揚げ焼き!かつおカツ

「フワッサクッ!の悪徳テクニック」

佐藤です。

今回は、「鮮度がイマイチだったカツオたたきを美味しく料理する方法」

を伝授します。

買ってきた”かつおのたたき”をよく見ると色が黒くて生で食べるにはちょっとなんとなく気持ちが悪い、「鮮度がイマイチだった・・・」ということがあるかもしれません。

「きれいに見えたのを選んだのに・・・」

あなたは何も悪くありません

赤身の魚は時間が経つと黒く変色しやすい特徴もあるのですが、実は魚屋はこざかしいテクニックを使ってあなたを騙すのです。

例えば、「カツオのたたき」

外側のよく見える部分には赤くてきれ~な切り身を。

内側の見えない部分には鮮度の悪いドス黒い切り身こっそりと盛り付けてあるのです。

みてくれは、きれいで美味しそうでも実は中の中身は鮮度が悪かったりします。

早く売り切ってしまいたい時に稀にこういった悪徳テクニックを使うのです。

そう、悪いのは魚屋。

あなたは、何も悪くない・・・

が、買ってきてしまったモノはしょうがない、「何とか食える料理にしたい・・・」

そんな時、おすすめしたい料理がこれ!

「かつおたたきのオリーブ揚げ焼き!かつおカツ」

鮮度の悪かったカツオのたたきの切り身にパン粉をつけ、オリーブオイルで揚げ焼きにした外はサクサク、中はふわっとした”カツオ”の「カツ」です。

気色悪いカツオのたたきが食欲そそるカツ料理に変貌します。

単純に、鮮度の落ちた食材は熱を通す料理にしてしまうのが最適。

特に、カツオなど色の悪くなった食材はその色が見えない料理にするのが一番。

最適な調理法はパン粉という衣でまとって揚げる。

「揚げる!」というと揚げ油準備して「なんかめんどくさいな」と思うかもしれませんが、この料理ではフライパンで揚げ焼きにします。

多めのオリーブ油で半分揚げて半分焼くような感じ。

なので、フライパンにほとんど油が残らず、キッチンペーパーでササっと吸い取ってしまえば、片付けは楽チン。

誰でも気楽にできる揚げ物です。

もちろん、他の刺身の魚でも同じように作れます。

ぶよぶよになったり、色がわるくなった鮮度の悪い、はまち、タイ、サーモン、マグロ、アジ。

すでに新物が出ていますが秋の魚「サンマ」でも鮮度が落ちていて「生で食えないかな」と思った時は”カツ”にできます。

あなたには、

「かつおたたきのオリーブ揚げ焼き!かつおカツ」を熱々揚げたてで美味しく食べて頂きたいので、

他の料理を先に作って準備してから、必ず最後に「かつおカツ」を揚げてください。(片付けも後で!)

揚げながら、盛り付ける皿を準備して、速攻で盛り付けできるよう準備万端にしておくことも大事です!

あなたの仕事も同じはずです。

料理も”段取り”です。

「次に何が必要か?その次は何?」

先を読んで準備しておけばストレス無くスムーズに楽しく作れますよ。

レシピみてください!
↓↓


【材料】
かつおたたき・・・5切れ(130g)
黒コショウ・・・少々
片栗粉・・・大さじ1/2杯
パン粉・・・30gくらいが目安(小麦粉や天ぷら粉で代用可)
卵(M)・・・1個
オリーブ油・・・30~45cc(大さじ3~4杯)
(できれば、バージンオイルじゃない方がいいです、バージンオイルは香りがきついので揚げ物に合わないです)

サラダベース・・・適量
とんかつソース、マヨネーズ、乾燥パセリ

1、かつおに黒コショウをふります。
 
(塩は、皮にたっぷり付いているのでふりません、基本、カツオのたたきを作る時は皮に塩をふってそれから皮を炙ります、

なので皮にけっこうな量の塩が付いています、皮だけ食べてみればすぐわかります)
2、卵をボウルに割り入れ、白身が見えなくなるまで、溶いて(混ぜて)おきます。
 
片栗粉、パン粉もそれぞれボウルに入れて準備します。
2、かつお1つ1つに片栗粉を付けます。

はたいて余分な粉はおとします。
3、かつおを溶き卵に入れ、タップリ満遍なく付けます。
4、卵を付けたかつおをパン粉の中に入れます。
 
手で押さえつけてパン粉をつけるのではなく、ボウルをゆすってかつおの表面にパン粉をまぶすようなイメージでつけます。
 
で、取り出す時に軽~く握ります。
5、フライパンにオリーブ油を入れ、強火で熱します。

(油が少ないのですぐ熱くなります)
 
40秒後、パン粉を1粒油に落とし、温度をみます。

すぐにパン粉が浮いて、泡が出てきたら適温です。
6、適温になったら、弱火(弱火よりちょっと中火)にして(4、)のかつおを油に入れ、揚げていきます。
 
片面1分揚げます。
  
(揚がった「かつおカツ」を入れるキッチンペーパーを敷いたバットなどを準備しておきます)
7、裏返して、反対面も1分揚げます。

(1分以内に「かつおカツ」を盛る皿(平らな)を準備します)
8、キツネ色に揚がったら取り出して、キッチンペーパーにのせ、油分をきります。
9、平らな器にサラダベースを奥側に盛り、手前に「かつおカツ」を並べて盛ります。
 
お好みでとんかつソースをかけたり、タルタルソースをかけたり、マヨネーズをかけたり、醤油をつけながら食っても美味しいです。

あなたは、この「かつおカツ」の美味しさに虜になってしまうでしょう。

カツオたたきがイマイチの鮮度だったら「かつおカツ」にして食って下さい!

シャキシャキとろろ芋の豚しゃぶ丼

驚愕!の塩フライドチキンとは?

関連記事

  1. 元気回復!豚しゃぶとゴーヤのサラダ

    「疲労回復には、こんなサラダがおすすめ!」佐藤です。今回は、「豚しゃぶとゴーヤの元…

  2. 熱々!生揚げ

    「生揚げ」で思い出すあの”事故”佐藤です。今回の料理は「揚げたての厚揚げ、…

  3. 胡麻マヨネーズの彩色スティックサラダ

    練り胡麻を使う時に最も大事なこと今回は、「切るだけ簡単!胡麻マヨネーズで食べるサラダ」を伝…

  4. 豚肉とたっぷり野菜のしゃぶしゃぶ風 さっぱりポン酢で!

    茹でるだけのお手軽一人しゃぶしゃぶ佐藤 周生です。今回は、「パパっと茹でてできる簡…

  5. 豚ヒレ肉の胡麻まみれカツ

    高レベル栄養の”衣”で『とんかつ』佐藤です。今回は、「こんな衣もあり!豚ヒ…

  6. 彩り生野菜のそうめんサラダ

    「生野菜を食べる理由はこっちが大事」佐藤 周生です。「生野菜の摂取を怠れば、体のエ…

  7. オクラとろろの旨だし冷奴

    ”見栄え”は、味付けと同じ!?佐藤です。今回は、「美味しいオクラとろろの作り方」を…

  8. 【時短煮魚】薄味でも旨い!鯵の潮煮

    煮汁を飲みながら食べる煮魚!?夏が旬で庶民的な「魚」といえば、「鯵(あじ)」もし鮮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP