合わせて切り揃えておきます。
5、アスパラ(4本)は、半分より下の皮を剥きます。(ピーラー)
6、根元分を少し切り落とし、半分に切ります。
7、湯(多め)を沸かし、塩(分量外)を少し入れ、沸騰したところにアスパラを入れ、軟らかくなるまで茹でます。
8、菜箸で挟んでみて、軟らかくなっていれば、氷水に入れ冷まします。

冷めたら水気をきっておきます。
9、(同じ湯で)続けて、豚肉(100g)を茹でます。

酒(大1)を加えて沸騰したところに豚肉を入れて茹でます。
10、全体に白くなったら(熱が通ったら)、氷水に落として冷まします。

冷めたら水気を切る。
11、巻く作業に入ります。ライスペーパーを水で濡らし(全体)ます。

(手早くやる、すぐやわらかくなるので)
12、まな板に湿らせた布巾などを敷いてライスペーパーをのせます。

(写真は、キッチンペーパーを敷いていますが、くっ付きやすいので、布巾やタオルの方が作業しやすいです)

ライスペーパーの表面の水気を軽く拭き取ります。
13、(ライスペーパーは、この時点で軟らかくなっている)

真ん中より手前にアスパラ、わかめを置き、その上に豚肉をのせます。

※アスパラは根元側をライスペーパーの右端に揃えて、先側をはみ出させます。
14、ライスペーパーがちぎれないように丁寧に巻きます。

(かなりくっ付く)

(軽く締めるように巻いて下さい。巻きがゆるいと具材が出てきます)

(指を少し湿らせておくと、やりやすい)
15、中央で半分に切ったのち、右半分は3等分に。左半分は2等分、アスパラの先側を長く切ります。
16、平皿に盛ります。

切り口を上向きにする場合と横向きの場合と交互に盛ると綺麗です。
17、青じそドレッシングを大さじ3杯くらい、全体にかけます。

最後に乾燥パプリカをふって完成です。

生春巻きは、様々な具材で代用できるので、アレンジしてみて下さい。

・千切りキャベツとサーモンの刺身…
・レタスと大根ケンと茹で海老…
・葛きりと鶏肉といんげん豆…

などなど色々できると思います。

青じそドレッシングがほぼどんな具材でも合いますので。

是非、作ってみて下さい。

胡麻香る!豆乳だしの冷しそうめん

リキュール香る!すももの蜜煮

関連記事

  1. 鶏もも肉の黒胡椒焼き トマトぽん酢ダレ

    【70代の父が絶賛した消化負担を軽減できるさっぱりの鶏肉一品】健幸料理家・健幸アドバイザー…

  2. 豚ロース肉とたっぷり野菜の酒蒸し 味噌ダレ

    「こんなに変わる!薬味の重要性」佐藤 周生です。今回は、「豚ロース肉と野菜を蒸すだ…

  3. 胡麻マヨネーズの彩色スティックサラダ

    練り胡麻を使う時に最も大事なこと今回は、「切るだけ簡単!胡麻マヨネーズで食べるサラダ」を伝…

  4. スパイス香る!焼き夏野菜の和風挽肉カレー

    佐藤 周生です。今回の料理は、これ!「挽肉で作る和風手作りカレー」です。…

  5. リキュール香る!すももの蜜煮

    多分、始めてだと思います...佐藤です。今回は、「すっきり甘酸っぱい、すもものデザ…

  6. 元気回復!豚しゃぶとゴーヤのサラダ

    「疲労回復には、こんなサラダがおすすめ!」佐藤です。今回は、「豚しゃぶとゴーヤの元…

  7. 若芽と挽肉の炒り豆腐

    定番料理に季節の野菜や食材を加えて旬の料理に変化させる方法!佐藤です。今回は、「季…

  8. 豚肉とじゃが芋の胡麻みそ鍋

    濃厚ゴマの風味がたまらん鍋!今回の肉鍋は・・・「豚肉と相性抜群の”胡麻みそ”の鍋出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP