鯛のきな粉竜田揚げ

【揚げ物】鯛の切り身をタレ漬けして、きな粉で揚げる「創作竜田揚げ!」大豆(きな粉)の香ばしさが鯛の美味しさを引き立てます!

【きな粉で香ばし!変わり揚げ】

健幸料理家・健幸アドバイザー 佐藤周生です。

今回は「揚げ物を衣でアレンジし、消化負担を軽減する方法」を伝授します。

和食では揚げ物のアレンジを「変わり揚げ」いったりするのですが、

例えば、鶏の竜田揚げなら塗す片栗粉に海苔を混ぜ、「”磯”竜田揚げ」にしたりできます。

それは、天ぷらにも応用して「”磯”天ぷら」にできますし、胡麻(白でも黒でも)を天ぷら衣に混ぜ込んで揚げる「胡麻風味天ぷら」といったこともできます。

あとは、「そうめん」を潰して衣にして『イガ栗揚げ』…

茶漬けに入ってる「ぶぶあられ」を塗して『あられ揚げ』…

ケシの実を塗して「ケシの実揚げ」…
(ちなみにこんな↓やつ)

”※家庭画報.comから引用”

それらの変わり揚げの食材は何でもOK。海老、白身魚、鶏、野菜…(つなぎは卵白など)

そういった「衣」をアレンジする変わり揚げ物の1つとして、今回伝授したいのが、

『鯛のきな粉竜田揚げ』

タレ漬けにした鯛(タイ)に「きな粉」を塗して揚げた「竜田揚げのアレンジ」。

きな粉は大豆を炒ったものですから、衣にすると香ばしく揚がって、食欲をそそられる風味をプラスできます。

また、きな粉は元々色が付いてますから、ちょっと濃い色に仕上がり、美味しさを演出できると。

で、

きな粉だけですと”カリッ”と揚がらないので、「片栗粉」を混ぜ込み、鶏のから揚げのようなカラッと感を出せるようにしてます。

1つ、色が付きやすい点がデメリット。

高温で揚げると焦げたような真っ黒に揚がってしまうので、

175℃くらいの低温で揚げることがポイントですね。

あとは特に難しくありません。

今回は「鯛」を使いましたが、サバでもアジでもブリでも鶏肉でも、揚げ物にできる食材なら何でもOKです。

『鯛のきな粉竜田揚げ』は、水菜と共に食べることで後味もさっぱりするように工夫してます。

また、水菜は、さっぱりさせるだけでなく、生のまま使用しますので、酵素を摂ることができ、魚や肉など、消化負担の大きいたんぱく質の消化を補助することに繋がります。

「トンカツにキャベツを添える」「さんまの塩焼きに大根おろしを添える」と同じですね。

酵素が摂れる食材をちょっと加えるだけで、消化負担を和らげることができますので、加熱料理には必ず生野菜や発酵食品を添えたり、別の一品として加えるなどして食べるようにしてみて下さい。

(※『なぜ消化負担をかけないほうが良いのか?』この理由については、以下をごらん下さい。)

そして、水菜のような生野菜を添えることで、『鯛のきな粉竜田揚げ』は「おかずサラダ」のような感じにもなって脂っこさが軽減され、食べやすくなります。

実際、今回の試作の時、鯛(竜田揚げ)だけで食べると口に油っぽさが残りましたね。

水菜のフレッシュ感が程よく、油っぽさを消してくれます。

今回、レモンも搾って食べるので、さらにさっぱり感を出すポイントになってます!

レシピ、見て下さい!
↓↓

材料分量備考
鯛の切り身(中骨なし)1切れ(120g)切身が小さい場合は2切れ
水菜1かぶ(30g)
レモン1切(1/8)
きな粉大さじ3杯無糖タイプ
片栗粉大さじ1杯米粉でもOK
150cc
【漬けダレ】分量備考
大さじ1杯(15cc)
濃口しょう油大さじ1/2杯(8cc)
淡口しょう油大さじ1/2杯(8cc)
1、【漬けダレ】を作ります。

小ボウルに酒(大1)、濃口しょう油と淡口しょう油(各大1/2杯)、おろし生姜(小1)を入れて、混ぜておきます。
2、鯛の切り身は5~6等分に切ります。(骨の部分は切り取る)
3、【漬けダレ】に15分漬けます。

7分経ったら裏返します。(全体に滲み込ませるため)
4、水菜(1カブ)は、根元を切り落とし、洗って水気をしっかりきり、

3cm幅で切ります。

※レモンは「くし切り(縦8等分)」にしておく。
5、ボウルにきな粉と片栗粉を入れ、混ぜておきます。

※片栗粉を加えることでカラッと揚がる。
6、鯛をタレから出し(表面のタレを拭き取っておく)、(5、)のきな粉をたっぷり塗します。

※多めに塗す。
7、小フライパン(または鍋)に油(150cc)を入れ、強火にかけます。
8、1分熱したら、(6、)を入れます。

中火で3分揚げます。(表裏トータル3分)
9、1分半経ったら裏返してさらに1分半揚げます。
10、揚げている間に平皿に水菜を平らに敷いておきます。
11、カラッとなったら取り出します。(バットにキッチンペーパーなど敷く)
12、重ねて盛ります。

※下4カン、上1カン。
10、くしぎりしたレモンを添えて、完成です。

レモンを搾り、水菜といっしょに食べると脂っこさが抑えられ、

後味さっぱりで美味しく食べて頂けます。

鯛の代わりの魚は、シャケ、タラ、サワラ、ブリ、アジ、サバ、サンマなどがおすすめです。

是非作ってみて下さい。

豪快!焼き白菜の香味肉たれ

グルテンフリー!ゆで大豆と玉子のお好み焼き風

関連記事

  1. さばのキノコ揚げ出し餡

    【揚げ出しは魚でも旨い!!】今回は、揚げ出し豆腐の豆腐を魚に変えた「揚げ出しサバ」を伝授し…

  2. カリッ!カリ、れんこんチップ

    「カリカリに揚げる方法」佐藤です。今回で、ひとまず野菜料理の伝授を終了します。…

  3. 揚げサンマとゴボウの南蛮酢かけ

    小骨まで食べられるさっぱり!秋刀魚料理サンマの季節ですね。やはり塩焼が旨いのですが…

  4. タイ切身の山椒照り焼き

    プロの料理人も知りたがる照り焼き「たれ」佐藤 周生です。全ての照り焼き料理に対応できる、…

  5. 桃色タルタルソースの白身魚フライ

    ピンク色のタルタルソース!?佐藤です。見出しを見て、「ピンク色のタルタルソース?」…

  6. 鯛のかぶらおろし鍋

    簡単なのに高級な味の一人鍋!佐藤です。「基本の鍋出汁」を、ちょっと応用するだけで、…

  7. 揚げ焼き!かつおカツ

    「フワッサクッ!の悪徳テクニック」佐藤です。今回は、「鮮度がイマイチだったカツオた…

  8. ぷりフワ食感!豆腐えびカツ

    「冷凍に負けない手作りえびカツ!」佐藤 周生です。料理人の「まかない」って常に手作…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP