夏野菜と豚冷しゃぶの胡麻ポン酢丼

【丼ぶり】コロコロサイズに切ったたっぷりの胡瓜・茄子・トマトと夏の定番冷しゃぶの豚肉を丼ぶりごはんにのせ、特製胡麻ポン酢をかけるだけ!温玉の黄身と胡麻ポン酢に加える胡麻油でさっぱり味の中にもコクが見え隠れする、食べ応えある丼ぶりが楽しめます!

【夏野菜で暑さ冷却!&体力低下防止!】

健幸料理家 佐藤周生です。

季節に合った「旬の食材を食べよう」と言います。

で、現在は夏。

気温が高くカラダが熱くなる…

なので、例えば夏野菜ですと水分量が多かったり、カリウムが多かったりすることで利尿作用となり「カラダを冷ます効果」に繋がります。

よって、暑さが続く夏、カラダが必要以上に熱くならないようにするため、夏野菜を食べることは理にかなっているわけですね。

そんな「夏野菜」はカラダを冷ます効果だけでなく、暑さで消耗する体力低下を阻止する手助けもやってくれる…

例えば、先にも言いましたが、トマトや胡瓜は水分量・カリウムが多いことで『発汗効果も高まり』、体温調節が正常に行われます。

また、夏と言えば「ゴーヤー」も旬野菜ですが、ゴーヤーにはビタミンCが多く、その抗酸化作用の効果で活性酸素の働きを抑え、免疫低下を阻止します。

活性酸素は過剰に増えると正常な細胞まで攻撃するなどの問題も起こしますから、ビタミンCは非常に重要な栄養素です。

さらに夏野菜も他の野菜と同様、ナトリウム・カルシウム・マグネシウムといったミネラル分が多く、血液の酸素運搬や免疫の向上など体力消耗の防止に欠かせない働きをしています…

要はやっぱり夏も「野菜をたくさん食べよう!」ということですね。

あとは体力維持にはたんぱく源も必要!

ということで、今回のおすすめは、

『夏野菜と豚冷しゃぶの胡麻ポン酢丼』

先に言っておくと「たんぱく源には肉!」とよく言われますが、肉は消化に物凄く負担をかけ、血液を汚すなどの大きなリスクを伴いますので、肉全般、食べる量も頻度も少なくして頂きたい。
(たまに食べるのは良いですが、食べ過ぎ・頻度が多い場合は血液を汚します)

で、おすすめの『夏野菜と豚冷しゃぶの胡麻ポン酢丼』は、

1.5cm角に切った、たっぷりの「胡瓜・茄子・トマト」と、

夏の定番!「冷しゃぶ」の豚肉を丼ぶりごはんにのせ、特製の【胡麻ポン酢タレ】をかけながら食べる簡単「丼ぶり」!

夏野菜は全て”生”のままであり、【胡麻ポン酢タレ】のお酢で全体的にさっぱり味!

ですが、

温玉の「黄身」と【胡麻ポン酢タレ】に入った「胡麻油」で程よく”コク”が見え隠れして、すごく食べやすい!

夏らしい「栄養抜群!丼ぶり」が楽しめます。

ここ数ヶ月、試作したら全部、自分で食べていたのですが、久々に父親に『夏野菜と豚冷しゃぶの胡麻ポン酢丼』を試食して貰いました。

「これ、食べやすいな」といつも少々な父親がごはんたっぷりの丼ぶりを完食してました。

夏野菜を手軽に食べる丼ぶりを試してみて下さい
↓↓

【材料】(1~2人前)分量備考
豚ロース肉スライス(しゃぶしゃぶ用)80g※生姜焼き用でも可
茄子(中)1/3本(50g)
胡瓜(中)1/2本(50g)
トマト(中)1/2コ(50g)
大葉1枚
温玉1コ温玉の「⇒作り方」
※市販の物でもOK
ごはん茶碗1杯と半分※食べられるだけの量
刻み海苔少量
大さじ1杯
2つまみ
【胡麻ポン酢タレ】  分量備考      
みりん大さじ1杯(15cc)
小さじ1杯(5cc)
濃口しょう油小さじ1杯と1/2杯(8cc)
胡麻油小さじ1杯
すり胡麻小さじ2杯

お勧めは「豚ロース肉」。
程よく油分も含み、身がやわらかい。

1、豚ロース肉を茹でます。
鍋に500ccの水(湯)と酒(大1杯)を入れ、強火にかけます。
※ボウルに氷水を準備しておく。

2、沸騰したら豚肉を”ばらして”入れ、中火に。
1分茹でます。(豚肉を入れてから1分。生姜焼き用など肉が厚い場合は2分)
※塊のまま入れると加熱が不均等になるため。

3、1分茹でたら氷水に落とし、冷まします。
冷めたらザルに空け、キッチンペーパーで水分を拭きとっておきます。
(豚しゃぶ、出来上がり)

4、茄子(1/3本)は縦2等分に切り、皮に鹿の子(模様)に切り込みます。

※画像のように切込みが入っていればOK。

5、1.5cm角に切ります。
※1/2を縦横4~5等分。

6、胡瓜(1/2本)も1.5cm角に切ります。
※1/2本を縦4等分、横4~5等分。

7、茄子と胡瓜をボウルに入れ、塩(2つまみ)を加えて混ぜます。
10分おきます。

8、トマト(1/2コ)も1.5cm角に切ります。

9、茄子・胡瓜がやわらかくなったら、潰れない程度の力で搾って水分を抜きます。

10、トマトを加えて混ぜておきます。(トマトは切るだけ)

11、【胡麻ポン酢タレ】を作ります。
ボウルにみりん(大1)、酢(小1)、濃口しょう油(小1と1/2)、胡麻油(小1)、すり胡麻(小1)を合わせ、よく混ぜたら出来上がり。

12、丼ぶりにごはんを入れ(平らに)、中央を空け、(10、)を平らに盛りますす。

13、豚しゃぶも円形に盛り、中央を空けた(窪み)ままにします。
中央に大葉(1枚)を敷き、温玉をのせます。
※温玉に切り込みを入れ、黄身を出して見せるようにすると黄色が冴え、全体の見た目が良くなります。

14、天に刻み海苔をのせ(温玉の際)、【胡麻ポン酢ダレ】を小鉢に入れて完成です!

【胡麻ポン酢ダレ】を適量かけ(多めの量になってます)、混ぜながら食べて下さい。

胡麻ポン酢に加える胡麻油…温玉の黄身で、さっぱり味の中にもコクが見え隠れする、

食べ応えある丼ぶりが楽しめます!

暑い今こそ、おすすめの丼!

是非、作ってみて下さい。

手羽先のラー油焼き 海苔タレ

茄子の薬味しょう油漬け

関連記事

  1. 健康食材4種のネバネバ丼

    なぜ「ネバネバ」=「血液サラサラ」?佐藤 周生です。今回は、「ネバネバ食材のネバネ…

  2. 大根シャキシャキ、ぶりのワイン漬け丼

    『究極のあっさり丼』佐藤 周生です。今回から「簡単!どんぶり料理」を伝授していきま…

  3. さばマヨのもっちりジャガ芋焼き

    あれ100円ショップにあるんです!今回の”ビールのアテ”になる一品は、さば缶とじゃが芋で簡…

  4. ズッキーニと大豆のステーキ トマトソース

    【油で焼くと老化防止!?】健幸料理家 佐藤周生です。今回は「栄養価の高いズッキーニ…

  5. 豚しゃぶとキャベツの胡麻ダレぶっかけ丼

    これがすぐ簡単に”料理を時短にする”方法です...佐藤です。今回は、「”茹でるだけ…

  6. ゴボウ香る!あっさり豚だし鍋

    「料理家、辞めます・・・」いつでも・簡単に・誰でも・美味しく作れる、「鍋だしの作り…

  7. オリーブ焼き茄子と豚ロース肉のトマトマリネ

    サラダ感覚で食べるフライパン料理だいぶ過ごしやすい季節になってきましたが、でも日中はやまだ…

  8. 軟らか鶏むね肉と胡瓜のピリ辛ダレ

    ピリ辛は、デトックス効果有り!?佐藤です。今回の料理はこれ、「軟らか鶏むね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP